イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 2歳

2歳のトイレトレーニングが進まない!一生懸命なのになぜ?納得のコツとは?


2歳の「トイレトレーニング」ってなかなか進まないと、
ママのペースが乱されて、ついイライラしちゃうことも!

だって多くのママさんは納得してトイレトレーニングを進めたいから、育児書を読んだり、人に相談したり、ネットで検索をしたりと
本当に一生懸命なんですもの。

なので、今回は2歳のトイレトレーニングをイライラせずに納得して
進める方法をお伝えしますよ。

< Sponsor Link>

トイレトレーニングが進まない理由

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

「トイレトレーニングが進まな~い!」と悩んでいるママは本当に育児に一生懸命です。

そのため「なんで、一生懸命やっているのにトイレトレーニングが進まないの~?」とちょっとイライラ。

でもちょっと聞いてくださいね。
トイレトレーニングが進まない納得の理由があるんですよ~。

  • 紙オムツが高性能なため不快感が感じられない
  • 不快感がないので、おしっこを溜めて出すのではなく、
    ちょこちょこと出すのが、癖になっている。
  • ウンチの場合、オムツに立ってすることが癖になっていると、トイレで座ってするのが難しい。
  • ママがちょっとムリをしている可能性も・・・。

昔は1歳くらいでオムツをはずした!は今では当てはまらない

2歳になってトイレトレーニングがうまく進んでいない時に限って、
「昔は1歳くらいでオムツをはずしたものよ!」とか

「2歳の夏がオムツ外しには最適だよ」などという
聞きたくもないのに周囲からの声が聞こえてきちゃうんですよね。(←雑音?)

すると、雑音を聞いた一生懸命なママ達はこう思うのです。

トイレトレーニングが上手くいかないのは自分のせいだと
「自分で自分を責める」なんてことを思ってしまうの~。

確かに昔はそんな時代だったのかもしれません。
けれど、それが今の子育てにそっくりそのまま当てはめるのは
難しいと私は思うんですよ~。

だって、先ほども書きましたが、
昔に比べてオムツの性能が良くなったり、
ライフスタイルも多種多様になったり、
子供一人一人の個性を大切にしながら子育てをしようという
高い意識を持っているママが多いのが今の子育てだからです。

だから、「〇歳になったから〇〇する」という子育て観に
縛られてしまうとママのペースは乱されてしまい、
自分の子育て観を大切にできないんですね。

これまで「当たり前」と言われてきたような基準に合わせなくても、
ちゃんと成功できますから。

でも、それにはちょっとした考え方や行動のコツが必要です。
そして、覚悟もいります。

ご家庭のライフスタイルやお子さんが持っている力は他と比較するようなことできません。

ママはトイレトレーニングの情報を聞きつつ、
自分の子育て観を大切にしていきましょう。

きっと、ママがイライラしなくても済むような
オリジナルのトイレトレーニングが見つかりますから。

叱らない・焦らない・褒めるが大事

f321cc7bd556cf056ce9844337ec06c8_s

ここで、トイレトレーニングを進めていくうえで、
役に立ちそうな情報をお伝えしていこうと思います。

けれど、ご紹介する情報をすべて取り入れて下さいね~ということではありませんので、くれぐれも無理はしないでくださいね。

「これなら、できるかも!」「これなら、やってみたい!」と思うものを選んだり「私ならこんな風にアレンジしちゃおうかな?」と変えて頂いてもいいかと思います。
ママとお子さんのペースを大事に選んでみて下さいね。

3つのコツ

トイレトレーニングを進める時に大事にしたい
3つのコツがあります。

それは、「叱らない」「焦らない」「褒める」です。

トイレトレーニングを進めていくと、子供が初めての事や慣れないことから「コワイ」と言い出す事が多いです。ママも初めの内は子供の言うことを聞いてあげることができると思うのですが、そんなことが毎回続くと、さすがに、「いいかげんにしなさい!」と叱ってしまいそうですよね。

でも、「トイレがコワイ」と言っているだけで、子供自体は何も悪いことをしていないんですね~。
この場合を言い換えるとまだ、オムツ外しの時期ではないとも言えます。

焦らず、時期が来るのを待ってもいいかもしれませんね。

子供の中には親が叱ればトイレトレーニングが出来てしまう子供もいますよ。結果だけ見れば羨ましいかもしれませんが、
この場合のトイレトレーニングが上手くいった動機は
「恐怖」や「悲しみ」と言ったものになります。

けれど、叱ることで子供を動かす「叱る子育て」が基本になると、
たとえその時は上手くいったとしても
子供が成長していく段階のどこかで叱る子育てのスタイルを見直さなければならないような出来事が必ず起こります。
(私がそうなんですよ~)

初めは1時間おいぐらいにトイレに誘ってあげて下さい。
そして、5分以上はトイレに座らせずに、出なかったらあきらめ、
出たら大げさなくらい褒めましょう。

このパターンを繰り返すだけのシンプルさが良くないですか?

おさらい

「2歳のトイレトレーニングが進まない!一生懸命なのになぜ?納得のコツとは?」というテーマでお伝えしました。

トイレトレーニングがうまく進まない理由は?

  • 紙オムツが高性能なため不快感が感じられない
  • 不快感がないので、おしっこを溜めて出すのではなく、
    ちょこちょこと出すのが、癖になっている。
  • ウンチの場合、オムツに立ってすることが癖になっていると、トイレで座ってするのが難しい。
  • ママがちょっとムリをしている可能性も・・・。

トイレトレーニングがうまくいく3つのコツは?

「叱らない」「焦らない」「褒める」です。

ママの子育て観とペースを大切にイライラしない子育てを
進めていきましょう!

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 2歳