イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦 子供 家族のお金 産後 英語

バイリンガル教育の臨界期!東京オリンピックの波に乗り遅れない英語力

2016/05/24


bc59c4465eb608601e0da661a546b87b_s

バイリンガル教育の臨界期は9~11歳ごろとよく言われます。

臨界期とはある時期を過ぎると言語の学習能力があまり上達しない時期のことを示します。

2020年には東京オリンピックが開催されるため日本に居ても英語はますます重要になってきます。バイリンガル教育の臨界期を知ることで未来から逆算して考えてみませんか?

< Sponsor Link>

イマージョンプログラム

7e57a22c873657eb3d12d2450165aac1_s

英語の早期教育の需要性が日本では加速し、2011年には小学校での英語学習が必修になりました。幼い頃に第二言語を学習することで優れた効果が現れるのでしょうか?

💡ここで注目してもらいたいのが、「イマージョンプログラム」というカナダのバイリンガル教育です。

カナダのケベック州では英語とフランス語が公用語のため小学校からイマージョンプログラムが行われています。イマージョンプログラムは「学校にいる間は第二言語で話す」というものです☝

全科目の授業が第二言語で行われます。

幼いときからこれだけ他言語教育が行われているならケベック州には多くのバイリンガルがいると思いますが、結果は異なります😲

というのも、リスニング力は高いが、文法は不得意など言語の運用能力に偏りが出ているからです。つまり、早期から第二言語に触れさせても英語能力は必ず身につくとは限らないのです。

臨界期

幼い頃、人間は言語を自然に身につける能力を持ってます。そのため子供たちは周囲の人の会話や問いかけから容易に言語の発音や文法を学び得ます。

⚠ただし、この能力は年齢が上がるにつれて低下していきます。

この言語が容易に習得出来なくなる境目を臨界期と呼びます。臨界期は12歳頃までのため、この時期を過ぎると特に第二言語の発音を聞き分ける能力が極端に低下します。

多くの日本人が英語が話せない原因はここにあります。臨界期の過ぎた中学生になってから英語を学習し始めても遅いのです。

では、なぜカナダのケベック州の子供は幼いころから第二言語を頻繁に使っているのに言語に偏りが現れるのでしょうか❓

それは言語発達の能力は個人差が激しいからです。

 

子供の言語習得過程

4e1f2ab54d01006cd0462fdaf46c313f_s

子供の言語習得能力は優れているというのは誰もが知っています。

10ヶ月の赤ちゃんは既に言語の意味を理解し始め、1歳には1単語を発することが出来ます。4歳までには母国語はペラペラな状態になり、基本的な文法は完成します。

5歳には発音がはっきりし、6歳以降になると1対1だった会話も1対複数で行うことが出来ます。

ではここで、どのように子供は言語を習得するのか大まかに見てみましょう。

0~8 この年齢は言語の習得能力が非常に高く、どの国の言語でも母国語に出来ます。
10~12 母国語が決定される時期であり、この時期に最も使用される言語が母国語になります。
12歳以降 母国語が既に確定されているのでこの年齢以降は第二言語の習得が難しくなります。

 

12歳以下は言語の習得能力が非常に高いです。ただし、注意しなければならないのが10~12歳の時期です。

例えば、海外で生まれ、幼少期に英語を母国語として話していた日本人の子供が8歳で日本に帰国し、10歳からずっと日本語しか話さなかった場合、英語は忘れてしまします。

つまり幼少期に学んだ言語を10~12歳を過ぎるまで頻繁に使う必要があるのです。使わないでいるとせっかく得た言語をきれいに忘れてしまいます。

❤【関連記事】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわレッスン

まとめ

日本で東京オリンピックが2020年に開催されます。そして今、日本は東京オリンピックに向けて大きく変わり始めています。

外国人の観光客も年々増え続け、日本では英語の話せる人が益々、重要になってきます。今の子供たちが大人になった時にはどんなスキルが必要なのかと考えると、必ず「英語」はランクインするでしょう。

小さな子供は優れた言語学習能力を持っています。

しかし、幼児期に得た言語能力は10~12歳の間に使用しなければ、忘れてしまします。幼少期に第二言語を学習させたら12歳を過ぎるまで頻繁にその言語を利用するようにしましょう。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊婦, 子供, 家族のお金, 産後, 英語