イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦

妊婦、寝方はどっち向き?苦しくないお勧めの寝方は左下か右下?

2016/06/23


c73b0900878ae473b28e767d8c5e9060_s

妊娠中は体の変化、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって眠りが浅くなったり、寝つきの悪さに悩まされている妊婦さんが大勢います。

睡眠は妊娠中のママと赤ちゃんの成長のためにも大切な時間です。

妊娠中におススメな寝方は横向きの姿勢で寝るのが良いと言われます。でも、左右どちらを下にした方がより良いのでしょうか?そこで今回は体の右側あるいは左側のどちらを下にして寝るのが良いのか、また妊娠中におすすめの寝方を紹介します。

< Sponsor Link>

左側か右側、どちらを下にして寝るのが良いのか?

aa09a02f1cd199fd924418fd5a7c32ab_s

動脈と静脈の関係により妊娠中は体の左側を下にして寝るといいとよく言われます。動脈と静脈は左右に並んでいて左側に大動脈、右側には大静脈があります。

静脈は動脈より弾力性がないため静脈のほうが動脈よりも圧迫されやすいです。

そのため妊婦さんが右側を下にして寝ると大きなお腹により 大静脈が圧迫されて血行が悪くなり、寝苦しさを感じたり、気分が悪くなってしまいます。また右側を下にして寝ると静脈のそばにあるリンパ管も圧迫されるためむくみや静脈瘤が生じる可能性があります。

常に左側を下にして寝るのは難しいですが、むくみやすい人は左側を下にして寝ると良いです。

おすすめの寝方

妊娠中におすすめの寝方のポイントは下記の3つです。

  • シムス体位
  • 抱き枕・クッション
  • 入浴

シムスの体位

シムスの体位とはイギリスの産婦人科医J・マリオン・シムズが19世紀に発案した姿勢です。

妊娠中期以後は赤ちゃんや羊水の重みにより血管が圧迫され、血液の流れが悪くなったり、低血圧、めまいなどが生じます。しかし、シムスの体位をとることで血液の循環が改善され、リラックスできます。

シムスの体位は妊娠7ヶ月ごろからがおすすめです。下記がシムスの体位の詳しい姿勢です。

シスム

  • 体の左側が下になるように横向きに寝る(お腹を圧迫しない程度にうつぶせに近い姿勢)
  • 左足をまっすぐ伸ばし、右足を前に出して膝を曲げる
  • 左側の手は少し後ろに曲げ、右手は前に出して曲げる

抱き枕・クッション

シムスの体位に加え、抱き枕やクッションを利用することでより快適な睡眠を得ることが出来ます。妊娠中の睡眠時に活用するだけでなく、授乳クッションとして利用が出来る抱き枕もあります。

寝つきが悪くて困っている方は自分の体にあった抱き枕を探してみてください。抱き枕は場所をとって邪魔になるから買いたくないという場合は、クッションや座布団を利用してみてください。クッションを体の下に敷いてたりするだけでも体が楽になります。

体がむくみやすい人はクッションなどを利用して足元を高くして寝るとむくみが緩和されます。

入浴

睡眠と入浴は深く関係しています。ぬるいお風呂は体をリラックスさせて副交感神経を優位にしますが、熱いお風呂は交感神経を優位にしてしまい思うように寝つくことができません。妊婦中は38~40度くらいのぬるま湯にゆっくりとつかるとリラックスできます。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

 

まとめ

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて寝苦しさを感じ、寝るだけでも一苦労です。

また、むくみや気分が悪くなる場合もあったりと、妊娠前では感じなかったことがたくさんあります。

そんなときは体の左側を下にして横向きに寝たり、シムスの体位で寝たり、抱き枕を利用してみてください。シムスの体位をとることで血液の流れが改善され、リラックスして眠ることが出来ると思います。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊婦