イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

家族のお金

不用品を高く売る10のテクと意外と高値で売れる不用品

2016/06/23


3e105aaf2ed47d87c896d1c14e8f96ce_s

毎回、不用品が出るたびに、スグに捨ててしまう人はいませんか?

不用品は捨てると気分がスッキリしてやみつきになってしまいますがでも、捨てる前にちょっと待って!!

実はその不用品がお金になるかもしれません!!リサイクルショップに持って行けば、あなたの不用品が意外と高値で売れるかもしれませんよ。

< Sponsor Link>

そこで、不用品を高値で売るためのテクと、どんなものが売れるのかをご紹介しますね(^_-)-☆

高く売るための10のテク

①納得がいかなければ店頭で価格交渉

査定額が思ったより低いとき「定価は〇〇円だった」とか「その価格なら持ち帰ります」など交渉すると、アップすることがあるらしいです。

ただし、基本的なルールに基づいた査定なので価格アップが難しいこともあるようですが、常連さんだと交渉次第で価格がアップする可能性もあるのだとか。

常連さんに使えるテクですね。

②キーホルダーやガチャガチャはまとめて出す

ガラクタでも、まとめて売ると100~200円くらいになるそうです。

ショップ側も多く売ってもらえれば、多少は考慮するお店もあれば、1点ずつ査定するので大きな効果はないというお店もあるようです。

③子供服は上下セットにする

リサイクルショップの店長さんに聞いたことがあるのは子供服は上下セットにすると高く売れるようです。

④クリーニングのタグはつけたままにする

洋服はきれいな状態の方が高く買い取ってくれるのでクリーニングに出したときはタグは外さずに持って行きましょう。

クリーニングのタグを残しておくと「この商品はきれいです」というアピールになり高評価です。

⑤とにかくピカピカにして持ち込む

電化製品や貴金属は、汚れを落としてから持って行くと効果的です。

汚れがない方が、状態の良さが伝わります。きれいな方が印象が良く価格アップに繋がる可能性があります。

⑥衣類はシーズンの少し前に出す

シーズンを過ぎると価格が下がってしまうので、衣類はシーズンの前に売るのが鉄則です。冬物なら8~1月、春・夏物なら2~7月がベストです。

⑦ニオイは必ずとっておく

ニオイがつきやすいものは、ケアしておきましょう。タバコやカビのニオイは査定にかなり影響します。

ニオイが原因で買い取れないこともあるそうです。

⑧外箱や説明書は残す

保存状態がいいことがベストなので、箱やケースはなるべく残しましょう。

購入した時の付属品があるほど付加価値に繋がります。特に説明書は、ないと減額の対象になることもあるので残しておくことが大切です。

⑨値がつかないときは出直す

価格に納得できないときは持ち帰り、買取強化月間などを狙うと高くなります。ホームページや店頭でチェックしてみましょう。

⑩流行ものは早めに売る

流行のものは高く買い取ってもらえるため、しまい込まずに早めに持って行きましょう。人気の高いものは需要があるので高値になりやすいです。

意外に高値で売れる物

c9474a0fb1fa2fa3d9b4d655f4c97cf8_s

・使いかけの香水

1本は使い切れない、もらったけれど好みに合わないなど、使いかけの香水が実は売れます。半分以上残っていれば買取OK。ブランドにもよりますが、

数十円~500円程度が一般的。最高で1000円くらいになることも。

・作り終わったジグソーパズル

完成して額に入ったジグソーパズルはシミやピースの欠損などがなければ完成済みでも買取可能です。10円程度で買い取ってくれるところもあります。

人気のキャラものであれば、高値になることも。額を目当てに購入する人もいるとか。

・壊れた電化製品

部品目当てのお客さんがいるから、壊れていてもOK。

作動しないパソコンやゲーム機、巻き戻しができないビデオデッキなど、ブラウン管テレビ以外はほとんどの電化製品が買取可能です。

品物や状態にもよりますが、10~100円程度になることが多いです。

・収納ケースやカラーボックス

収納アイテムは、新生活が始まる春先にかけて需要がアップします。

収納ケースは布製、プラスチック製を問わず買取OK。カラーボックスも多少の傷やハゲがあっても大丈夫です。

大きいもの3個以上なら、自宅まで買取出張に来てくれる地域もあります。

・使った食器

食器は、未使用品以外は買取NGの場合がほとんどですが、ブランド品(ウェッジウッド・ティファニーなど)なら使用していても買取可能。

ハイブランド品なら少々の傷や箱なしでもOK。

・ブランド品のショップバック

取っておいても使い道がなかったというショップバック。

一般的なアパレルブランドや高級ブランドの箱は買い取れます。状態やブランドにもよりますが、10円程度になります。

他の品物と一緒に購入し、持ち帰り用の袋にするお客さんもいるようです。

・高級酒のあきビンやワインコルク

思わず驚く意外な不用品。買取のメインは中身の入った未開封のお酒ですが、高級シャンパンやウイスキーなどのしっかりしたビンなら買取れることもあるそう。コルクは1円程度で、古くなったコルクの交換用に購入する人もいるのだとか。

高値にはならないけれど、まとめ売りをすれば意外なお金になるかもしれませんよ。

・缶詰やそば

のりやそば、ジュース、缶詰など、消費しきれない贈答用の食品は眠らせておかずに売りましょう!賞味、消費期限が3か月以上あれば買取可能です。

品物にもよりますが、買取価格は価格の1~2割。最高で、1000円くらいになることも。

・イニシャル入りのワイシャツ

イニシャルを入れて自分仕様にしたものは売れないと思いきやイニシャルや刺しゅうが入っていても買取OKなお店もあります。

人気ブランドのものなら7000円前後になることも。

・音の出ない楽器

音が出ない、部品が取れたなど壊れた楽器は、捨てるのが大変なのでリサイクルショップに持っていきましょう。

ブランドや壊れ具合にもよって価格は変わりますが、ギターやドラム、リコーダーまで、幅広い楽器が買取可能です。

・片側だけのピアスや切れたネックレス

片方だけや壊れたアクセサリーも、貴金属なら買取可能です。

重量によって価格は変わりますが、プラチナなど、高額な素材で人気ブランド品ならピアスで最高5万円、切れたネックレスでも貴金属としての買い取りで最高10万円の値がつくこともあるそう。

・贈答品のタオル

需要が多いので、どんな種類でもOKです。開封していても未使用だと分かれば買い取れます。バスタオルなどは箱に入っていた方が高値になります。

ただし、名前や企業名入りのタオルは買取NGです。

・未使用のバスグッツ

バスグッツは女性に人気なのでオールシーズン売れます。

バスソルトやバスボム、石鹸など未使用なら買い取ってもらえます。人気ブランドはもちろん、ノーブランドでも買取可能です。

・リモコン、充電器などの付属品

テレビのリモコンやケータイの充電器など、一見価値のない物だと思ってしまいますが、ハードオフ名物のジャンクコーナーで取り扱うため、パソコンのマウスやキーボード、電話の子機、ケーブル類も買い取っています。

付属品自体が壊れていても大丈夫です。

・自転車のサドルやカゴ

自転車のサドルやカゴ、イス、ハンドルなど自転車のパーツのみでも、ブランドを問わず買取OKです。

少々キズや汚れがあってもほとんど買い取れるそうです。

・恋の思い出もお金になるかも!?

昔の恋人との思い出の品がまだある・・・という人にオススメなのがブランディアの
「失恋BOX」。インターネットで申し込み、届いたBOXにアクセサリーや当時のケータイなどを詰めて送ると、内容に応じた額で買い取ってもらえます。

値段がつかない写真や手紙も引き取りだけならOKです。ひと箱ごとに、100円が
途上国の恋人たちの支援に使われます。

不用品が売れるスマホアプリ

739ab9f206a6367a502c2e4d83e1d582_s

スマホのカメラで商品を撮影するだけで出品OK!

簡単に不用品を売れる、オススメ3アプリの紹介です。

LINE MALL

サイズ別に全国一律送料を設けた「LINE発送」など、独自のサービスが魅力。取引はLINE MALLを通じてでき、初心者でも始めやすい。

フリル

女性専用のフリマアプリ。ハンドメイドアイテムが多いのも特徴。

メルカリ

日本最大のフリマアプリ。600万ダウンロード達成。

会員が多く、品ぞろえが多いのが魅力です。お金のやり取りはメルカリを通すので安心です。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

 

まとめ

もう、捨てるしか道がないと思っていた不用品が意外とお金になる事が分かりました。ここに紹介していないものでも意外なお金になるものがまだまだあるかもしれません。

ゴミとして捨ててしまう前に買取可能かお店に持って行って査定してもらったり、
スマホアプリを活用して不用品を売りに出してみるのもいいかもしれませんね。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-家族のお金