イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 妊婦 子供 家族の健康

水疱瘡が耳の中まで出来たぁ!かゆくて、かゆくてたまらない!


5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

水疱瘡の流行ピークは春先の様ですが、初夏の時期や真冬にも流行しているので1年中、水疱瘡に感染する可能性があります。

水疱瘡は感染力が強く、90%以上の人が10歳までにかかると言われています。中でも1番かかりやすいのは4~5歳。最近では集団生活に入る時期が早いため、かかる年齢も低くなってきています。

水疱瘡は重症化すると命の危険もある病気ですので詳しくお伝えします。

< Sponsor Link>

水疱瘡とは?

2つの病気を引き起こすウイルス

水疱瘡のウイルスは「水痘帯状疱疹ウイルス」といいます。このウイルスに初めてかかると「水疱瘡」を発症します。

しかし、水疱瘡が治ってもウイルスは神経節の中に隠れることができます。隠れたウイルスは体の免疫が落ちている時などに再び発症します。この再発したウイルスが「帯状疱疹」となります。

感染原因と潜伏期間

水痘帯状疱疹ウイルスの感染によって10日~3週間ほどの潜伏期間を経て発症します。

水疱瘡がうつる時期は発病の前日~発疹が水疱になっている間で、かさぶたになってしまうとうつりません。

感染経路は飛沫感染・空気感染・直接発疹に触れることで感染します。

症状

38度前後のが先に出ることがあります。発熱の場合は翌日くらいからおなかや顔に「蚊に刺されたような」赤い発疹がポツポツと出始めます。また、熱もなく食欲も元気もあり症状が軽い場合もあります。

おなかや顔にできた発疹は赤く盛り上がった状態になり、3~4日で全身へと広がっていきます。水疱瘡の最大の特徴は頭の皮膚に出来るということです。この症状で「水疱瘡」とはっきり分かると思います。発疹は体中のあらゆる所にでき、耳の中にできることもあり、子供は痛がったりすることがあります。

発疹は1日ぐらい経つと水泡になり、この時がかゆみのピークになります。かゆくて掻き毟ってしまうと、爪や指から細菌が入り込んで2次感染を引き起こします。水疱瘡の発疹は痕が残りませんが、2次感染した場合は痕が残ることがあります。2次感染の予防のために爪も切っておくと良いと思います。

また、水泡の中の液が他の人に触れてしまうと感染してしまうので気を付けましょう。

発疹は次から次へと出てきます。水泡が、かさぶたになるまで感染力はあります。2週間もすれば水疱もかさぶたになり、きれいになります。

治療方法

ウイルスをやっつけるために医師から薬が出されます。かゆみを抑えるために「カチリ」という白いドロッとした軟膏も出されるので、発疹や水疱を潰さないように1つ1つ塗ります。耳の中の発疹は乾燥が遅いので、薬を上手に使うことで痛みなどの症状を早く和らげることができます。

高熱を伴う場合もありますが、熱を出すということは体内でウイルスと戦っている証拠ですので、様子を見ながら解熱剤も上手に使いましょう。

また、解熱剤は必ず医師が処方したものを使用しましょう。

市販のものはアスピリン系の成分が入っていることがありますので使用しないで下さい。アスピリン系の鎮痛解熱剤は重い脳症を引き起こす恐れがあります。

眼球結膜に発疹ができた場合は早めに眼科を受診しましょう。角膜に混濁が残る場合があります。

口の中に発疹が出来た時は痛みから飲食がしにくいかもしれません。その様な場合は口当たりが良く、のど越しが良いものにしましょう。高熱を伴う場合は脱水症状にならないように水分補給はしっかりしましょう。

重症化の怖さ

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

水疱瘡の予防接種は1歳からできます。予防接種をしていない場合、水疱瘡に感染すると100万人に10~20人が死亡しているとされ、はしかより死亡者数が多いのです。

重症化しやすい人を下記にまとめてみました。

乳幼児

生後4か月までの赤ちゃんはお母さんからの水疱瘡に対する免疫があるので、かかっても軽症で済みます。しかし、お母さんから貰った免疫も次第に無くなりますので、生後7か月以降の赤ちゃんがかかると重症化しやすくなります。

また、お母さん自体が水疱瘡にかかっていない場合は赤ちゃんも免疫を持っていませんので重症化しやすいといえます。

成人

子供の時に水疱瘡にかかっていなくて、成人になって初めて感染した場合は重症化しやすくなり、脳症を引き起こす可能性も高くなります。

妊婦

妊娠初期に初めて感染すると、2%の頻度で胎児・新生児に重い障害を引き起こす可能性があります。

5か月目以降で初めて感染すると、生まれた赤ちゃんは帯状疱疹を早期に発症するといわれています。

出産5日前~出産2日後に初めて感染すると、抗ウイルス薬で治療が行われないと、新生児は生後5日~10日頃で水疱瘡を発症し、約30%が死亡するというデータがあります。

妊娠中は予防接種は出来ませんので、妊娠前に水疱瘡にかかったことがあるのか確認をした方が良いでしょう。

病気や薬によって免疫機能が下がっている人

病気や薬によって免疫が低下している人が水疱瘡にかかると重症化しやすく、命の危険もあります。免疫が低下しているのでウイルスが体内に入ると増えてしまいます。

水疱瘡パーティー

0cdf3d8da773204debf3ed6d9c036409_s

自然派?の一部のママ達の間で行われているという「水疱瘡パーティー」。どの様なものかというと、他のお宅の子供が水疱瘡になると、まだ水疱瘡にかかっていない子供を連れて行き、うつしてもらうそうです。

そのママ達が言うには、「自然にかかれば免疫ができるし、腎臓も強化されて丈夫になる!」そうです。

米国ではわざと水疱瘡に感染させたいという親の間で水疱瘡にかかった患者が口に含んだアメや着ていた衣類を取引しているコミュニティやサイトが存在するようです。

この現象の背景にあるのは予防接種に対する不安により、幼児への予防接種を躊躇する親が多いということでした。

まとめ

水疱瘡は流行する時期が多様です。また、共働き家族が増え、早い年齢から集団生活に入る子供も増加し、以前より水疱瘡にかかる年齢が低くなってきています。

予防接種は1歳から受けることができますので、早めに集団生活に入る予定がある場合はその前に予防接種を終わらせておくと安心かと思います。

また、大人になって初めてかかる人もいますので、心配な場合は1度ご自分の母子手帳を確認してみると良いと思います。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 妊婦, 子供, 家族の健康