イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族のおでかけ 家族の健康 産後

人見知りの赤ちゃん!いつから他の人でも泣かなくなる?


e7d477b4246fa547e72c2976eb47553d_s

産まれてからしばらくの間は誰に対してもニコニコしていた赤ちゃん。そんな赤ちゃんを見て周りの大人達は癒されてきました。

しかし、成長するにしたがって赤ちゃんは人見知りをするようになっていくんです。この間まではニコニコしていたのに顔を見るだけで大泣きされると、結構ショックです。

人見知りの赤ちゃんはいつから他の人でも泣かなくなるのでしょうか?

< Sponsor Link>

赤ちゃんの人見知りはいつから?

92738a0bc803279f9f1f0173b65fc5a3_s

一般的には生後6‐7ヶ月から人見知りが始まるとされています。
ただし、赤ちゃんの成長は個人差が大きいため、中には生後3‐4ヶ月で人見知りをする赤ちゃんもいたり、1歳を過ぎてから人見知りが始まる子供もいます。

また、人見知りがいつまで続くかも子どもによって様々です。

一般的には2‐3歳までに人見知りが終わることが多いといわれています。
しかし、1歳で人見知りしなくなる子どももいれば、3歳を過ぎても人見知りする子どももいます。

長く続く場合は、小学生になっても人見知りが続くこともあるんです。

人見知りの原因

実を言うと人見知りは赤ちゃんが大きく成長している時なんですよ。

もともと赤ちゃんは視野が狭く、周りの人がよく見えていません。しかし、赤ちゃんは成長するにつれて人を認識する能力が上がっていきます。そのため、知らない人が近くにいると急に泣き出すんですね。

人見知りは家族と他人の区別がしっかりとつき始めた証拠でもあるんです。

また、最近では他者を判別するという理由以外にも人見知りの原因がわかっています。

それは、他人に近づきたいという気持ちとその反面、他人が怖いという気持ちの葛藤が人見知りを起こすというものです。

そのため、怖がりな子どもだけでなく、他人に近づきたいという人懐っこい子どもも人見知りになりやすいといわれています。

他にも、知らない人に連れて行かれないようにする自己防衛反応や家族と引き離されるのではないかという分離不安といった側面も人見知りにはあります。このように、人見知りは多くの原因が関係しています。

しかし、これらの原因はすべて赤ちゃんの成長に必要不可欠な要素だったんです。

人見知りの対策

544b1331ebd63da8ea1bafd2f1874dca_s

赤ちゃんは人見知りが始まると家族以外の人と接するのを嫌がり、泣き出してしまうこともあります。こうなるとパパやママは赤ちゃんをおじいちゃん・おばあちゃんに預けることもできず、ちょっと大変です。

できれば他の人にも慣れて欲しいところですが、すぐに人見知りを治す方法はありません。

ですから、時間をかけてゆっくりと慣れさせていきましょう。

もし、他の人が赤ちゃんを抱っこして、泣き出したときは慌てずに赤ちゃんに話しかけることが効果的だとされています。

お母さんが一緒に驚いたり、過度に反応したりすると赤ちゃんの人見知りはさらに強くなってしまう傾向があるようです。赤ちゃんが泣き出しても、微笑みながら落ち着くのを見守ってあげましょう。

また、赤ちゃんは相手の目線に反応します。

人見知りの赤ちゃんは、初めて会った人の目を長時間見たり、相手の目線や顔の向きを気にするという傾向があります。

面白いことに、人見知りの強い赤ちゃんは知らない人が見ているときは視線をはずし、相手が見ていないときにどのような人か観察しているんです。そのため、赤ちゃんが相手がどのような人物か判別するまで、時間をかけて観察させるのも有効なんです。

赤ちゃんの好きなおもちゃなどを使って、少しずつ家族以外の人と距離を縮められるようにしてあげるといいですね。

まとめ

人見知りは赤ちゃんにとって必要な成長なんです。ですから、人見知りが始まっても『来た来た!』とドント構えて焦らずに赤ちゃんに接してあげましょう。

また、人見知りは赤ちゃんの性格によって、その程度も変わってきます。どんなに激しい人見知りでも一過性のものだということを覚えておくと気持ちもラクです。

人見知りの時期は赤ちゃんがお母さんから離れなくなり、「他のことが何もできない❕」なんてことも多々あります。
ですが、嬉しいことにこの時期の接し方によって子どもの成長によい影響を与えるといいますから、人見知りも成長のうちと考えて見守ってあげましょう。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族のおでかけ, 家族の健康, 産後