イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

家族の健康 更年期

口の中が苦いのは更年期が原因かも?症状と治療法について


1b8bb7b15c3ed44ed40fe226e9f157cf_s

更年期の症状で口の中が苦いと感じることがあります。

更年期の症状には個人差があり、ほとんど気にならない場合もあれば、口の中が苦かったり、乾いていたり、ピリピリと痛かったり、味覚が感じられなくなったり、と食生活に支障をきたす場合もあります。

そこで、口の中が苦く感じる原因と治療法などをまとめました。

< Sponsor Link>

更年期の症状について

一般的に更年期とは女性の閉経前後の5年間の事を言います。

更年期の時期は急激に生活のリズムが変わる時期でもあります。例えば、子供の独立・夫の定年・親の介護などです。このような生活の変化によって、精神的なストレスが加わり更年期障害が現れます。

またこの時期の女性は身体も大きく変化します。

具体的には、卵巣機能の低下によって卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減少し始め、逆に性腺刺激ホルモンや副腎皮質ホルモンが増加するために、ホルモンバランスが乱れてきます。

このようにして、更年期は心身両面で様々な不調が起こります。

主な症状

  • ホットフラッシュ・・(顔のほてり・のぼせ・大量の発汗)
  • 自律神経失調症・・(動悸・めまい・肩こり・頭痛・不眠・耳鳴り)
  • 精神障害・・(不安・興奮・神経過敏・憂鬱・物忘れ・妬み・嫉妬)
  • ホルモンの変調・・(肥満・皮膚の艶が悪い・シミ・口の中が苦い

更年期の症状には個人差がある

上記のように更年期には様々な症状が現れます。しかし、更年期の症状の出方には個人差があり、更年期を迎えてもほとんど症状が気にならないという方もいれば、日常生活を送るのが大変な方もいられます。

この差は何でしょうか?

この原因の一つは若い頃の無理なダイエットや不規則な生活や食事によって、ホルモンバランスが乱れていることが挙げられます。

口の中が苦い原因

更年期は女性ホルモンのバランスが乱れることで様々な症状が現れます。この女性ホルモンのバランスが乱れることにより、交感神経の緊張が高まり、興奮状態になって唾液のコントロールが効きづらくなります。

そうすると、唾液の分泌も悪くなり量も減っていくのです。

唾液の量が減ると、口腔内の浄化作用が効かなくなります。そのため、口の中が苦かったり、汚れたり、乾燥したり、口臭が気になったりしやすいのです。

また、生理前や妊娠初期にも口の中が苦いと感じることがあります。これも、更年期と同じように女性ホルモンのバランスの乱れによって、唾液の分泌量が減るために起こるものです。

更年期は何科?

口の中が苦いと感じ、「いつもとなんか違う」と思うと病院へ行こうと思われるのではないでしょうか?

初めは更年期による症状だとは気づかずに口腔外科や歯科医院や耳鼻科を受診される方が多いようです。そして、それらの病院で検査をしても異常が見つからない場合、医師によっては「更年期障害の疑い」があるとして、婦人科や更年期外来を紹介してくれるようです。

ですから、更年期の場合には「婦人科」もしくは「更年期外来」を受診しましょう。

更年期障害の治療

更年期の治療には一部の漢方を除き、健康保険が適用されるので安心ですね。主なものを4つご紹介します。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法(HRT)とは減少したエストロゲン(卵巣ホルモン)を補充する療法で、保険も適用されます。

種類は、飲み薬・貼り薬・塗り薬があります。

ホルモン補充療法は世界的にも更年期障害のスタンダードな治療法として認められています。

しかし、過去には海外の研究結果から一部のメディアで「HRTの使用で乳がんのリスクが高まる危険性がある」と取り上げられたことがあります。

この報道の広がりによって、国際閉経学会などの専門機関がHRTについて再解析をしました。その結果は「HRTにおける乳がんのリスクは見直され、更年期の女性にとって、よりメリットの多い治療法である」と再評価をしています。

HRTの治療を行うにあたって、不安や心配がある場合には医師とよく相談をしましょう。

HRTの副作用について

HRTでは以下のような副作用が現れることがあります。

  • 生理のような出血(不正出血)
  • 乳房の張りや痛み
  • おりもの
  • 下腹部の張り
  • 吐き気

副作用が現れた場合には薬の量や頻度を調節して改善していきます。不正出血の場合は、薬で出血を抑える方法もありますので、医師とよく相談をすることが大切です。

抗うつ薬・抗不安薬・睡眠導入剤

更年期症状の主なものが「うつ」や「不安」などの精神神経症状の場合や、HRTが無効な場合に、抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。また、満足な睡眠が得られない場合には睡眠導入剤が処方されます。健康保険は適用されるので安心です。

「うつ」や「不安」などの症状には信頼できる身近な人や専門のカウンセラーによるカウンセリングも効果的です。

漢方薬

東洋医学から生まれた漢方はHRTの治療ができない場合や、多くの更年期障害の訴えを持つ場合に処方されます。

一部の漢方を除き、約150種類くらいの漢方で保険が適用されます。

漢方の効き目は穏やかですが、副作用が少ないので長期の使用も可能です。更年期障害で処方される漢方は主に以下の3つになります。

  • 当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遙散 (かみしょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

漢方は体質によって処方されるものが異なります。

プラセンタ製剤

国内で認可されているプラセンタ製剤は「メルスモン」です。原料は感染のない健康なヒトの胎盤です。そこから有効成分を抽出した胎盤エキスがプラセンタになります。ホルモン製剤ではありません。

皮下注射で「メルスモン」を投与することで、衰えていた卵巣に働きかけ、ホルモンバランスを整えてくれます。その他にも血行を促進したり、造血、疲労回復などの作用があります。

副作用について

プラセンタ製剤については重大な副作用は今のところは報告されていません。しかし、100%感染の疑いがないと否定しきれないこともあり、2006年に厚生労働省は「プラセンタ注射を一度でも投与したことがある場合は献血をしてはならない」と通達を出しました。

プラセンタ製剤を投与する場合には医師から説明がきちんとされると思いますが、とても大切なことなので、忘れないようにしましょう。

日常生活で手軽にできること

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_s

アロマテラピー

更年期障害の緩和にアロマテラピーも有効です。アロマの精油には女性ホルモンの働きと似たもの、ホルモンバランスを整えてくれるもの、ストレスを和らげてくれるもの等があります。

おススメの精油

  • ラベンダー
  • ゼラニウム
  • グレープフルーツ
  • カモミール・ローマン
  • イランイラン
  • クラリセージ
  • サイプレス
  • ネロリ

アロマを焚くだけでもココロが穏やかになります。その日の気分によって精油をチェンジしてみてもいいですね。

サプリメント

通販などでプラセンタのサプリメントや市販で更年期障害に効果的な薬も販売されています。

最近では30代で更年期のような症状を訴えることがあります。若年性更年期(プレ更年期)にはプラセンタのサプリメントを摂ることで、症状が緩和されることもあるようなので、予防的にもおススメです。

まとめ

「口の中が苦いのは更年期が原因かも?症状と治療法について」というテーマでお伝えしました。

口の中が苦いと何を食べても美味しいと感じられませんし、楽しくありません。

「美味しく食べたい!」という「欲」は生きる上で大切な「欲」です。この「欲」無くしては人生楽しくありません。口の中が苦い原因が更年期の場合には治療方法がいくつかありますので、ゆっくり焦らず治療をして、また美味しいものを食べましょう!

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-家族の健康, 更年期