イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

ハロウィン 子供 家族のおでかけ 家族のお金 家族の行事

ハロウィンの飾りはいつまで飾っておく?本場アメリカではこうするよ!

2016/09/03


 

ハロウィンの飾りはいつまで飾っておいてもOKなのか、
ちょっとだけ気になりませんか?

クリスマスツリーや雛飾りには皆が知っている片付けの期限のようなものが
ありますが、ハロウィンにもそのような決まりってあるんでしょうか?

そこで、私は厚木米軍基地のハロウィンパーティーに参加した時に
聞いてみましたよ🎃

< Sponsor Link>

ハロウィンの飾りはいつまで飾っておく?

 

日本でもアメリカでもハロウィンは毎年10月31日に行われます。

アメリカでは玄関や庭先に飾るハロウィンかぼちゃを9月頃から購入し始めます。
ハロウィンかぼちゃは農家さんの所に行って、自分好みのハロウィンかぼちゃを
探すそうで、このくらいの時期に購入しないと気に入ったものが手に入らないんだとか・・・💦

そして、10月に入り、ハロウィンに向けて家の中や庭を飾り付けていく感じです。

10月31日のハロウィンが終わると、次の日には片付けてしまうそうです。
そんなところは日本のお盆と似ている気がします。

アメリカと日本のハロウィンってだいぶ違う!

日本でハロウィンというと、「仮装パーティー」とか「仮装パレード」とか
「みんなでワイワイするお祭り」の様な感じですが、
これは日本独自に変化したハロウィンです。

厚木米軍基地で体験したアメリカのハロウィンは派手な電飾などなく、
明かりといえば、家の中から薄暗い照明の明かりや
玄関先や庭に置いてあるランタンの明かりだけで、
夜は本当に暗くて、懐中電灯を片手に持ちながら、家々を訪ねていました。

本来のハロウィンは日本のお盆のように、死者の霊が家族を訪れてくるというものなので、派手な演出などはせず、厳かな雰囲気だったのが印象的でした。

ハロウィンの飾りつけアイテム

 

ハロウィン前になると厚木米軍基地内にあるスーパーマーケットには
ハロウィン関連のグッズがたくさん並ぶそうです。

基地内のお宅の飾りつけはというと、庭には「クモの巣」がリアルに飾られているのを良く見ました。

そして、ハロウィンかぼちゃの中身をくり抜いて作るランプの
「ジャック・オー・ランタン」
は各家庭で、くり抜き方が違っていて、
見ていてとてもステキでしたし、ホワーンとした明かりがとてもきれいでした。

ちなみに「ジャック・オー・ランタン」は悪霊や魔女から身を守る「魔除け」の役割があります。

ジャック・オー・ランタンの準備はいつから?

ハロウィンかぼちゃは9月頃に購入してから、すぐには中身はくり抜きません。

手作りのジャック・オー・ランタンの準備はハロウィンの2日前~前日くらいと、
ちょっと遅めなんです。

その理由は
「早く、中身をくり抜いてしまうと、ハロウィン当日を迎える前に腐ってしまうから」
だそうです。

【関連記事】ジャックオーランタンを防腐!ハロウィンまでラクして長持ち!

【他の飾りつけアイテムは・・・?】

  • コウモリ
  • ねこ
  • オバケ
  • スパイダー
  • ほうき
  • 看板
  • ガイコツ

まとめ

「ハロウィンの飾りはいつまで飾っておく?本場アメリカではこうするよ!」という
テーマでお伝えしました。

日本のハロウィンは独自の進化をしていて、本場アメリカのハロウィンとはちょっと
違いました。

ハロウィンの準備はアメリカでは1か月前くらいからするそうです。日本でも準備の方は10月に入ってからする方が多いと思いますが、お店でのハロウィングッズ販売は年々早くなっているように感じます。

私は8月下旬から少しずつお店に並び始めているのを見ました。

ハロウィンは今では1年で1番盛り上がるイベントになっています。
1ヶ月ほどゆっくり準備をして、楽しく当日を過ごして、次の日にはパッと片付ける
やり方が日本でもアメリカでも一般的なようです。

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>