イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

便秘 免疫を高める 家族の健康

ぬか漬けで免疫アップ!1億個の植物性乳酸菌で腸内環境を改善

2016/05/26


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-CRI_IMG_5994500-thumb-1000xauto-5943

ぬか漬けというとNHK朝ドラ「ごちそうさん」で杏ちゃん演じる以子が漬けていた「今すぐにでも食べたくなってしまうような」ぬか漬けを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ぬか漬けは納豆やしょうゆと同じ、日本が世界に誇る発酵食品です。お婆ちゃんやお母さんのぬか漬けが今や美容健康に敏感な1人暮らしの女性にブームが広がっています。

< Sponsor Link>

日本の健康食であるぬか漬けが体の免疫をアップしてくれるワケとイマドキのぬけ漬けの作り方をご紹介します!

ぬか漬けで免疫力が高まるワケ

ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれています。なんと!1gに1億個以上の乳酸菌がいるのです。

乳酸菌は免疫細胞が約6割集まっている腸内の環境を整える働きをしてくれます。そのため、腸の免疫力がアップするのです。

この植物性乳酸菌が小腸に届くと腸内の免疫細胞が植物性乳酸菌を取り込んで活性化されて、インターフェロンβが放出されます。それにより、ウイルスの増殖も抑えられます。

また、腸内に多くの種類の乳酸菌がある人は糖尿病と肥満になりにくいといわれています。

植物性乳酸菌は酸に強く、胃で分解されずに腸まで届く優れた性質があります。驚くことに乳酸菌が多いといわれるヨーグルトより腸に届く数が多いのです。

ぬか漬けで栄養素の含有量がアップ

ビタミンB1は豚肉やきな粉に多く含まれていますが、他の食品にはあまり多く含まれていません。しかし、ぬか漬けにすることで、

キュウリは生で食べる時より5倍、大根は16倍になるといいます。特に、大根は栄養の吸収がよく、ビタミンB2が4倍、ビタミンB6が6倍カルシウムが2倍に増加します。

NHKあさイチ流ぬか床を作ろう!

27a12cc4ce6dc313e6904735a268449d_s

NHKあさイチでぬか漬けの作り方がやっていました。

簡単にできるあさイチ流の作り方でご紹介します。

ぬか床の材料

  • 米ぬか・・・250g
  • 塩・・・大さじ2
  • 水・・・350ml
  • 昆布・・・5センチ角
  • 鷹の爪・・・1本
  • 密閉袋(ジップロック等)
  • 蓋つきの密閉容器

ぬか床の作り方

  1. 水を沸かしたら、塩、昆布を入れてひと煮立ちさせる。
  2. 昆布を取り出し(捨てないでね)①を冷ます。冷めたら米ぬかを2~3回に分けて入れて混ぜる。
  3. 米ぬかが、味噌くらいの硬さになったら密閉袋に入れる。
  4. ②で取り出した昆布と鷹の爪を③のぬか床に入れる。
  5. この状態では乳酸菌はいないので、ぬか床にキャベツの葉やカブの葉などを入れて、4~5日ほど漬ける。
  6. ⑤の作業を毎回新しい野菜に代えて2~3回繰り返す。ぬかのにおい漏れ防止のために、蓋つきの密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管する。

野菜を入れてぬか漬けにしてみよう!

完成した自家製のぬか床に野菜を漬けてみましょう!

  1. ぬか床にお好みの野菜を入れる。キュウリなら1~2本、カブなら2~3個位漬けられます。
  2. 冷蔵庫に入れて2~3日ほど漬ける。漬かる早さは野菜の大きさや、ぬか床の乳酸菌の育ち具合によって変わってきます。
  3. ぬか床全体を袋のまま外側から内側にもみ込みます。タイミングは野菜を取り出すときや4~5日後です。

※乳酸菌を増やすためには野菜の皮を剥いたり、野菜に切り込みを入れてから漬けると効果的です。

ぬか床の悩みを解決しましょう!

もし、ぬか床がすっぱくなったら・・・

乳酸菌が増えすぎるとすっぱくなります。そんな時にはぬか床に卵の殻を入れてみましょう。目安としてはぬか床1kgに対して1個分の卵の殻を入れます。

卵の殻には雑菌が付いているので必ず煮沸殺菌をしてから使いましょう。

また、卵の殻の薄皮を剥いてからぬか床に入れると、卵の殻から炭酸カルシウムが効果的に働きよりすっぱさを改善してくれます。

悪臭がする

悪臭の原因は菌が増えすぎたため。シンナーやアンモニアに似たニオイがしたりします。この場合はぬか床の上下を入れ替えることで悪臭を改善することができます。

ただし、混ぜすぎてしまうと上下に入れ替わった菌が元に戻ってしまうことがあるので気をつけましょう。

ぬか漬けを好みの味にカスタマイズする

香りをプラスしたい場合はゆずの皮・みかんの皮・リンゴの皮など

うまみをプラスしたい場合は米麹・きな粉・かつお節など

すっぱさをプラスしたい場合はビール・パン粉などをお好みでぬか床に入れてオリジナルのぬか漬けを楽しんでみてください。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

ここまでぬか漬けが持つ身体の免疫を高める力NHKあさイチで放送されたぬか床作りをご紹介しました。ぬか漬けにすると生で野菜を食べるよりも栄養素を多く摂る事ができます。

乳酸菌も豊富で1gあたり1億個以上も含まれています。乳酸菌は免疫細胞が約6割集まっている腸内の環境を整える働きをしてくれます。そのため免疫力がアップすることがわかりました。

1日に食べる量はキュウリなら2切れ、大根なら1切れ人参なら1切れで十分です。少量を毎日食べることで免疫力をアップさせるのがコツです。

ただし、ぬか漬けは塩分が多いので高血圧や腎臓病などで塩分制限をされている方はかかりつけの医師にご相談されることをオススメします。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-便秘, 免疫を高める, 家族の健康