イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

不妊 中学受験 妊婦 子供 家族の健康

鼻づまりが苦しい時の対処法は?口呼吸がクセになる前に対策を!

2016/06/23


c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_s

鼻づまりになると苦しいですよね。放っておいたら口で呼吸する癖がついてしまうこともあり、喉や気管を痛める原因にもなってしまいます。

また呼吸の質が下がると生活にも支障をきたすこともあるんです。
そこで鼻づまりの原因とその対処法についてまとめてみました。

< Sponsor Link>

苦しい鼻づまりの原因

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

鼻炎による鼻づまり

鼻炎はアレルギーなどにより、鼻の中の粘膜が腫れてしまい、くしゃみと鼻水が出やすくなる病気です。
この粘膜の腫れによって鼻の通りが悪くなってしまいます。

ですから、鼻水は鼻づまりに関係なく、腫れを治すことが必要になります。

副鼻腔炎による鼻づまり

風邪をひくと免疫力が弱くなり、鼻の粘膜も細菌に感染しやすくなります。
副鼻腔炎になると鼻水の色が黄色や緑っぽくなり、粘りが出るため分かりやすいです。
この粘性の高い鼻水が原因となって鼻づまりを引き起こします。

鼻の構造による鼻づまり

これにはいくつかの種類があります。
鼻中隔湾曲症と呼ばれる、鼻の左右を隔ている壁が曲がっていることによる空気の流れの悪さが原因になっているもの。

鼻腔内にポリープができ、これが空気の流れを妨げているもの。

鼻の奥が腫れている場合は子どもの鼻づまりとしては最も多いものになります。
原因は様々ですが、もちろんその対処法はありますので安心して下さいね。
鼻づまりで寝苦しい時などにぜひ以下の方法を試してみてください。

鼻づまりの対処法

4e686ce1d42c65b42534b4080bd89a54_s

鼻を温める

手軽にできるのが嬉しい方法です。
濡れタオルをラップで包み、電子レンジで温めたものを作ります。
これを鼻を包み込むようにして使えば、鼻づまりが簡単に解消します。

玉ねぎを利用する

玉ねぎには硫化アリルと呼ばれる成分が入っています。この成分には炎症を抑える働きがあるので、炎症で粘膜が腫れている場合にはとても有効です。

薄くスライスした玉ねぎの匂いを嗅ぐだけなので簡単ですね。

ペットボトルを脇に挟む

これも簡単な方法ですね。
使うのは500mlのペットボトルです。
これを鼻が詰まっている方とは逆の脇に挟むだけです。
体の側面を圧迫することで、交感神経が刺激され鼻づまりが解消されるそうです。

ツボマッサージ

小鼻の脇にある「迎香」と呼ばれるツボがあります。
このツボを押すことで、なんと鼻づまりが解消してしまうんです。
強く押しすぎると痛くなるので、暇なときに優しく押してあげてください。

布団に傾斜を作る

大きめのタオルケットかバスタオルを折りたたみ、布団の枕元の下に敷きます。

頭の部分だけが盛り上がってしまうと、逆効果になってしまうので注意してください。
上半身から頭部に向けてゆるやかな傾斜を作るのがポイントです。
詰まっている側の鼻が上を向くように横向きで寝ると鼻づまりが楽になります。

呼吸法を変える

まずは深く息を吸い込みます。

その後ゆっくりと息を吐き、息が吐けなくなるまで続けます。それから鼻をつまみ、頭を上下に動かします。

だいたい2秒くらいのスピードを保ったまま、空を見上げ、地面を見ることを息がもつ限り繰り返します。
この呼吸法を繰り返すことで、鼻づまりを解消することができます。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

鼻づまりになると寝ることも一苦労になってしまいます。また、口呼吸が癖になってしまい呼吸器にダメージを受けてしまう場合もあるので注意が必要です。

上記の方法を組み合わせてたりと工夫しなが試してみてください。きっと自分に合った方法が見つかるはずです。

最近では市販の薬や鼻づまり解消アイテムも充実してきています。

特にメンソールが配合されたものは効果的なので、寝るときに使ってみるのもいいでしょう。鼻づまりは初期の頃にこれらの対処法を試すのが効果的です。
早め早めの対策で健康的な生活を送れるようにしたいですね。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-不妊, 中学受験, 妊婦, 子供, 家族の健康