イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

インフルエンザ 中学受験 伝染病 子供 家族の健康

インフルエンザA型で熱下がらない!放置していてはヤバイ!


3a4131f74a498cb93a33e943a53b317a_s

インフルエンザA型にかかると高熱や関節痛などさまざまな症状が出ますね。

通常熱は4日もすれば下がりますが、まれに1週間経っても熱が下がらないことがあるようです。

そんな時、放置していてはヤバイです!もしかしたら、合併症を併発しているかもしれません。合併症の重症化も心配ですので熱が下がらない時の対処法などをまとめてみました。

< Sponsor Link>

インフルエンザA型の熱が下がらない原因

871a97f4f9b08d8c4100063acb61b8bf_s

通常インフルエンザA型にかかると、発熱してから3‐4日間ほど高熱が続きます。

しかし、まれに1週間経っても熱が下がらないなんてことがあるんです。もしかしたら、その原因はインフルエンザによる合併症からかもしれません。

まず疑うべきは肺炎や気管支炎といった呼吸器系の病気です。
これらの病気になると熱が出始めてから5日以上経過すると、熱が下がることはありますが、1度熱が下がったとしてもその後また熱がぶり返すということもあり得ます。

通常の気管支炎で発熱することはほとんどありません。しかし、インフルエンザA型の合併症になると熱を伴うことが多くなるんです。

その他の合併症には急性脳炎、ライ症候群、心合併症などがあり、どれも放置しておくと重症化してしまうものばかりです。

熱が下がらない場合の対処法は?

df66bb2eee4f591e5829111b3b9a0a28_s

熱がなかなか下がらない場合には、合併症を発症している可能性があることを上記で説明しました。ですから、もし5日以上熱が続く場合にはまずは1度病院を受診した方がいいでしょう。

解熱剤の服用で気をつけたいこと

熱が下がらないときには解熱剤を服用する人もいるのではないでしょうか?

しかし、下手に解熱剤に頼ってしまうとインフルエンザA型自体が治りにくくなってしまうことがあるんです。熱が出ているということは、体内のウイルスを撃退しようとしている状態です。

そのため、解熱剤を飲むことで症状が長引いてしまうことがあります。

解熱剤の服用の目安

ですが、高熱が出ていると苦しいですし、なんとかしたいですよね。

まず大切なポイントは、解熱剤を使う目安は体温が38度を越えているかどうかです。

ウイルスを撃退するのに38度が1番適した温度なんです。そのため、熱が38度あるのは病気を治すために必要な温度です。しかし、39度を越えたら熱が高くなりすぎています。

体温が40度を超えると命にかかわり、42度まで上がってしまうと死亡するといわれています。そのため、解熱剤を飲むのであれば体温が39度を越えているときということになります。

また、リレンザというインフルエンザA型の熱によく効く薬があります。

ですが、リレンザを吸引して熱が下がっても、すぐに体温が上がってしまうことがあります。これは一時的に熱が下がっても、体内に残っているウイルスがまた活動を始めてしまうことが原因です。

そのため、リレンザを使っても熱が長引いてしまうという人は、リレンザを連続して服用するようにしましょう。

最低でも5日間は服用するのが理想的です。

それでも熱が下がらなければ、医師に相談した方がいいでしょう。インフルエンザA型は薬などで症状を抑えても、ウイルスの増殖がおこなわれていることがあります。
そのため、自分の体調を万全にするためにも、また周りにインフルエンザA型をうつさないように熱が下がっても2日間くらいは外出しないほうがいいでしょう。

他にも、インフルエンザA型のときにアスピリンの入った解熱剤を服用するとライ症候群になる可能性があり、これが原因で熱が下がらなくなることもあります。
ですから、熱が下がらなければ服用している薬を見直すことも必要になります。

まとめ

インフルエンザA型の熱が5日以上続くようであれば、その原因はインフルエンザA型ではなく合併症によるものかもしれません。

また、薬の使い方を間違っている可能性もあります。

そのため、使用している薬の使用方法をもう1度確認してみたほうがいいでしょう。インフルエンザA型自体は高熱が出て苦しい病気でも、本来5日以上長引く病気ではありません。

ですから、熱が続くようであれば病院に受診することをオススメします。

< Sponsor Link>