イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 新生児 生後2か月

コリックの対策!マッサージで黄昏泣きを軽減させる方法がヤバイ!

2016/07/29


 

夕方になると必ず泣く赤ちゃんは昔から多いものです。

日中はご機嫌にしているのに夕方になると決まって大泣きされるとママも対策に頭を悩ませますね。

特に3ヵ月くらいから目立ってくるため「3ヶ月コリック」「黄昏泣き」と言われているくらいです。

そこで、コリックの対策にマッサージが有効というので調べてみました。

< Sponsor Link>

コリックとは?

日中はご機嫌にしているのに、夕方になると決まって大泣きします。特に3ヶ月くらいから目立ってくるので「3ヶ月コリック」「夕暮れ泣き」「黄昏泣き」「3ヶ月疝痛」とも呼ばれています。

泣き方も赤ちゃんによってグズグズ泣きからギャン泣きまで色々です。

コリックは日本の赤ちゃんだけでなく、世界中の赤ちゃんに起こるものです。海外のママ達も日本のママと同じようにコリックの対策をあれこれ講じているようですよ。

コリックの原因とは?

ea4c5b7058c6dd0eebec52851144aeb0_s

コリックの原因はハッキリ分かっていませんが、以下のようなことが関係しているのではないかと言われています。

  • お腹の中のガスが動くため
  • 昼間動いて疲れたため
  • 夕方ごろに切り替わる自律神経の切り替えが上手くできない
  • 不安や寂しさ
  • 昼間に比べて部屋の明るさが暗くなった
  • 夜泣きの前段階

補足

3ヶ月くらいの赤ちゃんは周囲の雰囲気の変化を察知できるようになるため、部屋の明るさが変わることや、ママが夕食の支度を始める慌ただしさなど、昼間との違いで不安を感じるのではないかと言われています。

また、赤ちゃんは消化器官が未熟なためお腹の調子が悪くなることが多かったり、母乳やミルクを飲む時や泣いた時に空気も一緒に飲み込んでしまうためお腹にガスが溜まることがよくあります。それを不快に感じて泣きだすのも原因の一つと考えられています。

コリックに試したいマッサージ

コリックの原因がいくつかあるのは分かりましたが、夕方になると大泣きする日々が続くとママの大変です。そこで、赤ちゃんにマッサージをすることでコリックが軽減されるというので是非試してみて下さい。

マッサージはこんな原因のコリッックに有効

  • 消化管不良
  • 昼間動いて疲れたため
  • 不安や寂しさ

コリックが上記のような原因と思われる場合にはマッサージは有効なようです。

マッサージを行う時間

マッサージはコリックが起こる前に行いましょう。毎日同じくらいの時間帯にマッサージをすることで赤ちゃんも安心します。

マッサージの前の準備

用意するものは赤ちゃんに優しいマッサージオイル。手のひらで温めてから使います。オイルは足りなくなったらその都度足してください。アクセサリーなど赤ちゃんを傷つけてしまいそうなものははずしておきましょう。

そして、リラックスできるような環境の中、赤ちゃんとコミュニケーションを取りながらマッサージをしてあげましょう。ただし、マッサージの途中で赤ちゃんの機嫌が悪くなったら、すぐに中止しましょう。

足のマッサージ

  1. 片足ずつ手で掴み足首からももまで優しく揉んでいきます。反対の足も。
  2. ももからつま先へと移動しながら優しく揉んでいきます。
  3. ひざから足首にかけて優しくマッサージ
  4. ももから足首にかけて軽く擦る

お腹のマッサージ

  1. 両手を重ね、手のひら全体と指を使って円を描くようにマッサージします。胸からゆっくりと下に向かっていきます。
  2. お腹の周りを時計回りで円を描くようにマッサージします。
  3. 指先を使ってお腹を歩くようにマッサージをする。

胸のマッサージ

両手で胸の真ん中から端に向かってマッサージをします。

腕と手のマッサージ

足のマッサージと同じようなやり方です。脇から念入りにマッサージをする。

顔のマッサージ

  1. 手のひらで軽く圧迫をしたり、親指で円を描きながらマッサージをする。
  2. 額から頬にかけて軽く指先を使って刺激を与える。

背中のマッサージ

  1. 指の腹を使って、背中全体を小さな円を描くようにマッサージをする。
  2. 背中→おしり→足→足首へと優しく指先でマッサージをする。
  3. マッサージの終わりは優しく赤ちゃんに声をかけ、優しく抱っこしておしまいです。

いつから始まるの?いつまで続くの?

4e0663dd1d0d5c3eb7be40d8b16b72ce_s

赤ちゃんによって個人差はありますが、大体生後6週間から始まり生後4ヶ月頃まで続くことが多いのですが、中には生後1ヶ月でコリックが始まったというケースもあります。

コリックは一時的なことなので、1ヶ月くらいすると自然に治まってきます。

コリックの時に泣いている原因を探る

赤ちゃんは以下のような場合に泣いてママにお知らせをしてくれます。もしかしたら、泣いている原因がコリックではない場合もありますので注意しましょう。

  • お腹がすいている
  • おむつが汚れている
  • 熱がある
  • 眠い
  • かゆみや痛みがある
  • 暑い又は寒い
  • 便秘

まとめ

「コリックの対策!マッサージで黄昏泣きを軽減させる方法がヤバイ!」というテーマでお伝えしました。

コリックは赤ちゃんの病気ではなく、一時的なものなので1ヶ月くらいすると自然に治まってきます。

コリックの悩みはわずかな期間かもしれませんが、マッサージなどコミュニケーションをとり、リラックスしながら行えると、とても充実した期間となりますのね。

マッサージはしてもらうだけでなく、してあげるほうも心地よくなってココロが穏やかになるから不思議です。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 新生児, 生後2か月