イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊娠初期 妊婦 家族の健康 高齢出産

コーラのカフェインは妊娠中にこんな影響があった!コーラは本当にダメなの?


a1d08dbed8f6d5f7af6494ded85b2ef3_s

妊娠中、多くの人が経験するつわりですが、つわりのお供にコーラなどの炭酸飲料を選ぶ人も多いのではないでしょうか?

コーラ等の炭酸のジュースを普段は飲まないのに妊娠したら急に欲しくなる人は結構多いようです。

しかし、コーラはカフェインを含んでおり、母体や胎児への影響も問題とされています。コーラに含まれているカフェインは妊娠中にどのような影響を与える可能性があるのか調べてみました。

< Sponsor Link>

コーラに含まれているカフェインの作用とは?

コーラなどに含まれているカフェインには主に以下のような作用があります。

・覚醒作用

カフェインは眠気覚ましの代名詞です。眠気覚ましのコーヒーと同様にコーラを摂取する人も多いようです。

・脳細動脈収縮作用

脳細動脈が収縮するということは体内の交感神経が優位に働いているので興奮状態にあることを示します。

・利尿作用

腎臓には体に水分を取り入れる機能と、尿として排出する機能があります。しかし、コーラなどに含まれているカフェインを摂取することで、体に水分を取り入れる腎臓の機能が抑制されてしまうため、その結果、排出される尿の量が増えます。

コーラのカフェインが妊娠中に影響することとは?

コーラなどのカフェイン摂取が妊娠中にどのような影響を与える可能性があるのかについて以下にまとめました。

・流産早産の危険性

コーラなどのカフェインは子宮収縮につながる危険性があるので、流産や早産の可能性も考えられます。

胎児に十分な栄養が届かない

胎児は血管を通してお母さんから栄養を吸収しています。しかし、コーラなどに含まれているカフェインにはその血管を収縮させてしまう働きがあるので、本来、胎児に届くはずの栄養が阻害されて栄養が十分に胎児に届かないという可能性があります。これはお腹の中で成長していく胎児の発育を妨げることに繋がります。

・胎児がコーラなどに含まれているカフェインを代謝しきれない

コーラなどに含まれているカフェインは栄養と共に血管を通じて胎児に流れてきます。

しかし、胎児はまだ臓器が未成熟なため、カフェインを消化するまでに時間がとてもかかり、胎児の臓器に負担がかかってしまいます。カフェインを摂取した場合、大人なら1日で代謝できるところを胎児だと3~4日かかると言われています。

妊娠中にコーラはダメなの?

adbd9e2662bc87958bae5ef74b9cfb82_s

妊娠しているとよく話題に出る「炭酸」はつわりの時期などでとても役に立ちますよね。

もちろん炭酸とはいえ砂糖や味付けのされていない純粋な炭酸が好ましいのは言うまでもないのですが、カフェインが気になりつつも、やはり「コーラ」など味付けがしてあるものが欲しくなったりします。しかし、妊娠中でもカフェイン摂取をゼロにする必要はないようで、ある程度の量までなら妊娠中にカフェインを摂取しても胎児に影響はないとのことです。

ちなみにコーラの場合100ccに10mgのカフェインが含まれてます。

コーヒー1杯が50mg前後のカフェインなのでそれに比べれば量としてはそれほど多く含まれていません。しかし、つわりの最中に食事が取れず、コーラを食事代わりにしていると、あっという間に多量なカフェイン摂取に繋がる可能性がありますので気をつけましょう。

また、チョコレートのように飲み物以外でもカフェインが含まれているものがあるので、妊娠中は気をつけて食事をしていく必要がありますね。さらに、コーラには多量な白砂糖が使用されているので体重管理の面を考えても気をつけて摂取した方がよいですね。

 何よりも母体のストレスを優先して

しかし、完璧な食生活を続けていくのは理想であっても、妊娠中は何かと制限が多くツライこともあります。母体のストレスと相談しながら、コーラなどに含まれているカフェインと付き合っていけるといいですね。

まとめ

コーラなどに含まれているカフェインを妊娠中に多量に摂取することは流産・早産の危険性を高め、胎児の発育にも影響を及ぼす可能性があることが分かっています。

しかし、だからと言って「カフェインをゼロ」にする必要はなく、適度な摂取であれば胎児への影響はさほど心配ないようです。ただ、妊婦さんのつわりがひどいときにコーラを「ご飯代わり」にするのは多量のカフェインと白砂糖を摂取していることと同じなので体重管理の面からしても良くなさそうです。

妊娠中のカフェインはストレスと相談しながら母体と胎児にとって良い選択をしていけるといいですね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊娠初期, 妊婦, 家族の健康, 高齢出産