イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦 子供 家族のお金 産後 英語

バイリンガル教育の利点☆発音は一度身に付けたら一生ものってスゴイ

2016/05/24


715e4fd42814bd4b461d94527b9fd4bc_s

グローバル化に伴い世界で通用する英語を第二言語として子供に習得させたいという親は大勢います。

なぜなら、子供たちが大人になった時に「英語スキルの差」「人生の差」を生んでしまうかもしれないと、親は我が子が心配だからです。もちろん賛否両論はありますが、子供の幸せのためにバイリンガル教育の利点と注意点を詳しくまとめてみました。

< Sponsor Link>

バイリンガル教育について

13f4f0b3311c5808835d2e45e2e5099c_s

かつて赤ちゃんに母国語以外の言語を学ばせると他言語と母国語が混乱し、母国語自体がおかしくなると教育論がありました。

近年では英語を早い段階から子供に教育させたいと思っている人が大勢います。一方で英語習得に時間を費やすと日本語の運用能力が下がるという反対論をお持ちの方もいると思います。

バイリンガル教育にも当然、賛否両論ありますのでメリット注意点を見ていきましょう。

バイリンガル教育の利点

💡バイリンガル教育には以下のような利点があります。

  1. 発音
  2. 他言語の習得能力の向上
  3. 思考の柔軟性
  4. 言葉の理解力

 

発音

早期英語教育の第一メリットは発音です。

☝例えば、グローバル化に伴い、幼い頃は海外に住んでいたという帰国子女は少なくありません。現地にいる間は他言語をよく話せていたが、日本へ帰国後はその言語を使用しないため忘れてしまうという話はよく聞きます。

しかし、忘れてしまうのは英語に関する知識だけであり、一度見につけた発音は消えません😊

生後数週間の赤ちゃんはすべての言語の発音を区別できます。

そして、成長に伴い、身の回りにない発音や聴覚の能力は失っていきます。だからこそ、年齢が低いほど言語の発音の習得には有利なのです。

人間は正確な発音が出来れば、その音も当然聞き取れます。

☝例えば、英語には日本語にはない発音がたくさんあります。英語に関して言えば、大人になってからRとLの発音の違いを習得するのは大変困難です😲だからこそ、早期英語教育で得られる発音は最大のメリットなのです。

他言語の習得能力の向上

💡幼い頃から日本語以外の発音を耳にしていると、他言語の発音も習得がしやすいです

例えば、幼い頃からアルファベットを使っていれば、同じ文字を使用するヨーロッパの言語も習得しやすいのです。そのため2言語を使いこなすバイリンガルではなく、複数の言語を使えるマルチリンガルの子供に育つ可能性もあります😊

思考の柔軟性

💡バイリンガルの子供は一言語しか話さない子供と比較して思考の柔軟性言葉の理解力が優れていると言われます。

言語と文化は密接な関係で結ばれているためバイリンガルの子供は言語を通じてその言語を利用する国の文化や思考も理解しているのです。幼いうちに他言語に触れる機会がいっぱいあると他文化に興味を持ち、知識の幅が広がります。

注意点

9dfcd0062a18176b8779c71d4d7e6385_s

バイリンガル教育には様々な利点がありますが、注意すべき点もあります。

  1. 幼少期に複数の言語を学んだため複数の言語混ざってしまい、母国語が中途半端なレベルになってしまう可能性があります。
  2. 複数の言語を学ぶのが好きな子供もいる反面、そうでない子供もいます。後者の子供の場合、人とコミュニケーションを取ること自体イヤになってしまうかもしれません。
  3. 子供をバイリンガルにするためには親に財力、体力、時間が必要です。バイリンガル教育を始める前に上述の三点が自分にあるか一度考えてみましょう。

❤【関連記事】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわレッスン

まとめ

早期からのバイリンガル教育によって正確な発音の習得、他言語の習得能力の向上、思考の柔軟性など様々なメリットを得られます。

しかし、バイリンガル教育には財力、体力、時間の三点が親に必要なことを忘れないで下さい。

幼児期は覚えることが早いですが、忘れることも早いため子供に他言語の習得に対して興味を持ち続けさせることが大切です。積極的に他言語に触れさせる機会を作ることがバイリンガル教育には必須です😊

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊婦, 子供, 家族のお金, 産後, 英語