イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

夜泣き 子どものパフォーマンスを上げるママになる方法 子供

早起きすぎる子供の原因とは?もしかしたら慢性的な過労状態かも?

2017/03/21


子供の生活リズムを整えるためには早寝早起きが大切ですよね。けれど、子供を早く寝かせたくても、気が付けば23時!なんてこともあります。遅く寝た分、朝は少しくらい遅くてもいいかな?ってついつい思っちゃいますよね。けれど、意外にも子供は早起きだったりしませんか?少しくらいの早起きなら気になりませんが、早起きすぎるの慢性的な過労状態からかもしれませんよ。

< Sponsor Link>

早起きの原因は2つ

早起きの子どものパターンは2つ。

  1. 十分な睡眠がとれ、機嫌よく起き出す子供。
  2. 疲労がとれないままの状態で起きださずにはいられない子供。

十分な睡眠がとれ、機嫌よく子供が起きてくれるならば健康的だし問題はありません。
唯一困ることと言ったら、子供の睡眠時間とママの睡眠時間がかみ合わないことでしょうか。

気を付けたいのが、疲労が取れないままの状態で起きださずにはいられない子供の場合です。

慢性的な過労状態の子ども。解決法はある?

疲労がとれないままの状態で起きる子供の寝起きは機嫌が悪かったり、足元がフラフラしていたリ、かんしゃくを起こしたりするかもりれません。

また、起きてから1~2時間もしないうちに布団に戻って寝ようとしたりするかもしれません。

このような子供の場合、慢性的な過労状態であることが考えられます。

解決法としては十分な睡眠時間を確保するために寝る時間をいつもより1~2時間くらい早めに繰り上げることが一番です。

けれど、子供の寝る時間を早めるのはものすごく大変なことなので現実的には難しいとも言えます。

そんな時に試して欲しいのが、

「部屋を暗くしておく」ことです。

朝の光が差し込むと段々と目が覚めていきます。特に目が覚めた時にまだ疲れがとれていない状態の子供には、窓に遮光度の高いカーテンをかけるだけで、少し遅くまで眠るという効き目がある様です。

また、子供が普段起きそうな時間に「添い寝をしてあげる方法」もあります。
子供が目を覚ました時に隣にママがいるのに気づいた子供はもう一度眠りにつくかもしれません。

この方法で2~3日続けて1時間遅く眠れるようになると、子供は新しい睡眠スケジュールに慣れると言います。

疲れがとれてご機嫌な子供

疲れがとれないままでいると、機嫌が悪くなるのは大人も子供も同じです。
大人は疲れているな~と思ったら自分で休んだり、寝たりして自分の意志で疲れを積極的にとることができます。

けれど、子供は自分が疲れていると感じたり、疲れているから今日はゆっくり寝ようとか自分の意志で行動することは難しいですよね。

だから、大人がそのあたりを調整してあげなければなりませんね。

睡眠が十分とれて疲れがとれた子供は大人がビックリするくらい機嫌が良くなりますよ。

 

< Sponsor Link>