イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 授乳 新生児 生後2か月

ねんねトレーニングで泣かせない方法!ママ&ベビー朝までグッスリを目指そう!


7dbc8ad95ac1167776754ce340377720_s

赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけに悩むママの中には「ねんねトレーニング」というものにチャレンジした人もいるのではないでしょうか?

けれど、泣かせるねんねトレーニングに心が折れて断念する人も多くいます。

そこで、泣かせないねんねトレーニングがあるというので、方法や時期、注意点などをまとめました。

< Sponsor Link>

泣かせないねんねトレーニングとは?

ねんねトレーニングには2種類あります。

  • 泣かせるねんねトレーニング
  • 泣かせないねんねトレーニング

泣かせないねんねトレーニングというネーミングですが、全く泣かせないわけではないですよ。(念のため)

簡単に説明しますと、

「泣かせるねんねトレーニング」は決められたルールに赤ちゃんが合わせるという感じで、「泣かせないねんねトレーニング」は赤ちゃんの様子を見ながらルールを調整してくという感じです。

例えば、赤ちゃんを観察し続けると「眠たくなってきたら、あくびを2~3回する」とか「ぐずり始めるのは大体この時間」などが分かってきます。そのような事を観察・分析していきながら、いつも決まった時間に眠たくなるように一日のサイクルを整えてあげます。

ねんねトレーニングを始める時期

ねんねトレーニングを始める時期については「泣かせる」「泣かせない」に関わらず、赤ちゃんの生活のリズムが整ってくる生後6か月からがおススメです。

生後6か月頃の赤ちゃんの中には「夜泣き」が始まる子もいます。

あまり、月齢が大きくなってからねんねトレーニングを始めると、甘えたり、添い乳への執着が強くなるので、トレーニング自体が上手くいかないことがありますので、注意しましょう。

ねんねトレーニングの目的

ねんねトレーニングの目的は「ママと赤ちゃんの睡眠の質を高めること」です。

夜泣きや寝かしつけはママにとっては心身ともに疲れるもの。さらに夜中に何度も起こされ、抱っこや授乳では疲れた体にこたえます。

だから夜、赤ちゃんとママがグッスリと寝られたら、こんなイイ事はありませんよね。

ねんねトレーニングは赤ちゃんに負担を掛けて親がラクをするという目的の元で行うわけではないので、堂々と安心して行って下さいね。

泣かないねんねトレーニングのやり方

泣かないねんねトレーニングを行う上で大切にしたい基本的な事をまとめました。

規則正しい生活をする

規則正しい生活を送るために以下の時間を毎日同じくらいにしましょう。

  • 起床
  • 食事
  • 授乳
  • 昼寝
  • 入浴
  • 就寝

毎日同じ時間にすることで、朝と夜のリズムをカラダで覚えます。しかし、多少の変動はつきものです。あまり神経質にならずに生活のリズムを意識して過ごしましょう。

ねんねの儀式をする

ねんねの儀式のルール作りは人それぞれです。初めのルールはママが作ることになるでしょうが、自分の意思が出てくるようになったら、子供の意見も取り入れてあげましょう。子供も自分が決めたことなので、受け入れやすくなります。

入眠の儀式の例

  • 部屋を暗くする
  • ぬいぐるみのお友達と寝る
  • 絵本を読む
  • 子守唄を歌う
  • マッサージをしてあげる
  • 背中をトントンしてあげる

部屋が暗くて怖がるようであれば、ぬいぐるみのお友達がいてくれると心強いですね。

赤ちゃんが泣いて起きたらどうする?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

入眠の儀式を終えて眠りについた赤ちゃんが夜中に泣きながら目を覚ましたらママも戸惑いますよね。そんな時にはどうしたらよいのでしょうか?

ナント!赤ちゃんが泣いて起きたら、抱っこも授乳もOKなんです!(ここが、泣かせるねんねトレーニングとの違いなんですよ)

そして、抱っこや授乳で満たされると赤ちゃんはウトウトしてきます。このウトウトした時点で赤ちゃんを布団に置きます。

初めは布団に置かれた時点でやっぱり泣きだすと思います。

そうしたら再度、抱っこや授乳をします。そしてウトウトし始めたらまた布団に置きます。このようなことを何回も繰り返していくうちに、布団に置けば寝るようになり、起きる回数も減ってくるようですよ。

注意点

赤ちゃんが泣いて起きたら、抱っこも授乳もOKですが、そのまま抱っこや添い乳で寝かしつけるのはNGです。

添い乳に慣れてしまうと、やめる時も大変です。なるべくなら、小さいうちから口の中は空っぽの状態で寝る習慣をつけておくといいですね。

ねんねトレーニングの成功率は?

ねんねトレーニングの成功の速さを比べると、「泣かせるねんねトレーニング」の方が短期間で効果が出ると言われています。早い赤ちゃんで3日で成功した例もあります。

泣かせないねんねトレーニングは「泣かせない分」成功まで時間が長くかかります。以下のような日数をかけて子供達は朝までグッスリ眠れるようになったようです。

  • 10日で42%
  • 20日で53%
  • 60日で92%

ねんねトレーニングのメリット

ねんねトレーニングのメリットは色々あります。

  • 夜泣きが減った
  • 睡眠がしっかりとれるようになった
  • 夜中の授乳がなくなり、虫歯の予防
  • 昼夜の区別がついたことで、情緒が安定した
  • 赤ちゃんの自立を促す

ねんねトレーニングの注意点

ねんねトレーニングをすると赤ちゃんの成長に悪影響を与えるのではないか?サイレントベビーにならないか?母子関係に悪影響はないか?など心配な点も多くあります。

しかし、泣かせないねんねトレーニングは赤ちゃんが泣いたら、抱っこも授乳もOKです。サイレントベビーの原因になるような、泣いているのに何時間も放置しているわけではありません。

赤ちゃんの成長や母子関係への影響が心配ならば、日中にたくさん一緒に遊んだり、スキンシップをとってあげましょう。

まとめ

「ねんねトレーニングで泣かせない方法!ママ&ベビー朝までグッスリを目指そう!」というテーマでお伝えしました。

赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけには個人差があるので一発で正解を見つけることはできません。赤ちゃんを日頃からよく観察して分析するから少しずつ見つけていけるのだと思います。

ぜひ赤ちゃんとママがしっかりと寝られるように「泣かせないねんねトレーニング」を試してみて下さいね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 授乳, 新生児, 生後2か月