イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学受験 中学生 子どものパフォーマンスを上げるママになる方法 子供

完璧主義をやめたいですか?ママがやめると子供が楽になりますよ

2016/09/02


完璧主義をやめたいママはいませんか?

 

私達は「失敗してはいけない」「間違ってはいけない」と言われ続け、そうならないように、家事も育児も完璧にこなそうとしてきました。

でも、体も心も限界で悲鳴をあげています。

 

完璧主義の思い込みを手放し、もっと活き活きと生きていく未来に変えていきましょう。

< Sponsor Link>

完璧主義だと活き活き生きられない

「生活」ってなんだと思いますか?

読んで字のごとく、活き活きと生きることなんだと
私はある方から教えてもらいました。ネットでファンの内藤勲さん

でも、私も含めて「完璧主義」のママは活き活き生きていない、又は

「活き活き生きられない」のだと思います。

だから、ツライんです。

「完璧主義」は間違った思い込みです。
この世の中には完璧なものは存在しません。
なのに完璧主義の人は存在しないはずの「完璧なもの」を
追い求めていることになります。

それはまるで、雲を掴もうとしているよう・・追い求めても手に入ることはなく、
だからまた、新しい何かを追い求めてしまうことを繰り返してしまうのです。

そうすると、ドンドン自分に厳しくなってしまい、
完璧主義者のあなたはその厳しさを周りの人にも
同じように求めてしまいます。

それは子供であったり、ご主人であったり、職場の同僚であったり・・・。

そんな経験はありませんか?

自分も他人も求められるものが多いとプレッシャーもかかり、
生活が窮屈になってしまい、行動も妨げられます。

そんなことから、完璧主義の人はうつ病や自律神経失調症などになりやすい
傾向にあります。

完璧主義になりやすい人

自分にも家族にも完璧を求めてしまう「完璧主義」は
「自分自身に対する自信のなさ」の表われです。

 

その自信のなさは何処からやってきたのかというと

幼少期の育てられ方からなんです。

親が厳しい家庭で育てられた人は

  • 「失敗や間違いは許されない」
  • 「人の期待は裏切らない」
  • 「こんな自分ではいけない」
  • 「人に頼ったり甘えてはいけない」
  • 「人を信じてはいけない」
  • 「こんな自分ではいけない」

という否定的なメッセージをまるでシャワーのように
浴びてきたのではないではないでしょうか?

この様な否定的なメッセージは子供だったあなたの心から「自信」を奪いました。

だから、幼かったあなたは自分の自身のなさを埋めるために
頑張り続けるしかなかったんです。

小さな失敗や間違いも許すことができずに・・・

健康的なメッセージに置き換える

8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

幼少期に刷り込まれた否定的なメッセージは今のあなたを表すものではありません。

なので、健康的なメッセージへを書き換える作業をしていきます。

  • 「こんな自分ではいけない」→「私はよくやってきた」
  • 「本当に自分を見せてはいけない」→「ありのままの自分をみせていい」
  • 「人を信じてはいけない」→「私は人を信じていい」
  • 「失敗や間違いは許されない」→「失敗したり間違ってもいい」
  • 「人に頼ったり甘えてはいけない」→「人に頼ったり甘えてもいい」
  • 人の期待を裏切ってもいい→「人の期待通りに動かなくてもいい」
  • 怒りを表現してはいけない→「怒りを表現してもいい」
  • 弱みを見せてはいけない→「弱みを見せても大丈夫」
  • 自分だけ楽しんではいけない→「自分が楽しむことはいいことだ」
  • 衝突は避けなければならない→「衝突を恐れず、解決を探ろう」

言葉には自分を変えてくれる力があります。

自分を完璧主義者にしている否定的な言葉を探し出し
その言葉を新しいメッセージに書き換えてみましょう。
そして、何度も何度も鏡の中の自分に向かって言ってあげて下さい。

完璧主義をやめさせることができるのは「あなた」だけなのですから。

ママが完璧主義をやめたら子供が楽になった

ここまで、お伝えしてきたように完璧主義の根源は幼少期の育ち方です。

「完璧主義になって私が苦しんでいるのは親のせいよ!」という怒りの
話は今回のテーマではないので割愛させて頂きたいと思います。

完璧主義のママは知らず知らずのうちにご自身のお子さんにも
完璧を求め、否定的なメッセージを伝えていることがあります。

すると、子供は素直にそのメッセージを受け取り

  • 「こんな自分ではいけない」
  • 「失敗や間違いは許されない」
  • 「人の期待を裏切ってはいけない」
  • 「人に頼ったり甘えてはいけない」

とドンドン完璧主義の道を歩んでいくことになります。

すると、子供は活き活き生きることができなくなり、
存在しない完璧さを追い求めるようになっていくのです。
そう、幼かったあなたみたいに・・・

どうぞ、あなたの子供をそんな風にさせないで下さいね。
悪循環はあなたの代で断ち切りましょう。

まとめ

「完璧主義をやめたいですか?ママがやめると子供が楽になりますよ」
というテーマでお伝えしました。

私自身も完璧主義だったこともあり、
今回は伝えたいメッセージがより強かったように思います。

時々、完璧主義の自分が顔を出しますが、
今ではちゃんと自分で気づいてあげられるようになりました。(ここで、まだまだです…と言っては完璧主義者です!現時点での自分に〇を出す。それが完璧じゃなくても(^○^)

ママがツライと子供もツラくなります。

ママが完璧主義だと子供も完璧主義になります。

ママが活き活き生きていると子供も活き活き生きられます。

なぜって?

だって、ママと子供はお腹の中で繋がっていたのですから(^^♪

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>