イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

子供 家族の健康 産後

乳児湿疹でかゆい赤ちゃん!悪化させない対策はコレだった!

2016/06/23


94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

赤ちゃんは肌のバリア機能が弱くお肌のトラブルもよく見られます。そのため乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験するものなのです。

しかし赤ちゃんはまだ喋れないため、その対処も難しいですよね。だからこそ、悪化させないためにも対策は必要ですね。
そこで、今回は幼児湿疹の原因と対処法をまとめてみました。

< Sponsor Link>

乳児湿疹の原因

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

乳児湿疹にはいくつかの原因があります。
そのため、まずは赤ちゃんがどんな症状なのか観察することが重要です。
ここでは主な乳児湿疹とその原因を見ていきます。

新生児にきび

生後1週間から1か月の間に発症することが多いです。見た目は普通のにきびとあまり変わりません。

頬や額にできることが多いですが、時には顔全体ににきびができることもあります。

赤ちゃんの肌を清潔に保っておけば、数か月で治ります。新生児にきびは皮脂の分泌が原因です。生後間もない赤ちゃんはお母さんの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発な状態にあります。

そのため毛穴が皮脂でふさがれてしまい、新生児にきびができてしまうのです。

乳児脂漏性湿疹

この病気も赤ちゃんによく見られる病気です。特に生後4か月くらいまでの赤ちゃんに発症しやすいです。

主な症状は顔や頭に黄色っぽいかさぶたができ、フケがでるようになります。

普通ならば痒みは少ないですが、炎症を起こすと痒みが出たり、患部が赤く腫れあがったりといった症状が出現します。

こちらの病気も皮脂の分泌が関係しています。
他にも外部から受ける刺激や汚れによって炎症を起こして発症する場合や赤ちゃんがひっかいた場所から雑菌が入り発症、悪化することもあります。

あせも

暑くなるとよく見られるようになります。

あせもは首回りや背中、おしりといった蒸れやすい場所に湿疹ができるのが特徴です。白っぽい、または赤いぶつぶつができ、痒みをともないます。そのため赤ちゃんは肌をひっかいてしまうのですが、その際に黄色ブドウ球菌が別の場所にも感染してしまうので注意が必要です。

あせもは汗が原因で発症します。

汗が溜まりやすい場所は黄色ブドウ球菌が溜まりやすく、この菌が悪さをすることであせもになってしまいます。

赤ちゃんが体温が高く、汗が溜まりやすいので夏場は気をつけた方がいいでしょう。

アレルギー性の湿疹

これはアトピー性皮膚炎に代表される湿疹です。

痒みをともなう湿疹が、主に顔にでます。
アレルゲンを摂取した場合にのみ湿疹が表れますが、下痢や嘔吐、呼吸困難といった症状が出る場合もあります。

アトピー性皮膚炎であれば、何度も繰り返しあらわれるのが特徴です。アレルゲンが分からない場合はなるべく清潔に、そして刺激が少ないようにしてあげましょう。

生後1年を経過したころからアレルギー検査を受けることができるようになるので、そこでアレルゲンを特定し対策を立てるようにしましょう。

乳児性湿疹の対策

cfc2ecc26bd210c2f7fca2b27db16042_s

上記のように乳児性湿疹の原因はさまざまです。
しかし、その症状は体にできる湿疹とかゆみを伴うという共通点があります。
そのため赤ちゃんの肌に湿疹が出たら、まずはかゆみ対策をしてあげるのがいいでしょう。

気をつけたいのは入浴時

赤ちゃんは皮脂の分泌が多いので、石鹸かボディーソープで優しく洗ってあげることが効果的です。このときにゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、優しく泡で洗うイメージを持ってください。

湿疹がひどいからといって1日に何度もお風呂で洗ってあげると、必要な皮脂まで落としてしまい肌のバリア機能が低下して逆効果になってしまうので注意してください。

赤ちゃんの爪をこまめに切ってあげましょう

ひっかきすぎると傷ができるだけでなく、細菌に感染したりと治りが遅くなるどころか別の病気を併発してしまう恐れがあります。

そのため、爪が伸びすぎないようにしましょう。

寝具など赤ちゃんの身の回りの物にも気を使いたいですね

特に肌が触れるものはこまめに洗い、清潔な状態を保つようにしましょう。
新しく服などを買うときには刺激が少ないものを選らんで購入するように心がけましょう。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

赤ちゃんは喋ることができません。そのため知らず知らずのうちに症状が悪化していたなんてこともあるのが、恐ろしいところです。そのため、日頃から赤ちゃんの様子をよく見るようにしてあげてください。

初期の状態であれば。正しい処置で改善させることが可能です。

赤ちゃんの年齢や季節によって発症する湿疹には種類がいくつかあります。素人目には判断できない場合が多いので、自分で判断せずに病院を受診しましょう。

そのほうが適切な処置がなされ、それだけ回復が早くなります。
多くの赤ちゃんが乳児性湿疹を発症するので、他人事と思わずにその予防法を知っておくことが大切です。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-子供, 家族の健康, 産後