イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 赤ちゃんの病気

尿検査でケトン体が子供に出る原因とは?症状と治療法について

2016/10/22


 

子供が嘔吐を繰り返す病気はたくさんあります。

そして、ママも不安がいっぱいなので、すぐにでも嘔吐の原因を
知りたいですよね。

病院を受診して初めて嘔吐を伴う病気名が分かるので、受診は大切です。

今回は尿検査でケトン体が子供に出ていると言われた時の
原因・症状・治療法などをママ達が安心できるようにまとめました。

< Sponsor Link>

ケトン体とは

アセトン・アセト酢酸・β-ヒドロキシン酪酸を総称したもので、肝臓が脂肪を分解することによって作り出されるものです。

人間はブドウ糖(炭水化物)をエネルギーとして消費することで、脳を働かせたり、心臓を動かしたりして生きています。

しかし、食事ができずカラダが栄養不足な状態になると、脂肪を使って生命維持活動を行うようになります。

その結果、血中や尿に大量のケトン体が出る状態になります。

ケトン体が出る原因

 

ケトン体が出る主な原因は以下のようになります。

  • 風邪などの感染症で体が弱っている
  • 心身的なストレス
  • 遺伝的な要素(体質)
  • 疲れ
  • 早朝などの空腹時

風邪などの感染症で体が弱っている

子供は大人に比べてカラダが小さいので、嘔吐下痢症で吐いたり、風邪などで食事が食べられない状態が続くと、すぐにケトン体が増加します。

心身的なストレス・疲れ

感受性が強い子供達は環境が変わるような入園・入学・引越

緊張状態が続くような運動会や発表会などによって、ストレスと疲れが
溜まることがあります。

子供はストレスが溜まっている自覚がないことも多く、嘔吐を繰り返すなどの症状が表われて初めて気づくこともあります。

遺伝的な要素(体質)

パパやママに自家中毒の既往歴や片頭痛があると、その子供が自家中毒を発症する可能性が高くなると言われています。

早朝などの空腹時

血糖値が下がるとケトン体が出ることがあります。

大人の場合、血糖維持は6時間~12時間であるのに対して、
子供の場合、4時間~6時間が限度です。

ですから、朝起きた時の子供の体は低血糖状態といえ、ケトン体が増加していると考えられます。

低血糖にならないための工夫

  • 食事を炭水化物多め、脂肪分(牛乳など)を少なめにする
  • 空腹にならないように食事の回数を増やす
  • 食べられない時などはブドウ糖を早めにとる
  • 食事は抜かない
  • ストレスを溜めない生活をする

自家中毒について

 

病院で尿検査を行って、尿中にケトン体が含まれていると「陽性」となります。
ケトン体の尿検査は(+)~(+++)まであります。

ケトン体は自家中毒という病気と関係しています。
ケトン体は体内で脂肪を分解して糖を作る際に出ますが、
このケトン体が血中で増加し過ぎると、
嘔吐を繰り返すようになります。

嘔吐以外の症状

  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 顔色が悪い
  • 元気がない

代謝機能が未熟な子供がなりやすい

自家中毒は2歳~10歳くらいの間でみられ、発症のピークは5歳~6歳となり、就学を迎える頃には症状が出にくくなります。

自家中毒は特に男の子によくみられ、低出生体重児や新生児の時に何らかの異常があった場合や代謝が未熟な子供がなりやすいと言われています。

自家中毒の治療は?

 

自家中毒には特効薬がなく、対処療法となります。

嘔吐を繰り返すため、脱水症状が心配です。口から水分補給ができるようであればこまめに摂るようにして、自力で水分補給ができないようであれば病院で点滴となります。

自家中毒はケトン体の増加が原因なので、単に吐き気止めの薬を服用するだけでは完治しづらいです。

また、自家中毒は細胞中のサイクルを整えるエネルギーが不足しているので、それを増やすためにも糖分の補給は効果的です。

まとめ

「尿検査でケトン体が子供に出る原因とは?症状と治療法について」というテーマでお伝えしました。

子供の病気には嘔吐を伴うものがたくさんあり、嘔吐の原因が何かを
判断することはとても難しいことなのです。

そんな時には早めに病院を受診してみて下さい。子供の症状も早く回復して、ママも安心できると思いますよ。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 赤ちゃんの病気