イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 授乳 産後

はちみつは母乳に移行する?乳児ボツリヌス症は便秘がキツイ!


fd10e6a0ffc3e4b4dac9f645a52e0391_s

はちみつにはボツリヌス菌が存在するため1歳未満の乳児は摂取を控えるべきだと言われています。

では、授乳中に母体がはちみつを食べるのは良いのでしょうか?母乳を介して赤ちゃんにボツリヌス菌が移行するのでしょうか?今回は授乳・乳児・はちみつの関係と乳児ボツリヌス症についてご紹介します。

< Sponsor Link>

授乳・乳児・はちみつの関係

cba9a4d811b26e5ff01106bcc8a6aaa3_s

上述のように1歳未満の乳児は腸の発達が未熟なためはちみつを摂取すべきではありません

授乳を介してボツリヌス菌が乳児に移行するかもしれないので母体もはちみつの摂取を避けるべき?と思うかもしれませんが、母体がはちみつを食べてもボツリヌス菌は乳児に移行しません。

ボツリヌス菌が成人の体内に入っても消化管で不活性化されるため授乳を介してボツリヌス菌が乳児に移行することはありません。

1歳未満の乳児が直接はちみつを口にした場合にボツリヌス菌に感染する可能性があるのです母体ははちみつの摂取を控えるのではなく、むしろ栄養面の観点からすると授乳中の女性ははちみつを積極的に摂取するべきだと言われています。

ただし、食べ過ぎると太るのではちみつの過剰摂取は控えましょう。

 

日本では1987年に厚生労働省が「1歳未満の新生児に蜂蜜を与えないように」と通達を出しています。下記の引用1が厚生労働省が出している通達の一部抜粋です。ボツリヌス菌と乳児の関係についての国としての取り扱いについての詳細をご希望の方は下記の引用1をご参照下さい。

 


1.保健関係者及び医療関係者に対し,本症に関する知識の普及に努めること。
2.乳児の保育に当たる保護者,乳児を対象とする児童福祉施設等に対し,1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないように指導すること。この場合,本症が乳児特有 の疾病であり,1歳以上の者に蜂蜜を与えても本症の発生は無いことを十分認識させることとし,いたずらに混乱を招くことのないよう保健関係者及び医療関係 者を通じ,適切な指導を行うこと。
3.医療関係から乳児ボツリヌス症が疑われる患者の血清,便等のボツリヌス菌及び毒素の検査依頼があった場合は,できる限り協力を行うこと。
厚生省保健医療局感染症対策室長
生活衛生局食品保健課長
生活衛生局乳肉衛生課長
児童家庭局母子衛生課長
引用1:http://idsc.nih.go.jp/iasr/CD-ROM/records/08/09302.htm

乳児ボツリヌス症

74d92df756a781630656b352073eb51b_s

症状

乳児ボツリヌス症の初期症状として下記があります。

  • 視力の低下
  • 立ちくらみ
  • つまずき
  • 転ぶ

重症となると下記の症状が現れ、最悪の場合は呼吸筋を麻痺させて死に至ることもある恐ろしい病です。出生後順調に発育していたのに便秘状態が数日間続いた場合は特に注意しましょう。

  • 便秘
  • 全身脱力
  • 弛緩性の麻痺
  • 泣き声が小さくなる
  • 顔面の無表情
  • 呼吸麻痺
  • 眼瞼下垂
  • 瞳孔散大
  • 対光反射の緩慢

乳児ボツリヌス症の治療

呼吸筋麻痺が起こる可能性があるため呼吸管理を迅速かつ適切に行う必要があります。異変に気づいた際は早期に医療機関を受診しましょう。乳児ボツリヌス症を発症すると体内で増殖したボツリヌス菌が体内で毒素を作り出します。そのため抗菌薬投与して除菌を行います。

乳児ボツリヌス症の予防

乳児ボツリヌス症を予防するためには1歳未満の乳児は下記の食品の摂取を控えることです。

  • はちみつ
  • コーンシロップ
  • 非加熱の野菜ジュース

また乳児ボツリヌス症を発症すると頑固な便秘を患うため長期間にわたり毒素や菌が排泄物より検出されます。そのため患者の看護をする人が二次感染を起こさないように注意をする必要があります。

まとめ

1歳未満の乳児ははちみつの摂取を避けましょう。しかし、授乳を介してボツリヌス菌は乳児に移行しないため母体がはちみちを摂取するのは問題はありません。

尚、はちみつだけではなく、コーンシロップや非加熱の野菜ジュースからも乳児ボツリヌス症を発症する恐れがあるため注意しましょう。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 授乳, 産後