イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

ダイエット 免疫を高める 美容 花粉症

ヘンプシードオイルとヘンプオイル(亜麻仁油)の違い!名前が似すぎ!


ヘンプシードオイルは美容や健康に効果が期待されるオイルとして、人気が急上昇していますね。その人気の秘密は何と言っても、オメガ3とオメガ6をバランス良く含んでいるからでしょう。

一方、ヘンプオイル(亜麻仁油)も人気のオイルの一つです。

名前が似すぎるヘンプシードオイルとヘンプオイル(亜麻仁油)ですが、効果などに違いがあるのか気になりませんか?

そこで今回は、ヘンプシードオイルとヘンプオイル(亜麻仁油)の違いについてまとめてみました。

< Sponsor Link>

ヘンプシードオイルとは

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

麻の実から作られた油がヘンプシードオイルと呼ばれるものになります。
最大の特徴はオメガ3オメガ6の両方をその成分に含んでいるということです。

このオメガ3とオメガ6の両方を含んでいるオイルは他にはあるのか調べたところ…

ナント!ヘンプシードオイルだけなんです!!

オメガ3とオメガ6はどちらも私たちの健康にとても大切な働きをしてくれるものとして良く耳にするようになりました。

厚生労働省はオイルを摂取する際、このオメガ3とオメガ6の摂取量の比率が1:4の割合になるようにすることを推奨しています。ヘンプシードオイルはこのオメガ3とオメガ6の比率に近いため、まさに理想的なオイルと言えます。

ヘンプオイル(亜麻仁油)とは?

一方、ヘンプオイル(亜麻仁油)は亜麻の種から採れる油のことです。そもそもヘンプシードオイルとは原料が違います。

日本人にとってヘンプオイルは亜麻仁油(アマニ油)の方が馴染みがあるかもしれませんね。ヘンプオイルはヘンプシードオイルと名前が似ていて購入する際に間違えそうになりますが、原料の他にその成分にも違いがあります。

ヘンプオイル(亜麻仁油)はオメガ3を多く含んでいますが、オメガ6はほとんど含まれていません。

現代人は「オメガ3が不足しがちでオメガ6を摂り過ぎ」と言われているので、オメガ3を補う点ではヘンプオイル(亜麻仁油)を摂取することは理想的と言えそうです。

しかし、厚生労働省が推奨するオメガ3とオメガ6の成分バランスの面から見ると、ヘンプオイル(亜麻仁油)よりヘンプシードオイルの方がベストバランスと言える点が大きな違いでしょう。

ヘンプシードオイルの効能

オメガ3とオメガ6が理想的な割合で含まれているヘンプシードオイルを摂取することで、一体どんな効果が期待できるのでしょうか?さっそく、次から説明していきます。

アレルギーの改善が期待できちゃう?

ヘンプシードオイルを摂取することによって期待できる効果の1つ目は?

「アレルギーの改善」です。

私たちが日常よく口にしていると思われるサラダ油にはオメガ6が多く含まれています。しかし、オメガ6が多く含まれている油は私達の血液をドロドロにしたり、私達の免疫力を落としてしまうというデメリットに繋がっている言われています。それが花粉症やアトピー等のアレルギー症状を助長する要因の一つであることが挙げられています。

そこで、オメガ3を多く含むヘンプシードオイルを摂ることで、私達の免疫力は強化され、細菌やウイルスへの抵抗力がつき、アレルギーの症状を改善へと導いてくれる効果が期待できるというワケなのです。

また、ヘンプシードオイルに含まれるγリノレン酸は特にアトピーの改善に効果が期待できると注目されています。

しかし、アトピー改善のためにヘンプシードオイルを肌に塗ったり、ヘンプシードオイル入りの石鹸を使用するときには必ずパッチテストをしましょう。人によっては肌に合わずに症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 

脳が活性化?最近気分もいい感じかも!!

ヘンプシードオイルを摂取することによって期待できる効果の2つ目は?

「脳への効果」です。

ヘンプシードオイルに含まれているオメガ3は体内でEPAとDHAに変化します。

このEPAとDHAのスゴイ所は体内に取り込まれると脳に直接栄養として取り込まれていくと言う点です。

その結果、栄養たっぷりの脳は活動が活性化され、記憶力アップの効果が望め、その効果から認知症やうつ病の改善も期待できるのではないかと注目されているほどです。

EPAやDHAは青魚から摂取しなければならないので、毎日摂取することは難しいですが、ヘンプシードオイルであれば毎日の料理に少し足せばいいだけなので、その手軽さも魅力の一つですよね。

美容と健康の要!血液がサラサラになる?

ヘンプシードオイルを摂取することによって期待できる効果の3つ目は?

「血液がサラサラ(=血液の流れが良くなる)」になることです。

なぜ?血液がサラサラになるのかというと・・・ヘンプシードオイルに含まれているαリノレン酸の効果によって、血液の粘度が下がり血液の流れが良くなるというのです。
血液がサラサラになることで血栓の防止や高血圧の改善に役立ち、その結果、動脈硬化や脳梗塞の予防が期待できるんです。

話題のオイルダイエットができる?

ヘンプシードオイルを摂取することによって期待できる効果の4つ目は?

「ダイエット効果」です。

油と聞くと「太る」というイメージがあり、ダイエットをする際には徹底的に油は控えるべき!と思われていますが、ナント!ヘンプシードオイルに含まれているαリノレン酸は脂肪を燃焼してくれる働きがあるんです。

さらに、嬉しいことにコレステロール値も下げてくれる効果が期待できるとのこと。

今どき女子のダイエットはただ単に「痩せればいい」とか「体重を減らせばいい」という健康とは程遠いダイエットは支持されていないようです。目指したいのは「健康になるためのダイエット」です。

だから上質なオイルも賢く摂りたいですね。

ここで気を付けたいのが、過剰摂取にならないようにすることです。ヘンプシードオイルは大人の場合は大さじ1杯程度で1日の摂取量はクリアされます。ヘンプシードオイルは体に良いオイルだと言っても他のオイル同様にカロリーは高めです。

ヘンプシードオイルの副作用

ここまで健康にいいことがわかれば、さっそく試してみたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが副作用です。

ヘンプシードオイルには副作用らしい副作用はありません。
ただし、摂取量が多すぎるとお腹を壊してしまうということがあります。
これは油全般にいえることなので、ヘンプシードオイルに限ったことではありません。

唯一、気をつけるべきことは加熱するとその効果が薄れてしまうことでしょう。
なので、ヘンプシードオイルは完成した料理の上からかけることが理想的です。

まとめ

ヘンプシードオイルとヘンプオイルは名前が似ていますが、原料の違いや成分に違いがあることが分かりました。

ヘンプシードオイルの原料は麻の実でヘンプオイルの原料は亜麻の種です。

厚生労働省が推奨するオメガ3とオメガ6の黄金バランスは1:4です。この割合により近いのはヘンプシードオイルでした。ヘンプオイルにはオメガ3は豊富に含まれていますが、オメガ6は含まれていません。

ヘンプシードオイルは過剰摂取に気を付ければ副作用もないので、ぜひ積極的に摂取したいですね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-ダイエット, 免疫を高める, 美容, 花粉症