イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

夜泣き 子供 家族の健康 産後 運動 2歳

2歳で夜泣きがヒドイ!イヤイヤ期の夜泣きの解決法を教えちゃいます

2016/09/15


 

2歳の子育てといえば「魔の2歳」と呼ばれるくらい親には理解できないことばかりの連続です。日中のお世話だって大変なのに夜泣きまでされては親だって泣きたくなっちゃいます。

「夜泣きって赤ちゃんがするもの」と思ってしまいますが、実際には成長してからも夜泣きをする子供はいるんです。

中には4歳くらいまで夜泣きをする子供もいますから2歳で夜泣きがあっても不思議ではありません。

そこで、今回は2歳児の夜泣きについてまとめてみました。

< Sponsor Link>

夜泣きの原因

090997

子どもが夜に泣く理由は様々です。

生後まもない赤ちゃんは肉体的な不快が夜泣きの主な原因です。痛みやかゆみ、排泄など言葉にできないので泣いて知らせるのです。

しかし、生後4か月から4歳くらいまでの夜泣きの理由は別のところにあります。

その主な原因は、睡眠サイクルの不安定さと情緒制御不安定によるものといわれています。

睡眠サイクルの不安定さからくる夜泣き

睡眠サイクルの不安定さからくる夜泣きは、不安からくるものです。
子どもが夜に目覚めても昼夜の判断がつかない状態になっていることが多いです。
そのため辺りが真っ暗なことに驚き、親が近くにいないという恐怖から泣き出してしまうというわけです。

【関連記事】母子分離不安の2歳の原因と対処法とは?いつまでママから離れられないの?

 

情緒制御不安定からくる夜泣き

情緒制御不安定からくる夜泣きは環境や性格といったものが要因となります。
前頭葉の発達にともない、辺縁系からの刺激とのバランスが、その子どもの性格や環境の変化によって崩れたときに起こりやすいです。

バランスが変化すると辺縁系からの刺激が優位になってしまいます。そうすると、睡眠が浅くなってしまい夜泣きにつながってしまうのです。特に神経質な子や人の顔色をうかがう子、我慢をする子にこのタイプの夜泣きが多いようです。

💡【関連記事】
2歳の夜泣き!神経質な子に多い原因と解決法と優れている点はコレ!

そうでなくても、「引っ越し」・「下の子の出産や育児」・「他所に預けられた」・「怖い夢を見た」などによる環境の変化も関係しています。

子どもが夜泣きをする場合は、睡眠サイクルと情緒制御不安定のどちらかをまず考えてみるのがいいでしょう。

2歳の夜泣きの対処法

9d7f310a9d2bedfd53a17808078bae54_s

子どもの生活リズムが乱れていないかチェックしてみる

まずは子供の生活リズムが乱れていないかをチェックすることから始めましょう。

特に睡眠と目覚めの時間は規則正しくなるようにしましょう。夜寝る時間、朝起きる時間、また昼寝と起きる時間を決めてあげると子どもが夜に起きて泣き出すことが減ります。

とは言え、イヤイヤ期の2歳は一筋縄ではいきません。「寝るのがイヤ!」「起きるのがイヤ!」「パジャマがイヤ!」などなど・・・イヤイヤの連続。

言葉が増え、自我も芽生え、自分でやりたい気持ちも出てくる2歳。でも、やってみたらできなくて、かんしゃくを起こしてはママを困らせる。2歳はこの繰り返しです。でも安心して下さいね。これがいつまでも続くわけではありませんし、お子さんが立派に成長している証ですから。

だから、ぜひ親はできなかった所を突くのではなく、できた所を探す名人になってください。そして、褒めてあげることで、子供に喜びの経験をさせてあげて下さい。

【関連記事】2歳で絵本で絵本を見ないと悩んでいるママが変えるポイントとは?

日中は外で体を動かしてみる

夜によく起きる子どもは運動不足が関係しているかもしれません。

ですから、日中はできるだけ外で運動させてあげるようにしたいですね。適度な遊びや運動をすることで夜中に起きることがなくなることも多々あります。

同年齢の子供に興味・関心を持ち始める2歳はお友達と遊ぶことが大好きです。
親と遊ぶ時よりはるかに上回るエネルギーを使いますから正直疲れます。

「寝るのイヤ~」と言いながらも、まぶたが下がる重力には逆らえず、次の瞬間にグッスリ寝ているかもしれませんよ。

💡【関連記事】
夏の幼児の外遊びはどうする?ストレスを解消して夜もグッスリ寝る方法

子供への接し方を見直してみる

昼間我慢することが多かったり、甘えることができないといった状況が続いた場合には、グズグズと甘えるような泣き方をすることがあります。このような泣き方の場合は昼間の子どもへの接し方を見直す必要がありそうです。

子どもが甘えてきた時に相手をしてあげられなかったり、一人で遊ばせることが多かったり、子どもが泣いた時にだけ相手をしてあげたことが多ければ、このタイプの夜泣きかもしれません。

2歳は親が気づかない所で色んな思いを抱えていたりします。そんな時はいつもよりたくさん「ぎゅう~」っとハグしてあげて下さい。パパやママにハグされると、肌から温かさが伝わって、包まれて心地よく感じます。子供にとっては何とも言えない安心感で心も体も満たされるでしょう。

💡【関連記事】
子供を笑わせる簡単テクニック!クスッ笑い~ゲラゲラ笑いまで満載

夜驚症について

上記以外の夜泣きも存在します。その例のひとつに夜驚症が挙げられます。
この場合は通常では考えられないような大きな声で泣きます。

目が覚めたときに泣いたことを覚えていないこと・男の子に多いことも特徴のひとつです。

夜驚症は育て方や日中の接し方とは関係なく、症状が出ます。また特別な治療をする必要はなく、自然に良くなっていくものです。しかし、なかなか治まらなかったり、不安がある場合には1度医師に相談してみるのがいいでしょう。

💡【関連記事】
4歳の夜驚症!夜中に突然泣き叫ぶ原因と対処法は?夜泣きとの違いについて

まとめ

子どもの睡眠は大人と比べてはるかに重要なものです。寝ている間に成長ホルモンが通常の2倍ほど分泌されています。

またメラトニンと呼ばれる情緒を安定させるホルモンも分泌されており、睡眠は子どもの心身の成長に必要不可欠なものなんです。ですから、できる限り質のいい睡眠を子どもがとれるようにしてあげたいですよね。

そのため、夜泣きがなかなか終わらないときには、生活リズムなどの要因をもう一度見直してみる必要があるかもしれません。

また夜驚症などの普通の夜泣きとは違う場合もあるので、不安な場合は病院で診てもらい、アドバイスをもらうといいですね。

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-夜泣き, 子供, 家族の健康, 産後, 運動, 2歳