イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 1歳

一歳半でたたく子供!お友達を泣かせてばかりで困った時の対処法


3f58e85c32137f1409efcfb244ec93e7_s

一歳半くらいの子供達が集まって遊んでいるとハラハラ、ドキドキすることはありませんか?

時には「いきなりお友達をたたいて泣かせてしまう」事もあり、
目が離せませんね。

「たたいちゃダメでしょ!」と叱っても、
逆ギレしたり、泣き出したりと、なかなかこちらの思ったことが
伝わらず困ってしまいます。

そこで今回は
「一歳半でたたく子供!お友達を泣かせてばかりで困った時の対処法」というテーマでお伝えします。

< Sponsor Link>

どうしてたたくの?

739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s

私は現在一歳半健診の仕事もしています^^

検診の間、子供たちが遊べるようにおもちゃや絵本を用意していますが、数としては十分ではないので毎回取り合いになったりします(^^;

そこで、私が一番気を付けているのが、物の取り合いの時に
子供達同士で「たたいてしまう」ことです。

検診の場は皆さんが面識のある方同士ではないので、
「たたいた子」「たたかれた子」の関係になってしまうと
子供同士よりもママ同士の方が気まずくなってしまいますし、
さらに子供のご機嫌も悪くなって肝心の計測が
出来なくなってしまうこともあります。

ましてや、検診というのは同学年で同じ月に生まれているので
この先の2歳児検診・3歳児検診で会うこともあったり、
保育園や幼稚園が同じということもあり得ます。

だからこそ、子供に「たたく子」というイメージは付けたくないので
ますます目が離せません。

もしもお子さんが他のお子さんをたたいてしまったら
お子さんに向かって「たたいちゃだめでしょ!」と
まずは叱ると思います。

お友達もたたかれて泣いていますし・・・

でも、一歳半のお子さんは「何で、ママが怒っているの?」と
理由が分かっていないかもしれません。

なぜなら、子供は自分の目的(おもちゃ)だけしか見えていないからです。

子供はおもちゃをお友達が使っていたなど考えていなくて、
おもちゃを使う目的のために行動しています。

結果的にたたいてしまっていますが、状況によっては、
投げたり、噛んだりしたりすることもあります。

「だめでしょ!」と頭ごなしに言われても何がいけないのか
分かっていないため、突然体を触られると驚いてしまい
かえって大騒ぎになってしまうことにもつながります。

ですから、「たたいちゃだめでしょ!」と頭ごなしに
しかるのはNGなんです。

相手の気持ちとたたくことがいけないことだと伝える

698c3b340b7f9833bcd22f438a22b3ac_s

では、「子供がいきななりお友達をたたいて泣かせてしまったら?」
どうしたら良いでしょうか?

そんな時には
「相手の気持ちとたたくことがいけないことだ」と伝えるようにします。

たたいてしまった子は「おもちゃが使いたかっただけ」なんだけれど
お友達に痛い思いをさせてしまっています。
そこで、お友達の「痛い気持ち」を伝えます。

「たたくことがいけないこと」だと伝える時には、
近くから優しく穏やかに言いましょう。

もしも、視線が合わないときには意識的に合わせていきましょう。

そのため、目は子供と同じ高さにし、正面からの言葉がけが大切です。体に触れる時も突然にならないように、子供が見える位置からにしましょう。

たたいてしまった子はおもちゃを使いたかっただけなんだけれど、
お友達を痛くしちゃってたんだって相手の気持ちが分かるようになると
「たたく」行為も減っていきますよ。

まとめ

「一歳半でたたく子供!お友達を泣かせてばかりで困った時の対処法」というテーマでお伝えしました。

お子さんがお友達をたたく時期はママも目が離せませんよね。

子供はちょっと目を離した一瞬のスキにたたいたりしますから
止めるのも難しいです。

子供がお友達をたたいてしまうことで、ママは相手のお母さんに
謝ってばかりで肩身に狭い思いをしているかもしれません。
でも、ママが悪いわけでもなく、ましてやお子さんが悪いわけでもありませんよ。

「たたくあなたが悪い」のではなく「たたく」という行為がいけないんだよって愛ある言葉で伝えてあげてくださいね。

ママの愛は後に何倍にもなってママに返ってきますから❤

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 1歳