未分類

保育園と幼稚園の違いとは?どっちで働く?働いてみて気が付いた!


保育園と幼稚園の違いを考えた時、子どもを通わせる保護者にとっては自分のニーズに合った方を当然選びますよね?共働き夫婦なら保育園とか。教育的なことを望むなら幼稚園とか。人それぞれ選ぶ基準は違っても二者択一には変わりありません。今回は子供を通わせる保護者側ではなく、先生側の視点に立って「働くならどっち?」を考えてみました。

< Sponsor Link>

私は短大を卒業すると同時に保育士資格と幼稚園教諭免許を取得しました。学校によってはどちらか片方しか取れない所もありますので、保育科の受験を考えている学生さんには両方(両免といいます)取れるほうが絶対にいいので、受験する学校を選ぶ際には両面取れるところを探してみて下さいね。

なぜ両免がいいの?かといいますと、やはり就職の際には強みになります。また、公務員試験を受ける際には両免は必須です。

私は公務員ではないのですが、姉は公務員保育士でした。公務員試験を受けたのはもう、ウン十年前になりますが、
当時は受験者も多く、狭き門でした。
でも、今年の公務員試験では倍率がなんと2倍。2人に1人は公務員になれちゃうんですね。

また、今年の保育士の依願退職も多かったようです。みんな自己都合が理由だそう。

せっかく、苦労して資格を取って、勉強して公務員になっても4~5年が限度の様です。
民間だったらこのサイクルがもっと早いのが現実です。

待機児童数と保育士退職者の数は平行線のまま増えているんですね。

だから現場は常に人材不足。保育の現場は今は買い手市場です。だからこそ長く働ける園かを見極める
自分基準が必要になってきます。

友だちが良い園だといっても必ずしも自分に合う園でない場合が多いのです。

自分の基準を作る方法は自分で体感するしかありません。その際痛い目に合うこともありますが、それが自分の基準になってきます。

私の基準の一つには「家族経営は避ける」があります。(あくまでも、私の基準なのでご了承下さい)
なぜなら、家族のいざこざ巻き込まれて本来するべき仕事ができないという経験をしたからです。
その後の園選びでは私なりの判断基準の一つになっています。

幼稚園は新卒から3年間勤務させて頂きました。

幼稚園は教育的な部分を担っていますので、保護者のニーズも高いです。特に高学歴の保護者だと
先生にも子供にも求めるレベルがケタ違いです。

また、大学教授のお話を伺った時の内容で「保護者は保育士や幼稚園教諭の偏差値がどの程度なのかも知っていて、自分達の方が高学歴ということも知っています。」というのがありました。要するに低く見ていると言います。

悔しいけれど、わかる気もします。

表向きは必要とされている現場ですが、保育士や幼稚園教諭に対するイメージを変えない限り、なりては増えないし、
人材も育たないですね。

でも、主婦になると「保育士資格を取ってみよう」と思ったり、実際に資格を取って働いている人が私の周りにはいます。

主婦が保育士になれる強みは何といっても「子育て経験」です。

私自身、子どもを産む前と産んでからでは保育に対する考え方が違う部分があります。だから、子育て経験がある方には保育士は断然、おすすめです。

また、幼稚園教諭は行事が多かったり、保護者対応が多かったりするので、気力・体力・時間がある若い方に向いていると思います。

実際に、幼稚園では若い先生が多いですもんね。

保育園と幼稚園のどちらで働くかを迷っていたら、参考にして見て下さいね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-未分類