イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

夜泣き 子供 産後 1歳

1歳半の夜泣き!きっと見つかる自分だけの夜泣き対策!

2016/09/15


 

子供の夜泣きは1歳から2歳の間ですが、特に1歳半ごろに夜泣きがひどくなる場合があります。

夜中に子供が寝てくれないと親も寝不足になるので大変ですし、子供の体調も心配になりますよね。そこで、今回は1歳半頃の夜泣きの原因とその対策についてご紹介します。

< Sponsor Link>

1歳半の夜泣きの原因

ff5e4b598f803113258fc42f1983b783_s

夜泣きの原因は様々ですが、主に下記の原因が挙げられます。

  • 浅い眠り
  • 生活リズム
  • 未発達な脳
  • 日中の興奮
  • 病気や体調不良
  • 睡眠障害

浅い眠り

浅い眠りが夜泣きの原因の場合、日中によく体を動かし夜に深く眠れるようにしましょう。また睡眠時に音楽や照明を消すなど睡眠環境も整えましょう。

生活リズム

両親の生活リズムが乱れていると子どもの生活リズムにも影響が現れ、生活リズムの乱れが原因で夜泣きしている場合があります。両親が徹夜したり、毎日眠る時間がバラバラだったりすると子どもの生活リズムにも影響します。

未発達な脳

脳の前頭葉の発達が未熟なため夜泣きする場合もあります。大人と比較し、浅い眠りの時間が長いため脳が半分寝ている状態で夜泣きをします。

日中の興奮

成長に伴い行動範囲が広がるためその日の出来事によって脳が興奮するようこともあります。新たな経験をすると脳が睡眠時に情報整理をするため日中の行動が刺激的過ぎたために夜泣きすることもあります。

病気や体調不良

体調不良のときにも子どもは夜泣きします。鼻水や発熱がある場合は中耳炎や副鼻腔炎の可能性もあります。また腸重積などのお腹の病気のときもひどく泣くため普段から便を確認することも大切です。

>>子供、横腹が痛い!原因と症状と対処法でスッキリ!

睡眠障害

夜中に怖い夢をみたりして恐怖から泣き叫ぶ場合もあります。この場合、深い眠りから突然目覚めるので大人が声をかけてもなかなか泣き止みません。

夜泣き対策

3b0ad55d83fe609173171055e6e68547_s

夜泣きに対応するのはパパもママも大変です。下記の夜泣き対策方法を是非実践してみてください。

  • 生活リズムを作る
  • 入眠儀式を作る
  • 断乳する
  • 体調不良を疑う

生活リズムを作る

早起きすると夜に早くに眠たくなります。早く寝かせるのが難しくても早く起こしましょう。天気が良い日は適度に身体を動かして外で遊ばせ、悪天候の日は室内で絵を描かかせましょう。

お絵かきだけでも脳が疲れるため運動になります。

初めてお絵かきにチャレンジする1歳半頃の子供におススメなのが「ベビーコロール」というクレヨン。普通のクレヨンと違って持ち手が丸くて、手が小さい子供でもしっかり握れます。折れにくい素材で、手や服に色が付きにくいという長所はママにとっても嬉しいところです。

日中に興奮し過ぎたことが夜泣きの原因になる場合もありますが、適度な疲れが深い眠りを導き、夜泣きを減らすことに繋がります。

温まった身体が冷めるときに深い睡眠を得やすいので入浴は7時までに終わらせるのがお勧めです。

入眠儀式を作る

毎日眠る前に行う行為を入眠儀式と呼びます。子どもによって入眠儀式は異なりますが、毎日行うことで子どもは『入眠儀式が終わったら眠るんだ』と理解するようになります。お勧めの入眠儀式は下記です。

  • 絵本を読む
  • 子守歌を歌う
  • 音楽をかける
  • 手をつなぐ
  • 足裏のマッサージをする
  • ぬいぐるみなどを手渡す

断乳する

夜に何度も母乳を欲しがるときは口が寂しくて夜泣きをしている場合もあります。突然断乳すると子どもも困惑するので夜泣きが続きますが、授乳の代わりとなる子どもに合った入眠儀式を見つけ夜泣きを防ぎましょう。

体調不良を疑う

ひどい夜泣きが続くときは風邪や病気が原因の場合もあります。

触ると痛がったり、子どもが耳やお腹を気にして触っている場合は痛みで夜泣きをしている場合もあるため子どもの様子を注意深く観察しましょう。

またトイレトレーニング、保育園など新たな環境によって子どもがストレスを感じて夜泣きしている場合もあります。このような時には子どもが新しい環境に慣れるまで様子をよく観察し、子供のストレスの原因がどこにあるのか探してみて下さい。

思い当たる所があれば『改善や工夫が必要ですよ』というお知らせです。親が気づかないうちに子供が無理をしている可能性もあるので、まずは「ぎゅ~」っとハグして安心させてあげて下さい。

>>子供を笑わせる簡単テクニック!クスッ笑い~ゲラゲラ笑いまで満載

1歳半はものまね名人!?

子供の成長は「話す」より「分かる・理解する」方が先に発達します。ですから1歳半くらいの子供は言葉はあまり話せなくても、大人が言っている簡単な言葉は理解できるようになってきます。

そこで、何かをする時には「事前の声かけ」をしてみて下さい。例えば寝る前であれば「ねんね しようね」などの簡単な声かけです。

子供にとって行動をする前の決まった声かけはとても大事です。決まった声かけを毎日繰り返すことで、習慣になり、徐々にことばと状況が結びついて行動に移しやすくなります。

また、1歳半くらいの子供は頭の中でイメージする力も発達してきますから「大人のまね」などをするのが大好きです。それを利用して子供の横で寝たふりをしてみて下さい。

大人のマネをしながら本当に寝てしまう子、寝ている大人を起こそうとする子、はたまたふざけ始める子・・・様々な反応があると思いますが、それでも一生懸命子育てをしていると『ふとした時』に思わぬ解決法が見つかったりするんですよ^^

 

まとめ

1歳半の子供の夜泣きは決してパパやママを困らせようという悪意のあるものではありません。子供は泣くことでパパやママに『SOS』を発信している場合もありますので、怒ったり、叱るのは逆効果です。

とは言え、毎日夜泣きは親にとっても心身ともに疲れてしまい、「優しい言葉がけ」や「工夫」なんて出来ない事の方が多いかもしれません。

でも、焦らなくも大丈夫ですよ。きっと1年後には同じ悩みは抱えていないはずですから^^

そして、次はあなたが「夜泣き」で悩んでいる人達にシェアする番ですよ^^

フェイスブックでも発信しています

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-夜泣き, 子供, 産後, 1歳