保育士

保育雑誌のおすすめは?乳児ならこれ!幼児ならこれ!


月案・週案・日案・日々の保育活動・子供の発達・製作・壁面などなど…保育って考えて書類にしたり、アイデアを出して作ったりすることが多い仕事です。自分の中にある知識やアイデアなんてちっぽけなもので、いつもいつも困っています。そんな時に参考にするのが保育雑誌だと思うのですが、本屋さんに行くと以前に比べて保育雑誌の種類が増えたのに驚きました!どれを見たらいいの?

< Sponsor Link>

乳児ならこれ!

保育雑誌を買うときに私が気をつけていることは

自分の受け持っている年齢の情報がたっぷり入っているか?です。

当たり前のことですが、乳児クラスの担任なのに幼児クラス向けの保育雑誌を買っても

参考にはならないですよね。

でも、その視点は物凄く大事だと思うのです。

これは私自身が経験したからこそ言えるのですが、

乳児クラスを担当しているのに幼児向けの内容がたっぷりの物を買ってしまいました。

当然、あまり参考にはならず買い直す羽目に…。

私がおすすめする乳児向けの保育雑誌は「あそびと環境 0.1.2歳」(学研)です。

名前の通り、0.1.2歳児に特化しています。発達だったり、週案だったり、病気の事だったり。

特に私が気に入っているのは時々付録でCDが入っていることです。

初めは「こんなダンス躍るのかな?」と疑っていたのですが、

2歳児を受け持っていた時に「おおきくじゃんぷ」というダンスを取り入れたら

子どもに大ウケでした。

両足でジャンプできるのも2歳児の発達の上ではとても大切で、そんな振付がたくさんでてきて

年齢のことをよく考えて作っているんだな~と感心してしまいました。

幼児ならこれ!

幼児向けならば「PriPri」でしょう。

本屋さんに行くと必ず目にする保育雑誌です。

保育雑誌№1とうたっています。

こちらは壁面飾りがかわいいです。

製作や自然遊びや運動遊びなんかのヒントがたくさん詰まっています。

こちらにも0.1.2歳児のことが載っていたりしますが、週案は載っていません。

まとめ

いかがでしたか?

幼稚園、保育園でも参考にする雑誌は違ってきます。

あとは好みの問題もありますが、私がおススメしたいのは
乳児なら「あそびと環境 0.1.2歳児」
幼児なら「PUriPri」

また、保育雑誌は毎年似たような内容のものが多いので1年目は買うけれど

段々と買わなくなっていきます。でも時々必要になったりするので

そんな時には私はアマゾンで探す前に「メルカリ」をチェックしています。

この間も7月の壁面が欲しくて探していたらPripriが1111円のところを送料込みで350円で

購入できましたよ!

 

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-保育士