イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

免疫異常 家族の健康

免疫が毛根を攻撃する!異物と勘違いして円形脱毛症ってホント?

2016/06/23


0647e193973fa838fc2f0973cd33d704_s

100人中1~2人が何らかの原因により円形脱毛症だといいます。
その原因として考えられるのは「精神的ストレス」「自己免疫疾患」
「内分泌異常」「遺伝的素因」です。

毛根にリンパ球が多く集まるという理由から、最近では「自己免疫疾患」を円形脱毛症の原因と考える説が有力です。

なぜ免疫異常を起こし、自分の毛根を異物と勘違いして攻撃するのでしょうか?

< Sponsor Link>

なぜ免疫は自分の毛根を攻撃するのか?

免疫が自分の毛根を攻撃する理由はまだ明らかになっていません。

円形脱毛症患者の毛根を観察してみるとリンパ球が毛根に集まっている状態です。
リンパ球というのは免疫を構成しているのもで、炎症が起きている患部に集まり炎症を鎮める役割をします。

90年代にヌードマウスを使った実験が行われました。

免疫反応を抑えたヌードマウスに円形脱毛症患者の皮膚を移植したところ、毛が生えたという結果になりました。

この実験から免疫と円形脱毛症の関係が証明されたといえます。

つまり、免疫が何らかの形で影響を受けて異常な行動を起こした結果、リンパ球が毛根に集まり、毛根を異物と勘違いして攻撃し、髪の毛の成長を妨げてしまい、脱毛してしまうと推測できます。

アトピー性疾患との関係

d68bf13f5f9bee32354e054cefcdfdb7_s

円形脱毛症にはアトピー性疾患(アトピー性皮膚炎・気管支炎・アレルギー性鼻炎のいずれか)が深く関係しているといいます。

円形脱毛症患者の40%以上がアトピー性疾患を持ち、半数以上が本人もしくは
家族がアトピー性疾患を持つという統計があります。

そして、円形脱毛症と併発する可能性があるものとして橋本病などの甲状腺疾患は約8%、尋常性白斑は約4%となります。他にもSLE・関節リウマチ・重症無力症などの自己免疫疾患が併発することがあります。

円形脱毛症の割合

若い年代に発症するケースが多くみられます。30歳以下では81.8%になります。
そのうち15歳以下は全体の約25%になるといいます。

男性と女性を比べてみると、やや女性のほうが多い傾向があります。

女性は出産や生理などによって悪化したり、逆に治癒することがあります。

円形脱毛症の種類

円形成脱毛症は一過性のものと難治性のものがあります。また、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる男性脱毛症と違い治療には保険が適用になります。

  • 単発型円形脱毛症
    円形・楕円形の脱毛が突然起こります。軽症の場合は免疫システムが
    自然と攻撃をやめる場合がありますが理由ははっきりしていません。
    自然治癒率は約60%で3~6か月で発毛してきます。しかし、重症へと
    移行することもあるので注意が必要です。
  • 多発型円形脱毛症
    2つ以上の円形脱毛ができます。数か所できたり、それが繋がってきたりすると難治性の円形脱毛症になる場合があります。生え際にできると治りにくくなります。
  • 多発融合型円形脱毛症
    難治性の円形脱毛症になります。多発した円形の脱毛部分が融合し、頭皮全体の毛髪が抜け、さらに症状が進むと全頭脱毛になる場合があります。
  • 全頭脱毛症
    完全に頭髪が抜けてしまいます。治りも難しいことが多いです。
  • 汎発性脱毛症
    全身の毛が全て抜けます。脱毛症の中で1番重い症状になります。

円形脱毛症の治療法

96aa8a5d2a3ef220d7381a1d78d974d4_s

主な治療法は薬物療法と理学療法になります。2010年の日本皮膚科学会のガイドラインで治療法の手順を決め次のようにしました。

症状が落ち着いている場合は局部にステロイドの軟膏を塗ったり、ステロイドの注射や局所免疫療法を脱毛部分へ施し免疫や炎症を抑える治療が効果的です。

15歳未満の子供のステロイド治療は原則飲み薬のみです。副作用のことを考え、
点滴や局所注射は行いません。

局所免疫療法とは、わざとかぶれを起こす薬を脱毛した患部に塗り、正常なリンパ球を脱毛患部に集め炎症を抑えるというものです。痛みや頭部全体の25%以上の脱毛が見られるという理由でステロイド注射ができない人や注射の効果がみられない人に用いられる治療法です。しかし、効果には個人差があります。

脱毛が進んでいる時に直ぐに効果のある薬はありません。この時期は抗アレルギー剤やステロイドの飲み薬や塗り薬を使います。また、脱毛の進行が速い大人は入院して3日間ステロイド・パルス療法(点滴)をする治療法もあります。

ステロイド・パルス療法は大阪大で実験が行われました。発症後半年以内に治療を始めた患者の改善率は59%、発症後半年以降に治療を始めた患者の改善率は16%でした。ただし、発症後半年以内に治療した患者の中には自然に治ったと見られる患者も含まれていたとみられ、実際の治療の効果はもう少し小さいと考えられます。

その他の治療法としてはドライアイスを脱毛部分に1秒くらい当てて冷却する
雪状炭酸圧低療法、医療用脱毛症治療薬「フロジン液」を使用する治療法、
ソラレンという薬品を内服または外用し、そこに紫外線を当てるPUVA療法などがあります。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

円形脱毛症の有力な原因に自己免疫疾患が考えられるということを説明しました。
90年代に行われたマウスの実験結果から免疫と円形脱毛症の関係が証明されています。

しかし、なぜ免疫異常を起こして自分の毛根を異物と見なし攻撃してしまうのか
はっきりしたメカニズムは分かっていないのが現状です。

突然発症した脱毛により心のケアもとても重要なのではないかと思います。
円形脱毛症の治療の中には痛みを伴うものもあります。円形脱毛症で悩む人たちが少しでも希望が持てるような治療を専門医療機関でご相談ください。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-免疫異常, 家族の健康