イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学受験 中学生 子供 家族の健康 起立性調節障害

起立性調節障害に治し方はある?中1娘のピンチでママができることは?

2016/07/24


 

5月下旬、中1の娘がめまい・頭痛・吐き気を訴えるようになり、学校に行っても教室で授業を受けるのも辛く、保健室で寝かせてもらったり、早退することもあり、学校生活を送るのもしんどくなっていました。

そして、病院では「起立性調節障害」と診断。

これって何?治療法は?治るの?初めて聞く病名に浮かぶ疑問をまとめました。

< Sponsor Link>

起立性調節障害とは?

 

娘を見てくれた医師が説明してくれのは
「思春期の身体の成長スピードに
自律神経の発達が追い付いていないため

自律神経のバランスが悪くなり、身体のリズムも崩れてしまう」
から様々な症状が現れるそうです。

自律神経とは?

自律神経は自分の意志ではコントロールすることができない、
血圧・心臓・呼吸・汗・体温などの調節をする神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経が反対の作用をすることで、
身体の働きのバランスをとっています。

起立性調節障害は自律神経の働きが弱いため、血圧の調節が上手くいかず脳や心臓への血液が不足し、立ちくらみや動悸などの症状が出ると言われています。

症状は?

起立性調節障害には診断基準が設けられています。
特徴的な症状である「大症状」と
他の病気でも見られる症状の「小症状」があります。

この症状の中で3つ以上該当する場合は起立性調節障害の疑いがあると
されています。

【大症状】

  • 立ちくらみ・めまいを起こしやすい
  • 立っていると気分が悪くなり、ひどくなると倒れてしまう
  • 入浴中や嫌なことを見聞きすると気分が悪くなる
  • 少し動くと、ドキドキしたり、息切れがする
  • 朝なかなか起きれず、午前中は調子が悪い

【小症状】

  • 顔色が青白い
  • 食欲が無い
  • 腹痛を時々訴える
  • 疲れやすい
  • 頭痛をしばしば訴える
  • 乗り物酔いしやすい

【引用:日本小児心身医学会・起立性調節障害】

http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm

💡ちなみにウチの娘の症状は

  • 立ちくらみ
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 吐き気
  • だるさ

この症状を医師に伝え、おなかの色々な部分を押しながら「ここは痛い?」と聞いていました。そして血圧をはかり98/52心 拍数65でした。

「血圧低いね」と言われましたが、血圧は大人に比べて子供の方が低いのでそんなに心配はいらないそうです。

娘の訴えているような症状で1番多い病気が「ウイルス性の風邪」、2番目に多いのが「起立性調節障害」なんだそうです。

そして、今「起立性調節障害」の子供たちが多いそうです。

症状が出やすい年齢は?

小学校高学年~高校生ぐらいの年齢で
小学生の約5%、中学生の約10%で起こっているようです。
男女比では1.5:2という割合で若干女子の方が多いようです。

症状が出やすい時間帯や時期は?

一日のうち症状が出やすいのは午前中
だから、なかなか朝が起きられません。

一年の中では春先から夏にかけて症状が出やすいようです。

春先から夏にかけて症状が出やすい理由は気温が上がることで、
血圧が低下し、心拍数が上がるためです。

また、この時期は汗もかくので水分が不足しがちになります。
脱水症状になると、起立性調節障害の症状を悪化させてしまうので、
注意が必要です。

梅雨時期もまた気圧の変化が大きいので、頭痛などの症状が
出やすい時期です。

逆に秋から冬にかけては症状が出にくくなる傾向にあります。

病院は何科?治療法は?

病院はかかりつけの小児科を受診します。

治療法には

  • 非薬物療法
  • 薬物療法

があります。

非薬物療法

  • 一般療法
  • 自律訓練法
  • 理学療法
  • 心理療法

薬物療法

低血圧には血圧を上げる薬や頭痛には痛み止めなど問題となっている症状に対しての薬が処方されます。

💡ウチの娘の場合は血圧を上げる薬は使用せず、頭痛の症状を抑える
カロナール錠200を10回分処方してもらいました。(でも、残念ながら
頭痛は治まっていません)

【関連記事】起立性調節障害の治療で子供に有効なものは?小児科と脳神経外科に行ってきました

ホームケア!やって良いことと避けること

  • 朝日を浴びる
  • 体をさすって、血流を良くする
  • ブルーライトが出るスマホ・PC・ゲームなどは交感神経を優位にするので夜の使用は控える
  • 塩分を1日10~12グラム摂取
  • 水分を1日1.5リットル摂取

心のケアが大切

 

「起立性調節障害」はひと昔前までは「なまけ病」「ただの疲れ」などと言われていましたが、近年このような症状を訴える子供も増加したため、診断基準が設けられました。

けれど、午前中は症状が悪く、午後から夜にかけては比較的症状も回復するため「TVやゲームをしている姿をみると、とても病気とは思えない」と
親は思ってしまうのが本音です。

なので、「起立性調節障害」の症状のツラさはなかなか周囲の人には理解されにくい面があります。

すると、本人もその様に言われたり、思われていることで精神的なストレスを感じ、さらに「起立性調節障害」の回復を遠ざけてしまいます。

親も学校に行けない子供を見ると成績も気になるし、このまま不登校になるのではないかと出口の見えないトンネルに不安でいっぱいになり、焦りが言葉や態度に出てしまい、一番向けてはいけない矛先が子供本人へと向いてしましますよね。

私も頭では理解しているつもりでも、自分の不安が先行してしまい
子供のツラさを減らすどころか、逆に増やしてしまっていることもあります。

だから、本当に対応が難しい病気なのだと実感しています。いつまで、子供のツラさを理解してあげられる親でいられるのか、正直不安です。親も疲れが溜まってきますしね。

我が家で行っていること

起立性調節障害と診断されてまだ3日ですが、インターネットの情報を見て
試しているのが、

  • 夜のスマホ・PC・ゲームは控える
  • 寝る時間の30分前から布団に入る
  • 1時間に1回は水分補給
  • 塩分を多めにした食事
  • リラックス効果のあるアロマ
  • 手足をさすってあげる
  • ぬるめのお風呂
  • 好きな音楽を聞いてリラックス
  • 本人を責めるような発言はしない
  • 学校の先生との相談

娘の学校の先生は学校全体で対応してくれています。
例えば、教科担当の先生への申し送りや
学校を休んでいる間の勉強のフォロー。
もし、娘が学校に行けるようになって、保健室に行くようなことがあればすぐにベットを確保してくれる。保健室での自習もOK。

授業の半分の時間出られれば、出席扱い。他にもできることがあれば対応するので、安心して下さいとの事。本人の身体が一番大事と言って頂けたので、親としてはホッとしています。

治るの?

病院の先生は身体の成長スピードに自律神経の成長が追い付けば治ると言っていました。

また、学校の先生も以前受け持ったクラスに「起立性調節障害」の生徒がいて1年くらいかかったけれど、「あの頃は何だったんだろうねぇ」と言えるくらい今では普通に生活をしているとの事でした。

まとめ

「起立性調節障害に治し方はある?中1娘のピンチでママができることは?」というテーマでお伝えしました。

このような症状を抱える子供たちが増えていて、本当にツライ日々を過ごしていることが分かりました。

親だから子供をこのツラさから解放してあげたい思いが強くあります。

まだまだ我が家の対応は始まったばかりですが、改善に向けてこれからも情報を発信していきたいと思います。

共感したらシェアを!

Maharo(感謝)

< Sponsor Link>