イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

授乳 高齢出産

高齢出産で母乳が出にくい!きっと見つかる母乳を出やすくする方法


a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_s

高齢出産だと母乳が出にくくなると聞いたことはありませんか?

母乳の出る量に関しては赤ちゃんに十分な量の母乳を飲ましてあげられているのか心配になりますよね。でも、実際のところ高齢出産だと母乳が出にくくなると言うのは本当なのでしょうか?

そこで、今回は高齢出産と母乳の関係について調べてみました。

< Sponsor Link>

高齢出産だと母乳が出にくくなる?

一般的に高齢で赤ちゃんを出産した場合には母乳が出にくくなるといわれています。

実際に、産後1か月で母乳だけを飲ませていて人の割合は、20代では80%前後であるのに対して、35歳を超えると50%近くまで落ち込んだというデータがあります。

この数字はあくまでデータ上のものであり、絶対というわけではありませんが、確かに母乳の出は若い人に比べると悪くなってしまうようです。

高齢出産で母乳率が下がる理由とは?

高齢出産で母乳率が下がる理由として、高齢出産になると帝王切開をする割合が上昇していることが関係しています。

通常、帝王切開で生まれた赤ちゃんは母乳より先にミルクを飲むことになり、その結果赤ちゃんが乳頭混乱を起こすケースが多くなると言います。

乳頭混乱とは、赤ちゃんがお母さんの母乳を吸うことを拒否して、ミルクばかりを飲むことを指します。

力の弱い赤ちゃんには、吸う力が必要になる母乳よりも、簡単に吸うことができる哺乳瓶からミルクを飲むことを自然と選んでしまうようになるんです。
その結果、母乳率の低下が見られるとされています。

また、高齢出産で母乳が出にくくなる事とは直接的な関係はありませんが、高齢出産と母乳保育達成率に関する興味深いデータがあります。

それは30歳を過ぎた辺りから母乳保育達成率が下がり、その反対に職場復帰率が上昇しているというものです。

職場復帰するお母さん達は赤ちゃんを保育園などに預けるため母乳ではなく、粉ミルクを使うことが多くなりますので、母乳保育達成率が職場復帰時期となる30歳を過ぎた辺りから下がっているようです。

つまり、母乳率が下がる原因は母乳が出にくい事の他に、お母さんの職場復帰のために母乳からミルクに切り替えるという社会的な背景も関係しているようです。

母乳が出にくくなる原因

女性は年齢を重ねていくと、乳腺の機能が低下していきます。そのため母乳が出にくくなってしまいます。

また、ストレスも関係しています。
慣れない育児や日常生活でのストレスが大きくなると母乳が出にくくなってしまいます。そして、母乳が出ないことがストレスになり、余計に母乳が出にくくなるという悪循環に陥ってしまうこともあるんです。

女性は歳を重ねるとストレスの影響を受けやすくなる人の割合が増えるというので注意が必要ですね。

また、頻繁に授乳することが体力的に辛くなってしまうことがあるようです。

赤ちゃんが夜泣きをすれば、夜中であっても起きてお世話をしなければならないので十分な睡眠をとることは難しく、寝不足になってしまうこともしばしばあります。すると、母乳が体の中で作られにくくなり、母乳の出が悪くなってしまうんです。

母乳を出やすくするためには

母乳の出かたには個人差があります。
若い人でも出づらい人もいますし、高齢の人でも母乳で困ったことはないという人もいます。そのため、高齢だからと諦めないことが大切です。

母乳の出を良くするためには、まず食事内容を見直してみましょう。

普段から油っぽいものや甘いものを多く食べていると、乳腺が詰まりやすくなり母乳の出が悪くなってしまいます。

また、母乳は血流が良くないと出が悪くなってしまいがちです。
なので、血流が悪くなるような体を冷やす食べ物や飲み物は控えるようにし、血の巡りが良くなり、体を温めてくれるような物を積極的に取り入れて見て下さい。

また、体内の水分が足りていない場合も母乳が出にくくなる原因になります。
その場合には1日2リットルを目安に水分補給を行いましょう。

水分補給の際には、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶、緑茶などは避け、できるだけ、水や麦茶、ほうじ茶、番茶などを飲むようにするといいようです。

また、睡眠不足も母乳の出には深く関係しています。
母乳は寝ている間に作られるというので、できるだけ睡眠時間を確保できるといいですね。

この時期のお母さんは夜だけの睡眠時間では足りないことも多いので、赤ちゃんと一緒に昼寝をすることがオススメです。

赤ちゃんが寝ている間に家事をしなきゃいけない!昼寝をしてはいけない!と罪悪感のようなものを感じている日本のお母さんは多いようですが、「寝る」=「母乳を作る」=「お母さんの立派な仕事」ですので、胸を張って下さい。

昼寝は睡眠の質がいいので、時間を見つけて1時間だけでも昼寝をするようにしてみてはいかがでしょう。

まとめ

高齢出産になると母乳が出にくくなる要因が重なりやすくなります。母乳の出る量に関しては個人差があることですが、愛する赤ちゃんのためにも母乳が出て欲しいと願うのはごく自然なことです。

「あまり心配しないように」とか「気楽に考えましょう」と言われることが多いですが、そもそもそのように考えられるようだったら悩んだりしませんよね。

ですからまずは、できそうな物から続けてみて下さい。

もしも、気になるようでしたら産婦人科も訪ねてみましょう。
場所によっては、産後のトラブルについての相談に乗ってくれる場所もあるようですよ。一番大切なのはお母さんが安心して取り組めたり、相談できたりすることだと思います。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-授乳, 高齢出産