イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学生 起立性調節障害

起立性調節障害の治し方!頭痛の原因は栄養不足かも?


中一の娘は起立性調節障害です。

起立性調節障害の頭痛って病院に行っても薬を飲んでも
治らなくないですか?

娘はその度にいくつもの病院で精密検査を受け、何種類もの薬を
飲んできました。

でも頭痛等の症状は一進一退。そこで苦悩と葛藤の中で辿り着いた
起立性調節障害の治し方の基本の「き」に戻ることを決意!

< Sponsor Link>

辿り着いた治療。でも・・・

img_0570

母である私は娘の辛さを解消するために「勝手に諦めない!」
モットーに取り組んでいます。時には症状に苦しんでいる娘を目の前にして落ち込んだり焦ったりもします。

でも娘は自分でもコントロールできない症状と学校に通えない
不安と恐怖で、精神的にも苦痛を伴っているのがよく分かるので、
落ち込んだり焦ったりすることがあっても、
私が勝手に諦めちゃダメなんです!

私はインターネットで情報を集め、有力な情報があった時には
直接会って話を伺うことにしています。

そこで、辿り着いたのが東京脳神経センターでの首の治療でした。

ここは、薬を使わずに治すことをモットーに首の治療をしてくれます。
何種類もの薬を使っても治らなかった私達にとっては、
この方法がマッチしました。

でも、首の治療も施術をしてもらった時は何となく調子が良いように
感じますが、しばらくするとまた頭痛などの症状が戻ってきます。
治療の方向性は合っていると確信していますが、
これだけでは根本的な回復は望めないかもしれないと感じています。

そう、何かが足りていないんです。

そこで、今までいろんな方から伺った話を
再度思い返してみることに・・・
するとある共通点が見つかりました。

ある共通点とは?

IMG_0359

それは、「栄養」です。

病院に先生からも栄養の話を聞きましたし、セミナーの講師も
やはり最後は栄養の話になりました。

その時の私は起立性調節障害の症状を薬や治療で治すことしか
頭になかったので、栄養の話も軽く聞く程度でした。
でも、いくつもの病院で精密検査を受けても、何種類もの薬を飲んでも首の治療をしても完全に症状が治っていないので、
やっと「何かが足りないんだ!」と気付いたのです。

その何かが「栄養」だとピンときました。
私はわりと食事はきちんと作っている方だという自分をかばう思いと、
飽食の時代なのに栄養不足という考えがなかなか結び付きませんでした。

けれど、調べれば調べるほど成長期に必要な栄養が足りていないのでは?と思うようになりました。

車だってガソリンがなければ走ることができませんから、
栄養不足の体では動けるはずがないんですよね。

それに子供はドンドン成長していきますから、
成長期にはたくさんの栄養が必要です。

その時に栄養不足であれば体の成長を妨げることになって、
体の調子が悪くなるのは当たり前なのかもしれません。

だからまずは、基本の「き」に戻って強い体づくりを決意したんです。

頭痛の原因

頭痛はストレスなどから筋肉が緊張して血液の流れが
悪くなることで起こるのは知っていました。

けれど、栄養不足も頭痛の原因になるそうです。

栄養が不足すると

  • 低血糖に陥る
  • 血液の流れが悪くなる
  • 自律神経が乱れる

体がこのような状態に陥ると頭痛が起こりやすくなるんですね。

頭痛の改善に必要な栄養とは?

そこで、頭痛の改善に必要な栄養とは何でしょうか?

  • 糖質
  • ビタミン類
  • 鉄分

糖質

糖質は脳にとって大事なエネルギー源になります。
だから不足すると頭痛の原因になります。
それを防ぐためにはご飯などから糖の元となる炭水化物を摂取します。

ビタミン類

ビタミン類が不足すると、正常な血液の流れを保つことができません。
血液の流れが増加したり、滞ったりすると頭痛の原因になります。
それを防ぐ方法は、血液の流れを正常に保つビタミン類を摂ることです。ビタミン類をしっかり摂ることで、血液の流れを正常に保ち、脳にまでしっかりと栄養を届けることができます。

鉄分

鉄分が不足すると、頭痛・立ちくらみ・吐き気などの症状が出ます。

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」はご存知ですか?
セロトニンには頭痛の鎮静作用があるのですが、
鉄分が不足しているとうまく働いてくれません。
また、鉄分が不足するとセロトニンの生成も上手くいかなくなり、
さらなる頭痛の原因になります。

栄養のバランスを摂るのは難しい・・・だから!

img_1087

普段の食事から栄養がまんべんなく取れれば、何の問題もないのですが、私には自信がありません。

毎日栄養を計算しながら料理をする時間はありませんし
現代の野菜は野菜自体の栄養が昔に比べて減っていると言わてれいます。

それに、ウチの娘は小食なんです。

成長期なので身長もグンと伸びましたが、その割にはあまり食べません。

小食の娘に「もっと食べなさい!」というのは酷なことです。

だから、私が頼ったのはサプリです。

サプリには色んな種類があるので選ぶのには苦労しますが、
子供の口に入れるものだから大事なのは「安心・安全」ですよね。

私が今娘に飲ませているのは余計な物が入っていない
「爽快フェリナ」というサプリです。

成長期の食事と栄養バランスをサポートしてくれる、鉄分不足な女の子に!という説明が心に響きました。

薬ではないので即効性はありませんが、強い体作りには栄養は大事なので、これからの変化に期待です。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-中学生, 起立性調節障害