イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

ダイエット 便秘 家族の健康 運動

アサイーを運動の前後で摂る!なでしこジャパンの川澄選手も愛用中


284025a28dcfd22d72237ed85e482293_s

スーパーフードの代名詞「アサイー」は、なでしこジャパンの川澄奈穂美選手やスーパーモデルのミランダ・カー、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーなんかも長年虜だとか。

運動の前後でアサイーをプラスすると脂肪を燃焼してくれたり、疲労回復を早めてくれるというので、理想のBODY作りができるかもしれません!

< Sponsor Link>

アサイーとは?

ココナッツオイルと同じヤシ科の植物で、見た目はちょっと大きなブルーベリー。味もブルーベリーの様な甘酸っぱさを想像してしまいますが、なんと!ココアに似た味なんだとか!ちょっと、ココア味のブルーベリーが想像できませんが・・・

私達が普段口にするアサイーボールに入っているアサイーはトッピングされているフルーツなどの味と混ざっているので、本来のアサイーの味と勘違いしてしまうらしいです。(カフェの店員さん談)

原産は日本の裏側、ブラジル・アマゾンです。

アサイーの栄養成分

d493568cec56db2a708afa2be16f5632_s

アサイーに含まれている栄養とその効果をまとめました。

<ポリフェノール>
ブルーベリーの18倍。強い抗酸化作用を持っていますので老化防止効果が期待できます。また、内臓に溜まった脂肪を排出しやすくしてくれます。

ポリフェノールの1種であるアントシアニンには眼精疲労を和らげる効果があります
炎天下などで運動する場合は体が疲労するようにも疲労します。目の疲れが溜まってくると、競技スポーツなどをする上で支障がでることもあるので、しっかり摂っておきたい栄養素ですね。

<アミノ酸>
米酢の38倍。アミノ酸組成が鶏卵と似ている。体力向上、脂肪燃焼促進、脳機能調整(興奮とリラックスのコントロール)、免疫力向上。

運動をする時に活躍してくれるのがこのアミノ酸です。今では運動をする人にはアミノ酸は常識となっています。なぜなら、アミノ酸には筋肉強化・スタミナの維持・持久力アップ・素早い脳や体の疲労回復、集中力ややる気のアップなどの効果があるからです!

<食物繊維>
ゴボウの3倍。ダイエット効果、便秘解消、血糖値上昇を抑制。食物繊維はダイエット目的の運動にはありがたい栄養素ですね。

<鉄分>
プルーンの19倍。アサイーの鉄分は吸収されにくい非ヘム鉄。でも、貧血などに全く効果がないわけではないと思います。(もともとの鉄分含有量が多いため)。コレステロール値の減少も期待できます。

鉄分はビタミンCやクエン酸と一緒に摂ることで吸収力がアップします。逆に緑茶や紅茶などに含まれているタンニンや大豆や牛乳などに含まれているタンパク質と一緒に摂ると吸収力が低下します。もし、食事などで摂る際は時間をずらして摂取した方が良いと思います。

また、運動をする人には鉄欠乏症貧血が多いそうです。これは、激しい運動時に大量の汗と共に鉄分も排出されるため。鉄分が不足すると疲れやすかったり、動悸、息切れ、食欲不振、集中力の低下などを招きますので、運動の後には鉄分を補給することを忘れずに!

<カルシウム>
牛乳の22倍。骨粗しょう症予防、高血圧予防、動脈硬化予防、イライラ解消。

運動をすると体内で活性酸素が大量に発生します。すると、体は血中のカルシウムを使って中和しようとするのです。ですから、激しい運動の後にはカルシウムを補わないと、体内のカルシウムはドンドン減ってしまいます。そして、筋肉は運動で鍛えられて増えているので、カルシウム不足の骨では支えきれなくなり、骨折しやすくなってしまうのです。

<ビタミンE>
カボチャの2倍。生殖機能を正常に働かせるために大切な栄養素です。ビタミンEが不足すると不妊症の原因になるといわれています。

また、運動時に体内で活性酸素が発生しますので抗酸化作用を持つビタミンEは大量に失われてしまいます。ですから、激しい運動の後にはビタミンEを補いましょう。

まだまだ、他にも亜鉛・葉酸・ビタミンB群・マグネシウム・オレイン酸など栄養素がたくさんです。やはり、アサイーの栄養素はスゴイですね!だから、一流アスリートはアサイーを意識して取り入れているんですね!

運動前後のアサイー摂取で最高のパフォーマンス

6b67276b611df12224b6b1a500ee5b36_s

アサイーの栄養素を見ると、運動の前後で摂取しておきたいものばかりですね。

運動の前に摂取する場合は運動時には胃で消化されていることが大事になります。運動時に食べたものが消化しきれていないと、筋肉に血液が集まっているために胃では消化不良を引き起こし、脇腹などが痛くなることがあります。

また、運動前に空腹だと低血糖症になる可能性があり大変危険です。アサイーは適度な糖分も含んでいるので運動前にドリンクに混ぜて飲むと予防になります。

運動後は体内からたくさんの栄養素が消費されますので、きちんと補いましょう。運動後のアサイー摂取は疲労の回復を早めてくれるので、翌朝の疲労度合いが違ってきます。

まとめ

アサイーを運動の前後で摂る!はいかかでいたか?

自分でも調べてみてアサイーの栄養素のスゴさに驚いてしまいました。アサイーは美容と健康のイメージが強かったのですが、運動の時にも大活躍なんですね!

美容と健康と運動は三位一体だと改めて思いました。運動とバランスの取れた食事プラスアサイーで美容と健康とスポーツの新記録まで手に入ってしまうかも。これで、周りの人から一歩リードしちゃいましょう^^

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-ダイエット, 便秘, 家族の健康, 運動