イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 新生児 生後2か月

喃語とクーイングの違いは何?いつ始まる?何を言っているのか分からない時の対応は?


44163d79edfdb6f148446cee5889b38e_s

生後2~3ヶ月くらいすると、赤ちゃんは「アー」「ウー」など泣き声や叫び声とは違う声を発するようになってきます。

赤ちゃんが話し始める言葉には「喃語」と「クーイング」というものがありますが、この2つの言葉には少し違いがあります。

今回は喃語とクーイングの違いといつ始まるか?と対応の仕方をまとめました。

< Sponsor Link>

クーイングとは?

生後2ヶ月~3ヶ月くらいの赤ちゃんは少しずつ起きている時間も増えてきます。落ち着いている時や機嫌が良い時などには「アー」「ウー」などと言った泣き声や叫び声とは違う声を出すようになります。

これを「クーイング」といいます。

「クーイング」は赤ちゃんの言葉の発達の始まりです。

クーイングの特徴

クーイングは「アー」「ウー」など母音で言う特徴があります。

クーイングが始まった頃の赤ちゃんは口やのどの形に変化が現れ、自分の力で呼吸の調整をしながら「アー」「ウー」などの言葉を発しています。

喃語とは?

喃語はクーイングの「アー」「ウー」などの母音で発する言葉以外のものを言います。

例えば、「バブー」「バブバブ」などです。

喃語はクーイングの次の段階の言葉で、生後4ヶ月~5ヶ月の頃に見られる多音節からなる言葉の意味を持たない発声のことを言います。

 

喃語の特徴

喃語はその言葉自体には意味を持ちません。

一見、パパやママと会話をしているように見えますが、赤ちゃんは喃語を使うことによって、口蓋や声帯、横隔膜の使い方を練習しています。赤ちゃんは喃語を繰り返し使うことで、より正確な発声の仕方を学んでいるのです。

喃語とクーイングの違いとは?

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

クーイングは赤ちゃんの言葉の発達の始まりです。最初は舌を動かす機能もまだまだ発達していないので、ハッキリとした音にはならず「アー」「ウー」などの母音の様な発声を繰り返します。

その後、クーイングを経て舌の機能も少しずつ発達していき、「バブー」「バブバブ」などのクーイングよりちょっと複雑な音を出せるようになります。

クーイングと喃語は似ているような言葉に聞こえますが、クーイングは赤ちゃんの言葉のはじめであり、喃語はそれより少し発達した言葉という違いがあります。

なので、通常クーイングの段階は喃語に含まれません。

いつ頃始まる?

赤ちゃんの成長は個人差がありますが、大まかに言うと、クーイングは生後2ヵ月~3ヶ月頃、喃語は生後4ヵ月~5ヵ月くらいに始まると言われています。

赤ちゃんの名前を呼んだ時に「アー」「ウー」と反応してくれると、自分の名前が分かって返事をしているのかな?と思いますよね。しかし、赤ちゃんが自分の名前を呼ばれていると認識し始めるのは大体、生後6ヶ月くらいからと言われています。

どんな時に出るの?

赤ちゃんはゆったりと落ち着いた雰囲気であったり、機嫌が良い時などにクーイングや喃語を発することが多いです。

また、赤ちゃんはクーイングで突然大きな声を出すことがあります。これは声そのもので赤ちゃんが遊んでいるのだと言われていて、プレジャーサインとも呼ばれ、クーイングの一種になります。

何を言っているのか分からない!どうしたらいい?

赤ちゃんがクーイングや喃語を発している時、何かを訴えられているような気になり「何を言っているのか分からない!」「どうしたらいいの?」と戸惑ってしまうことはありませんか?

先ほども説明した通り、クーイングや喃語は発声の練習で、言葉の意味を持ちません。

なので、赤ちゃんが「アー」「ウー」「バブー」「バブバブ」」など発し始めたら、ママから見えたもの、感じたことなどを言葉にするだけで十分なんです。

例えば「何してるの?」「〇〇見えたね」「ごきげんだね」などです。赤ちゃんと同じ言葉を繰り返してもいいですね。

今は分からなくても、こんなやり取りを続けていくと、赤ちゃんの言葉の能力は日々発達していきますし、いつか感覚的に「こんなことが言いたかったんだね!」と思う時があるんですよ。

クーイングや喃語があらわれ始めたら

クーイングや喃語の程度は赤ちゃんによって様々です。「アー」「ウー」としょっちゅう声を出してはそれを自分で聞いて楽しんでいる子もいれば、ほとんど声を出さない子もいます。

ほとんど声を出さない子の親は「発達が遅れているのかな?」と心配になるかもしれません。

しかし、言葉の発達には、ただ色々な音が出せるだけではなく、自分が音を出すと相手が応えてくれると理解できることが大切です。

ですから、赤ちゃんが笑い声を出してくれたら、大人も声を出して一緒に笑い「楽しいね」という気持ちを伝えてあげられるといいですね。喃語を盛んに言うようになるのはこれからかもしれません。焦らず、楽しみに待ってあげましょう。

まとめ

「喃語とクーイングの違いは何?いつ始まる?何を言っているのか分からない時の対応は?」というテーマでお伝えしました。

クーイングと喃語を話す時期は本当にわずかです。このわずかな時間を楽しんで下さいね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 新生児, 生後2か月