イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

家族のお金 転居

引っ越しでネットの契約はどうする?失敗せずに引っ越した日から使う方法


6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

引っ越しが決まったら今お使いのネットの契約はどうしますか?

考えるのが面倒でついつい後回しにしがちですが、インターネットを使う生活に慣れている人は引っ越し先でネットがすぐに使えない生活は不便で、ストレスが溜まります。

仕事で使う人にはなおさらです。

そうならないためにも引っ越しが決まったら早めにネットの契約も確認しましょう。

< Sponsor Link>

新規契約か継続か?

引っ越しが決まってネットの契約について考えた時に「新規で申し込みをするのか?」または「今まで使っていたものをそのまま継続して使うのか?」迷いますよね。

引っ越しはお金がかかるので、ネットの契約の仕方でさらに余計なお金が出ていくのはモッタイナイ気がします。

モッタイナイことにならないためにも、今お使いのネット契約を解約して他のものと新規契約をするのか、今使っているものを継続して使うのか?どっちが得なのか良く比較検討してみることが大切です。

新規契約について

今お使いのプロバイダがある場合は解約の連絡をしましょう。

また、解約前には忘れずに確認したいことがあります。それは引っ越し先で使いたいインターネット回線やプロバイダが契約可能なのかということです。その確認ができてから今お使いのプロバイダの解約手続きを進めると失敗がありません。

新規契約の注意点

  • 引っ越し先のマンション等ではあらかじめ契約できる回線が決まっていることがある
  • 今お使いのプロバイダが契約期間内であったために解約のための違約金が発生する場合がある
  • 今お使いのメールアドレスを残したい場合に、新規契約するプロバイダには使用可能なプランがあるか?

「今なら○万円キャッシュバック!!」など魅力的な文字が躍る新規契約ですが、それだけで新規契約をしてしまうのは失敗をしてしまう可能性も・・・。考えたいのは今お使いのプロバイダの解約に伴って発生する費用とキャッシュバックの金額の差や新規契約と継続の場合の月額使用料の差です。それらをしっかり比較して新規契約の方が得であれば契約を見直すメリットが大きいと言えます。

継続について

今お使いのものを引っ越し先でも継続して使いたい場合にはプロバイダに電話で連絡をしましょう。

その電話の時に必要なのもは

  • 引っ越し先の住所
  • 現在使用している電話番号と契約者名義
  • またはお客様IDと契約者名義
  • 工事希望日

引っ越し先の住所は引っ越し先でも継続して使えるか調べてもらうために必要です。

引っ越し先でも継続して使用が可能であれば今お使いのインターネット回線の停止手続きと引っ越し先での回線開通の日程を調整します。

継続の注意点

継続の場合にはサービス内容や費用などの契約内容が当初と比べて異なっている場合もあります。失敗しないためにも他社のプロバイダの契約内容と比較して今お使いのプロバイダを継続するメリットがあるのか検討してから決めることをおススメします。

契約の流れについて

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s

新規または継続の申し込みができたら、開通作業を行います。この開通作業には立ち合いが必要になります。引っ越しシーズンの12月や3月、休日などは予約が集中し混雑していますので、予約が取りづらい状況に!場合によっては1か月以上待たなければならないこともあります。

引っ越し先のインターネット環境が整っている場合には、調整した日程に作業員が引っ越し先に来てくれて開通作業をしてくれます。1時間くらいの簡単な作業でインターネットが使えるようになります。

一方、引っ越し先でインターネット環境が整備されていない場合は工事が必要になります。工事が必要か否かは申し込みの際に引っ越し先の住所を伝えることで確認できます。

これらの申し込みは引っ越し予定日の1か月前に済ませておくと安心です。引っ越してから長期間、インターネットが使えないという事態にならないように、早め早めにプロバイダに相談しましょう。

また、最近のマンションやアパートでは「インターネット対応」「フレッツ光設備あり」「フレッツ光導入済み」の建物がありますが、これらは回線工事が済んでいるという意味です。インターネット回線とプロバイダの契約は自分でする必要があります。

そして、「インターネット完備」という建物はインターネット回線とプロバイダの契約者は家主であり、入居者は契約や開通の立ち合い等せずに済みます。引っ越した日から部屋のLANポートにケーブルを差すだけでインターネットが使えます。月額使用料は家賃に含まれています。しかし、中には回線業者とプロバイダを自由に選べず不満を持つ人もいるようです。

戸建てに引っ越す場合には回線工事が必要な場合がほとんどです。回線業者とプロバイダも自由に選ぶことができますから、より比較検討することが大切になります。

まとめ

引っ越してからインターネットが使えなかったり、回線工事や開通作業の日程調整がうまくいかず長期間に渡ってインターネットが使えない生活はとても不便でストレスが溜まります。

引っ越し先で良いスタートをきるためにも事前の準備が大切ですね。

引っ越しの予定日が決まったらプロバイダに連絡をしましょう。この場合は細かなやり取りをするためにも電話がおススメです。新規契約をするのか継続して使用するのか費用やサービスなどを比較して、よりメリットが大きいほうを選べば失敗しません。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-家族のお金, 転居