イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦 家族の健康 高齢出産

高齢出産だと微弱陣痛が起きやすい!微弱陣痛を防ぐために必要なコト

2016/06/17


3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

現在、日本では35歳以上で出産を経験する「高齢出産」の数が増えてきています。

しかし、高齢出産にはいくつかのリスクが伴うという情報もあり、女性を不安にさせます。

そのうちの1つに「微弱陣痛が起きやすい」ということが挙げられます。

そこで、女性の不安を減らす為に高齢出産と微弱陣痛の原因・対策についてまとめてみました。

< Sponsor Link>

微弱陣痛とは

d2c96213db672019c4665f9ab6fbbff9_s

赤ちゃんを出産する際に陣痛は非常に重要な役割を持っています。
1度、陣痛が始まれば次第に痛みは強くなっていき、その感覚も短くなっていきます。

微弱陣痛とは、陣痛の発作が続く時間と周期の長さ、陣痛の痛みが不足してしまい、赤ちゃんを出産するときに子宮口が開かないことを指します。

💡微弱陣痛には2パターンあります。

  • 最初から陣痛が弱いケース
  • 出産の途中で陣痛が弱くなってしまうケース

微弱陣痛の原因

その原因はさまざまで、羊水が多かったり、赤ちゃんが大きかったりという理由で子宮筋が伸びていることが原因であったり、妊娠中に太りすぎていたり、疲労や睡眠不足が原因だったりします。

高齢出産であれば、年齢の増加に伴って生殖機能が低下し、それが元で微弱陣痛を引き起こすことが多いようです。

それに加えて、体力の低下、不安やストレスなども関係してきます。

微弱陣痛が続くとどうなる?

微弱陣痛が続いてしまうと、赤ちゃんが産道を自力で通ることができなくなります。

そのときに頭を圧迫されてしまうので、長時間その状態が続くと赤ちゃんが低酸素状態になってしまう可能性があるんです。そうなると赤ちゃんの命にかかわってくるため、帝王切開などの処置がとられることが一般的です。

微弱陣痛に似たものに前駆陣痛と呼ばれるものがあります。

こちらは陣痛の予行練習のようなもので、痛みや長さ、その間隔が一定ではないことが特徴です。

微弱陣痛であれば、これらの間隔は一定のなので、それで見分けることが可能です。もしも不安があれば、産婦人科に相談するといいでしょう。

微弱陣痛の対策

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s

体重管理と体力づくり

微弱陣痛を防ぐためには、体重管理と体力作りが重要になります。
特に高齢出産である場合には、妊娠期間中を通じて体重管理をすることが必要です。

臨月に入ると、お腹が重くなってしまうこともあり、運動量が低下してしまいます。
それが運動不足と体重増加につながってしまいます。
なので、無理をしない範囲でウォーキングをするなどして、運動不足と体重増加を防ぎましょう。

精神的なストレス

また、高齢出産になると流産を気にしてしまうなど、精神的なストレスを抱えてしまい、それが原因で微弱陣痛を引き起こしてしまうこともあります。

高齢出産のリスクに関しての情報は確かにありますが、それが絶対的ではなく、100人中100人が全て当てはまるとも限りません。なので、不安や心配に心が傾き過ぎていたら、一人で頑張りすぎず、信頼できる人に話を聞いてもらうなどしてココロの安定に努めましょう😊

出産途中に微弱陣痛が起きてしまったら・・・

出産途中に微弱陣痛が起きてしまうことも考えられます。その場合にはどの様なことが行われるのかでしょうか?

  • その場で妊婦さんに歩いてもらう
  • 子宮に刺激を与える
  • 陣痛促進剤を投与する

上記のようなことをして病院側は対応します。

しかし、高齢出産の場合であれば帝王切開を行うことが多いようです

帝王切開に切り替える理由としては、そのほうが母子ともに健康な状態でいられるというメリットがあるからです。たとえ帝王切開に切り替わったとしても、きちんとした判断の元おこなわれるので、あまり心配することはありません。

最近では、医学も進み帝王切開で命の危険に晒されることはほとんどありません。
なので、高齢出産の場合はもしかしたら帝王切開になるかもしれないということを覚えてくといいですね。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

高齢出産はいくつかのトラブルを経験するかもしれません。その中のひとつが今回説明した微弱陣痛です。

しかし、それも高齢出産であれば絶対に経験するというものではありません。

また、日ごろから体力作りに努めて、体重管理をすることで微弱陣痛になるリスクを減らせる可能性もあります。

もしも、出産中に微弱陣痛が始まっても病院側にもその準備はあります。高齢出産であっても元気な子どもが産まれることの方が多いと言いますから、あまり不安にならずに出産まで過ごしましょう😊

❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤

【営業経験ゼロの主婦がコンサルで稼ぐ方法】

ある魔法のシートを読み上げるだけで、
まったくの営業経験ゼロの主婦が、
コンサルタントを始めて初月に
30万円を稼いだ方法があります。

たった紙に書いてあることを読み上げるだけで、
契約が面白いほどとれる営業法だそうです。

コンサルタントやコーチ、カウンセラーなどは、
新規クライアントを獲得するのは簡単ではありません。

ですが、この営業方法なら、
初心者でも驚くほど簡単に新規契約がバンバンとれるそうです。

http://directlink.jp/tracking/af/1445680/arOlMLIY/

もしあなたがコンサルタント、コーチ、カウンセラー、セラピストなら
ぜひチェックしてくださいね。

こんな悩みがあるならなおさらです。

・新規契約がとれない・・・
・無料カウンセリングですら取りずらい・・・
・単価があがっていかない・・・
・継続してもらえない・・・

もちろん、誰にでもできる方法なので、
あなたがこれから起業しようと思っているのなら、
一度は見ておいた方が良いと思います。

情報は無料なので、
あなたにリスクはありません。

まずは、あなたの目で確認してみてくださいね。

http://directlink.jp/tracking/af/1445680/arOlMLIY/

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊婦, 家族の健康, 高齢出産