イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 子供 家族の健康

おたふく風邪で微熱が続く!長引くと難聴・髄膜炎など合併症がコワイ

2016/06/23


0f10090f2788d3da867fd274a5860a44_s

子供って元気はあるけど微熱が続いたりすることが多いですよね?その度に親は「何の病気なの?」って心配になります。

子どもがかかる病気として有名なおたふく風邪もそのうちの1つです。高熱のイメージが強いおたふく風邪ですが症状は人によって多少違いがあるようです。

そして、この病気は大人になってからも感染する可能性があるんです!

予防接種の効果も含めて、おたふく風邪について正しい知識を持つために以下にまとめてみました。

< Sponsor Link>

おたふく風邪って?

93f597deac41f977cc1481c74e7fb6a4_s

正式には流行性耳下腺炎といい、ムンプスウイルスに感染することで発症します。

潜伏期間は長く、だいたい2‐3週間ほどたってから症状があらわれます。
くしゃみや咳による空気感染や接触感染によってうつるため、幼稚園や小学校で流行しやすい病気なんです。

熱・痛み・腫れなどの症状は?

耳の下、頬の後ろ、あごの下の腫れが特徴的です。
普通はどちらか片方の腫れから始まり、2日ほどで両側が腫れてきます。
おたふく風邪にかかった最初の1‐3日間は腫れている場所が痛みます。

ひどいときには食べ物を噛めない、または飲み込めないという症状が出るので注意が必要です。

また熱に関しては高熱の場合もあれば、微熱が続くこともあったり、熱が全く出ないこともあります。この発熱に伴って、頭痛や腹痛が起こることもあります。

これらの症状が出てから4日から長くても1週間もすると治るといわれています。

まれに症状が重篤化する場合があります

その際には難聴、髄膜炎、卵巣炎・睾丸炎、甲状腺炎、腎炎、肝炎、溶血性貧血などの合併症を発症することがあります。

❤【関連記事】難聴の子供の原因について。難聴と遺伝の関係と遺伝以外の原因とは?

❤【関連記事】髄膜炎って大丈夫なの?首の後ろが硬い・曲げづらいが発症のサイン!

ですから、おたふく風邪にかかった場合はちゃんと医師にかかるようにしましょう。

現在はおたふく風邪専用の薬は開発されていませんが、熱や炎症を抑えてくれる薬を処方してもらえます。
微熱がなかなか下がらないときには、病院に行って薬をもらいましょう。

子どものおたふく風邪

おたふく風邪は一般的に子どもがかかりやすいので、その予防をしておくのが効果的です。

特に小学校に入学する前までに予防接種をしておくと安心です。

そうすることで、大人になってからおたふく風邪を患い重症化するリスクも軽減できます。

この予防接種による予防効果は90%といわれているので、安心できますね。
また予防接種をしておくと、おたふく風邪にかかっても軽症で済むこともわかっています。

おたふく風邪にかかると出席停止になります

登校する前にちゃんと治ったことを確かめることが必要です。

また腫れが見られてから5日間は経過していないと登校してはいけないという決まりもあるので、1度確認したほうがいいでしょう。

大人のおたふく風邪

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

大人になっておたふく風邪にかかると、重症化しやすいという危険性があります。
特に今までおたふく風邪にかかったことがない人や予防接種をしていない人は注意が必要ですね。

このような人たちは高熱になりやすく、合併症が出やすいのです。

必ずしも重症化することはありませんが、少しでもリスクは減らしておきたいですよね。ですから、不安な人は予防接種をしておくといいでしょう。

何度もおたふく風邪にかかることはある?

おたふく風邪は普通は1度だけしかかからない病気です。
しかし、中には、「何度もおたふく風邪になった」と感じる人がいます。

その際には反復性耳下腺炎の疑いがあります。

症状はおたふく風邪に似ていますが、全くの別物です。
これは「コクサッキーウイルス」や「サイトメガロウイルス」と呼ばれるウイルスによるものです。

おたふく風邪と区別するためには血液検査をするしかありません。
ですから、何度もおたふく風邪に似た症状が出る人は、1度病院に行ってちゃんと診断してもらった方がいいでしょう。

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

おたふく風邪は誰もが1度は通る道といっても過言ではありません。

だからといって油断していると、重症化したり合併症を引き起こしてしまう危険性があるので注意が必要です。
また子どもの頃におたふく風邪にかからなかった人は大人になってからかかる恐れがあることを理解しておきましょう。

その際には症状が重くなる場合があるので、予防接種を受けるなどの対策が効果的です。
たかがおたふく風邪と考えずに、正しい知識を持っておくことが大切ですね。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 子供, 家族の健康