イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

グアム旅行記 中学生 子供 家族のおでかけ 家族のお金

グアムの旅行記!ヒルトンに宿泊して100%ビーチとプールを満喫する方法

2016/09/02


夏休み!家族7人、グアムの旅行記です。

宿泊したのは「ヒルトングアムリゾート&スパ」です。
7人で4泊5日のグアム旅行。13歳~67歳までの3世代旅行だったので、
「みんなが楽しめる旅にしよう」をテーマにした結果選んだヒルトン。

グアム旅行記第一弾はヒルトンで私達が経験したビーチとプールについて
まとめました。

< Sponsor Link>

お金をかけずに遊べるビーチとプール

IMG_0301

今回のグアム旅行は食事やお土産以外はほとんどお金を使っていません。
ヒルトンはプライベートビーチとプールがあるので、利用しないとモッタイナイ!滞在中は朝食を食べてからお昼過ぎまでずっと、水に入りっ放しでした。

青い海はズット入っていても飽きません^^ココロもカラダも癒され
パワーチャージ!

魚の群れを発見

IMG_0329

ビーチは遠浅で砂浜がなく、岩場が多いのですが、浮き輪を使ってでも自力でも泳げる人には最高の海です。なぜなら、海は透明度が高いので岩場の近くでは泳いでいる魚の群れを見ることができるから。

他にも「ナマコ」「ウニ」「ウツボ」「ヒトデ」なども発見。
こんな自然体験ができるのがグアムの良いところです。

また遠浅なので、浮き輪を使わなくても小学1年生くらいの背丈があれば歩いて魚たちの群れの近くまで行けますよ。

その時にはウォーターシューズをお忘れなく。岩を踏むと痛いですから・・・

逆に砂浜でチャプチャプしたり、砂遊びをしたい乳幼児には
不向きかもしれません。

私達が泳いでいる傍でも2歳くらいの子供が浮き輪に乗せられて
「こわい~。おウチ帰る~~」と泣き叫んでいましたから💦

親は「せっかくグアムに連れてきたのだから!」という思いが強すぎると
子供にとってはプレッシャーになります。他にも何組かこのような親子を見かけましたが、特に日本人に多いのです。すぐに、泳ぎの特訓になったりと、親が先生かコーチになってしまうパターン。それで、すぐにできないと激しく怒られる!

これじゃ、子供は怒られに来ているようなもので、全然楽しくありませんよ。

逆に小さな子供でも顔に水がかかろうが何しようが、どんどん楽しんでいる子供もいます。そうゆう場合の親は力んでいなくて、大抵、親も子供と同じように楽しんでいます。見ていて、こちらも楽しくなりますね。

海が苦手ならプール

小さな子供にとってはどこまでも続く海が「コワイ💦」と感じることもあります。

その場合にはビーチの階段を少し昇るとプールがあります。

0歳の赤ちゃんでもおすわりして遊べるくらいの「キッズプール」があったり、
緩やかなウォータースライダーがあったりと、充実しています。

トイレもプールサイドにあって、きれいで便利です。

お腹がすいたりのどが乾いたら、カフェ&バーも併設されているので

IMG_0303
着替えずに水着のままで気軽に利用できます。
(ジュニアバーガー7ドルです。中学生でも食べきれないボリュームでした)

タオルはプールサイドで借りられます

IMG_0298

水遊び用のタオルを日本から持っていくのはちょっと大変です。
しかも持って帰ってくるのはもっと大変!

でも、ご安心を!
ビーチとプールで使う用のタオルはプールサイドで借りられます。

チェックインの時にルームキーカードと一緒にタオル交換カード(EXCHANGE CARD)を渡させるので、そのカードを持ってプール中央にあるタオル交換所で
カードと引き換えにタオルが借りられます。

使い終わったら、タオルを交換所に持っていき、EXCHANGE CARDと交換します。

滞在中はタオル交換カードがあれば何度でもタオルを借りることができます。

ただし、カードを紛失してしまったらタオル代25ドルを請求されてしまいますのでご注意を!!!!

まとめ

「グアムの旅行記!ヒルトンに宿泊して100%ビーチとプールを満喫する方法」という
テーマでお伝えしました。

ウチの場合は3世代旅行だったので、親子で海に入っている時には
じいじとばあばはプールサイドにあるサマーベット(無料)で
ゆっくり寝ていたり、暑くなったら、部屋に戻ったりと、
自分達のペースで過ごすことができたようです。

でも、67歳のじいじもグアムの海に入りたくなったようで、
早速「マイクロネシアモール」で水着を購入してきて、
滞在中ずっと海に入っていました。
(海に入るのは50年ぶりぐらいだそう・・・)

初めは「テロがコワイ」とか「北海道で温泉に入りたい」と言ってグアム行きを渋っていたじいじもグアムの海に入って大満足な様子。

姉が「大きい温泉みたいだね^^」ってじいじに言ったら「おぅ!そうだな^^」だって。

3世代グアム旅行記はまだまだ続きます^^

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>