イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学生 子供 家族の健康 母子分離不安 起立性調節障害

起立性調節障害治し方!母子分離不安が原因の1つかもしれない!

2016/09/03


 

中1の娘が起立性調節障害と診断されてから、いつの間にか日課になったのが
「起立性調節障害の治し方」を見つけること。

医師からは「この子頑張り過ぎだよ!」「もっと甘えさせてあげて!」と言われ、
気になっています。

そこで目に留まったのが、「母子分離不安」です。

母子分離不安は後に神経的な症状や不登校に繋がるというので調べてみました。

< Sponsor Link>

母子分離不安とは?

 

懐かしい話になりますが、

生後7ヶ月くらいからの赤ちゃんは人見知りや後追いが始まります。
これは発達心理学上、分離不安と呼ばれ、
赤ちゃんはママから離されたり、ママの姿が見えないと
不安で泣き出したりします。

思い返せば、この時期の赤ちゃんと向き合うのって本当に大変でしたよね。

赤ちゃんの人見知りがヒドイと周りの人に赤ちゃんを見てもらうこともできず、
後追いが始まると、なかなか自分の思うように動くこともできず・・・。

赤ちゃんが泣けば呼び戻され、赤ちゃんが泣けば抱っこの繰り返しでした。

今では12年前の大変さも完全に薄れてしまっている私ですが、
もし願いが叶うなら、娘が赤ちゃんだった頃に戻って
起立性調節障害にならないような育て方をしてあげたいですね。

分離不安のピークは10ヶ月~18ヶ月とされ
赤ちゃんは成長するにつれ、
「自分からママが見えなくなったり、離れてもママは自分の元に帰ってきてくれる」ということを少しずつ学んでいくので
2歳までには分離不安はなくなると言われています。

これが、基本的な母子分離不安の仕組みになるのですが、
この母子分離不安の時期にママと赤ちゃんがお互いに
愛情を感じ合えない関係だと、子供が成長していく過程で
様々な問題を起こすようになるといいます。

様々な問題とは?

ママと赤ちゃんは相互作用を得ることができなかった場合、
子供に次のような問題が起こる可能性があります。

  • 神経的な問題を抱える
  • 気分が落ち込みやすくなる
  • 思考・行動・感情・幸福感に影響が出る
  • 離人症
  • 心身症
  • 不登校

問題を起こさないためには?

歩き始めるまでは甘えが大切

子供が様々な問題を起こさないためには
満1歳~1歳半(歩き始めるまで)の間は
「甘えさせること」が大切だと言います。

言葉と視線としぐさの一致が必要

子供はママの「言葉」と「視線」と「しぐさ」が一致しているのか
ママを見ながら確認しています。
これが、一致していないと子供は戸惑いや不安を感じてしまい、
ママのどの部分を信じたらよいのか分からなくなってしまいます。

例えば、

  • ママは「ちょっと待っててね」って言ったけれど、
    このまま自分を置いていなくなってしまうのではないか・・・
  • 自分のことを「好きだ」「大切だ」って言うけれど
    本当なのか・・・・

この様な戸惑いや不安は子供が成長しても根深く続くようです。

ママの絶対的な愛情が必要

赤ちゃんはママから絶対的な愛情をもらうことで、
ママとの関係を築き上げていきます。

例えば、

  • 授乳
  • オムツ交換
  • 抱っこ
  • タッチング
  • あやす
  • 笑い
  • 言葉の交流

赤ちゃんは上記のようなことをママにしてもらうことによって、
ママを信頼し、安心感を得ることができます。
このような母子関係が成立することで
赤ちゃんは「ママから離れてもママとはしっかり繋がっているから大丈夫なんだ」と
いうことを学ぶので、安心してママから離れ(母子分離)、自立へと向かっていきます。

けれど、母子関係が成り立っていない赤ちゃんは安心感を得ていないので
ママから離れていくことができません。

まさに、不登校につながる要素がココなんです。

母子関係を成立させることが目標

 

娘が起立性調節障害になってから、母親としての私の行動は

「原因は何なのか?」「治してくれる病院はどこなのか?」

と外にばかり答えを求めていました。

多くの病院を訪れ、色々な医師に診てもらい、たくさんの薬を娘は飲みました。
けれど、症状は良くなっていません。

なぜなんだろう・・・?なぜ娘は良くならないんだろう?早く学校に通って欲しい・・・

私の頭を駆け巡るこの思いは、
一見すると娘のことを思っているかのように聞こえますが、
実際は私の不安でしかなかったんです。

さぞかし、娘も不安だったことでしょう。

答えは外じゃなく内にある!つまりは私と娘の関係です。
そう気づき始めると、次々と疑問が浮かんできます。

私と娘の間には

「母子関係は成立していたのかな?」

「歩き始める頃まで、たくさん甘えさせてあげられたかな・・・?」

「言葉と視線としぐさは一致していたのかな・・・?」

「ママの絶対的な愛情は伝わっていたのかな・・・?」

「娘が不安な時に大丈夫って言って安心させてあげられたかな・・・?」

「なんで、分からないの?」「なんで、できないの?」って娘を責めて
もっと不安にさせてしまったのかな・・・?って。

この頃娘は3歳の子供のような言葉で甘えてくる時があります。
きっと、甘えたい時期に甘えられなかったからかな・・・

だから今はそれもしっかりと受け止めてあげようと思い、娘が甘えてきたら、
しっかりと目を見て話し、たくさんハグをしています。

娘が起立性調節障害で学校に行けなくなり、私にはそのような経験がないので
ビックリしましたし、どうしたらよいのか見当がつきませんでした。
でも、娘を元気にしたい一心で起立性調節障害の治し方を調べた結果、
母子分離不安というものを知りました。

まとめ

「起立性調節障害治し方!母子分離不安が原因の1つかもしれない!」という
テーマでお伝えしました。

起立性調節障害で苦しんでいる全ての方に当てはまる事ではないと思いますが、
ウチの娘は

「早く大人になろうとして、その成長に自律神経の発達が追い付いていないことが
起立性調節障害を引き起こしている可能性がある」

と医師から言われたので、
今は十分甘えさせることで、年齢相応の成長していってくれたらと願っています。

フェイスブックでも発信しています

 

< Sponsor Link>