イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

免疫を高める 妊娠初期 妊婦 家族の健康 高齢出産

膀胱炎!妊娠中に薬が飲めないと悪化の可能性も!抗生物質で治す方法と再発させない予防法

2016/07/29


 

女性は肛門と尿道の位置が近く、男性に比べると膀胱炎になりやすいです。しかも妊婦さんは特に膀胱炎になりやすいんです。

膀胱炎を治すためには抗生物質が処方されますが、妊娠中だと赤ちゃんへの影響が気になり、薬が飲めないと思いますよね?

そこで、妊娠中に膀胱炎になった場合に薬を飲んでも大丈夫なのか?まとめました。

< Sponsor Link>

妊娠中の膀胱炎でも薬は飲んでもOK!

 

妊娠中に膀胱炎になった場合に服用しても大丈夫な抗生物質があります。

セフェム系と呼ばれる膀胱炎の治療に使われる薬です。

  • フロモックス
  • メイアクト

フロモックスとメイアクトには抗菌作用があり、妊婦さんの使用に対しても高い安全性が認められていて、お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もほとんどないと言われています。

抗生物質を服用した場合、3日~1週間程度で膀胱炎の症状が改善されます。

ですから、妊娠中に膀胱炎の症状がみられたら、できるだけ早くかかりつけの産婦人科で診てもらいましょう。

膀胱炎の症状はトイレが近くなったり、残尿感が不快だったり下腹部痛があったりと、日常生活にも支障があります。そのような不快な症状を解消するためにも、処方された薬は医師の指示通りの用法・用量を守り、きちんと飲み切ることが大切です。

また、抗生物質の他にも漢方が処方されたり、炎症がひどい時には炎症を抑える塗り薬が処方されることもあります。

薬を飲まないとどうなる?

病院で処方してもらった薬を飲まないと、さらに膀胱炎の症状が悪化してしまう可能性があります。膀胱炎は悪化すると「腎盂腎炎」や「早産(妊娠37週未満での出産)」になることもあります。

そうなると、さらに強い抗生物質を飲むことになったり、入院になることもあります。

膀胱炎で処方される抗生物質は妊婦さんでも飲める「弱いタイプ」のものです。膀胱炎が悪化して強いタイプの抗生物質を飲まないためには、早めの対応が必要になります。

膀胱炎の予防法

膀胱炎は一度なると、再発を繰り返しやすい特徴があります。

膀胱炎を繰り返す理由には

  • 膀胱炎を起こしやすい生活習慣
  • 繰り返しの服用のため、体内に抗生物質による抗体ができ、薬の効果が出にくい

膀胱炎を再発させないためにも予防法は大切です。

  • カイロ・腹巻などでお腹を温めておく
  • 飲み物は常温か温かいもので、1日2リットル以上を目安に飲む
  • 膀胱内に細菌を溜めないためにもトイレは我慢せず、頻繁に行く
  • 細菌が好む糖分の摂取を控える
  • 100%クランベリージュースや天然素材のクランベリーサプリを飲む
  • 尿漏れシートや下着は長時間使わず、こまめに変える

妊娠中の膀胱炎にクランベリーがイイのはなぜ?

c7268a883662bf939004688bca97dad1_s

膀胱炎の妊婦さんに病院でも「膀胱炎や尿道感染症の予防にクランベリーがいい!」と進めているようです。

その理由はクランベリーはビタミンCが豊富で、多くのファイトケミカルを含んでいるためだからです。

しかし、クランベリーの過剰摂取は下痢や胃腸障害や腎臓結石になる可能性もあるので、一日の摂取量は守ることが大切です。また、ジュースなら100%、サプリなら合成物ではなく天然素材のものを選ぶようにすると赤ちゃんのためにも安心です。

クランベリーの適切な摂取量

  • 果汁100%クランベリージュース→250~500cc/日
  • クランベリーサプリ→300~400mg/1日2回

膀胱炎の原因とは?

1つは、妊娠中のホルモンバランスや自律神経の乱れによって抵抗力が低下しているためです。

そのため、おりものや性行為によってデリケートゾーンは細菌が繁殖しやすい状態です。抵抗力が低下しているので、細菌が尿道に侵入しやすくなります。

もう1つは、妊娠中は子宮がドンドン大きくなり、膀胱を圧迫していきます。そのためトイレに行きたくなる事が増え、時には我慢してしまうこともあります。そのような事が続くと、膀胱の中で細菌が溜まっている時間が長くなり細菌が繁殖してしまいます。

膀胱内に溜まった細菌は体の外に出さなければいけないので、水分を十分摂ってトイレに行く回数を増やしたり、抗生物質を服用して細菌を退治しましょう。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

「膀胱炎!妊娠中に薬が飲めないと悪化の可能性も!抗生物質で治す方法と再発させない予防法」というテーマでお伝えしました。

妊婦さんにも使用できる弱いタイプの抗生剤の場合3日~1週間ほどで膀胱炎が良くなります。放置して悪化させてしまうと、腎盂腎炎や早産になる可能性もあるので、早めの治療を心がけましょう。

また、早めの治療をすれば強いタイプの抗生物質を使うことや入院などもしなくて済みますよ。

< Sponsor Link>