イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子どものパフォーマンスを上げるママになる方法 子供 2歳

2歳で絵本を見ないと悩んでいるママが変える読み聞かせポイントとは?

2016/09/03


2歳ぐらいになると「絵本見ない!」ってハッキリ主張する子供が出てきます。

「子供の健やかな成長のために、できれば絵本好きの子供になって欲しいなぁ・・・」と思うママさんはいませんか?

きっと多いと思うんですよね。

2歳の子供って勝手にページをドンドンめくったり、お話自体聞いてくれなかったりしますし。

そんなママの悩みを解消するポイントをまとめました。

< Sponsor Link>

ページをペラペラ勝手にめくったら?

2歳くらいの子供は指先の使い方も上手になり、
今まで自分でめくることの出来なかった絵本のページを
ペラペラとめくれるようになります。

子供の成長としてはとっても喜ばしいことですよね。

でも、ママにとっては勝手に絵本のページをめくられることは
読み聞かせしずらいし、主導権を握られた感じがして面白くありませんよね。

でも、2歳の子供にとっては目の前の絵本の内容よりも
ページをペラペラめくるのが単純に面白かったりします。

じゃぁ、どうすればいいの?

ec85de55f29e12bd2f028a5c2e502e71_s

そんな時には是非、子供がペラペラとめくったページを読んであげて下さい。

絵本の話の内容はバラバラなってしまい、納得がいかないママの気持ちも
理解できますが、
それでも、子供のめくったページに書いてある内容を読んであげてみて下さい。

1~2回では読み聞かせに対する変化が見られないかもしれませんが、
子供がペラペラとめくったページを繰り返しママが読んであげると
子供は少しずつ絵本の内容に興味・関心を持つことがあります。

つまり、ママが子供に絵本を読み聞かせる機会を「与える」というよりも
子供の行為を「受け入れてみる」のです。

ママが「与える」という中には「絵本の内容を聞いてほしい」というママの願望のようなものが含まれていて、それを掘り下げていくと

「自分は受け入れられていないのではないか・・・」

「自分は否定されているのではないか・・・」という気持ちにたどり着くことが
多くあります。

そして、母親という鎧を着ると、そんな気持ちを表に出すことができずに
「怒り」として表われちゃうんですよね。

それが、子供に「絵本=ママが怒る」と伝わり、そんな時間を早く終わらせる
ために「おしまい!」と言って絵本を閉じちゃう。

でも、子供が絵本をペラペラとめくったり、話の内容を聞いてくれないのは
ママのせいじゃありませんよ。ましてや、子供のせいでもありません。

そんな、ママと子供の気持ちを受け入れる準備ができたら
ぜひ、次のようなポイントを変えてみて下さいね。👇

2歳で絵本を見ない場合はどうすればいい?対処法はコレ!

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>