イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 妊婦 子供 家族の健康

妊婦は劇症型になりやすい!人食いバクテリア症の治療のカギは?

2015/09/02


a2f978853d09c15554597f830a28c688_s

妊婦さんは多くの病気に気をつける必要があります。

体調が崩れやすいため、普通の病気が重症化してしまうこともあります。重症化した病気のことを劇症型ともいいます。

今回は、妊婦さんが気をつけるべき劇症型溶血性連鎖球菌感染症、別名「人食いバクテリア症」についてまとめてみました。

< Sponsor Link>

通常の溶血性連鎖球菌感染症について

221adb5dcef5bec8488d36c4cc26fdb2_s

症状は?

通常の溶血性連鎖球菌感染症は上気道に主な症状を引き起こします。

💡よく見られる症状は以下になります。

  • 発熱
  • イチゴ舌
  • 急性咽頭炎
  • 嘔吐

多くの場合、1週間もすれば症状が治まるのが普通です。

感染経路は?

💡主な感染経路は以下になります。

  • くしゃみや咳などによる飛沫感染
  • 細菌が付着した手で触ることによる接触感染

治療法は?

溶血性連鎖球菌感染症は子どもから大人まで感染するどこにでも見られる感染症です。

治療は抗菌剤によって行われます。ワクチンなどはありませんが、抗菌剤がよく効くためすぐに治すことは可能です😊

⚠ただし、感染力が強いので家族間など集団での感染には注意しなければなりません。

これが通常の溶血性連鎖球菌感染症です☝

劇症型「人食いバクテリア症」

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

しかし、劇症型になるとその症状は大きく変わります。

別名「人食いバクテリア症」ともいわれており、筋肉が急に腫れあがり、数時間から数日にかけて腐っていくという恐ろしい症状です。

これは連鎖球菌の育成が早い場合に起きてしまうようです。

劇症型は死亡率が高い

劇症型を発症すると早ければ1日以内で死亡した例もあるんです。
そうでなくても、数日以内に死亡する例も数多くあります。

劇症型の患者は1991年から150人以上確認されており、その死亡率は約30%となっています。

⚠ですが、妊婦の患者数は14人確認されており、そのうちの13人が死亡しています。このように妊婦さんは大変死亡率が高くなっています。

妊婦の死亡率が高い理由

この原因として、妊娠末期になると子宮に血液が多く流れ込むため菌が早く育ってしまうことが挙げられています☝
そのため、子宮に溶連菌による炎症が見つかることが多いようです。

治療法は?

症状の進行が速いことが劇症型の特徴のひとつです。
しかし、早期発見による治療をおこなえば抗生物質が効くため、治療することができます。

そのため筋肉痛をともなう発熱、嘔吐には注意した方がいいでしょう。

ここ数年の間で患者数が多くなっています。

感染経路が詳しくわかっていないため、患者数が増えた原因はわからないようです😲

劇症型になりやすタイプ

60歳以上の人と30代の女性に発症例が多く報告されています。
最近では、30歳を過ぎてから妊娠する人も増えてきているので、注意が必要ですね。

💡他に劇症型になりやすい人は、

  • がん
  • 糖尿病
  • 慢性心疾患
  • 慢性呼吸器疾患を持っている人
  • ステロイドを使用している人

これらに該当する人は注意が必要ですが、健康な人でも劇症型になってしまうリスクはあるので油断は禁物です☝

まとめ

まずは溶血性連鎖球菌感染症にかからないようにすることが大切です。
予防には手洗い・うがい、マスクの着用などが有効です😊

また体力が落ちている状態だと感染するリスクが高くなってしまいます。
そのため、妊婦さんのように体力が落ちやすい状態になっているときには気をつけましょう。

劇症型の症状はインフルエンザによく似ています。

しかし、めまいや錯乱状態、体にあらわれる紅斑といったインフルエンザとは違った症状もあります。普段から体調の変化に気をつけるようにしましょう。

溶血性連鎖球菌はどこにでもいるので、感染を完全に防ぐことは困難です。
また、感染力が強いので家族に溶血性連鎖球菌感染症にかかった人がいる場合には2次感染に注意しましょう。

劇症型であれば、早期治療がカギを握っています。

なので、定期的な健診を受けるなど体調管理をおこなうようにすることで、溶血性連鎖球菌の感染やそれが劇症型になることを防ぐようにするのが1番のようです☝

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 妊婦, 子供, 家族の健康