イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学生 妊婦 子供 家族の健康

親知らずの抜歯!絶対に抜歯すべき場合と、しなくて良い場合はコレ


accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s

歯の生え変わりは通常子どものときに終わります。

しかし、親知らずだけは例外で20歳前後で生えてきます。その際、非常に激しい痛みを伴うこともあり、その痛みから日常生活に支障をきたすこともあります。

そんな痛みからの解放と言うと「抜歯」を考えますよね。

そこで、今回は親知らずの抜歯についてまとめてみました。

< Sponsor Link>

親知らずを抜歯した方がいい理由

200cf7d2c26b972cb0d7dbcfac46e1f4_s

歯周病・虫歯・炎症などのトラブルになりやすい

親知らずは生え方によっては真っ直ぐではなく、斜めになっていたり、真横になっていたりする場合があります。

そのような生え方をした場合には、親知らずを歯磨きで清潔に保つことが非常に困難になってしまいます。親知らずだけならまだしも、隣の健康な歯までも歯周病や虫歯なってしまう可能性が高くなります。

また、歯垢が溜まりやすい場所でもあるため、歯茎が炎症を起こしやすくなってしまいます。

そのため親知らずがきれいに生えていない場合は抜歯してしまった方がいいとされています。

痛みの原因になる

親知らずが痛みの原因となっているときも抜歯が推奨されます。

親知らずが斜めや真横に生え、手前にある歯を強く押してしまっている場合や親知らずと噛み合う歯がない場合には、歯茎や頬の内側に食い込んでしまい痛みを発生させてしまいます。

他にも親知らずと手前の歯との間に食べ物が挟まってしまった場合にも痛みが生じてしまいます。これらの場合に該当すれば抜歯を考えた方がいいようです。

歯並びが悪くなる

上記のパターンは自分で判断することができますが、1部素人が抜歯をすべきか分からないものもあります。

たとえば、親知らずは骨の中に埋まっているものの、レントゲンを撮ることで問題が見つかる場合や親知らずが歯並びを悪くする可能性があるなどです。

抜歯をしなくても良い場合

💡逆に抜歯をしなくてもいい場合は、以下のようなものが挙げられます。

  • 歯磨きがちゃんとできる
  • 骨の中に完全に埋まっていてレントゲンを撮っても問題がない
  • 歯並びなどに影響しない

どちらにせよ、1度歯医者に行って医師と親知らずについて相談した方がよさそうです。

いつ親知らずを抜歯する?

1ec23cf45d0daa7512027b368900307c_s

親知らずを抜くのであれば、できるだけ早い時期がいいでしょう。
理想的なのは20歳前後だとされています。

💡その理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 虫歯や歯周病になってからでは遅い
  • 若いほうが親知らずを抜いた後の回復が早い
  • 抜くのが遅くなってしまうと親知らずが骨とくっついてしまう

特に女性は妊娠すると口の中の環境は大きく変わってしまいますし、妊娠中は抜歯で使う薬が使えなくなってしまうということもあり得ます。ですから、妊娠を考えている場合は早めの抜歯がおススメです😊

親知らずを抜くのには医師の腕前にもよりますが、1時間もかからずに終わることがほとんどです。

ところで、親知らずの抜歯は「手術」の扱いになるってご存知でしたか?「手術」なので、「同意書」にサインが必要になります。

手術費用も高くなく、トータルで1本あたり5000円前後といったところでしょうか。

私は大学病院の口腔外科で4本の親知らずを抜歯した経験があります。1回の手術で2本抜歯したので、計2回行いました。開業医の歯医者さんで親知らずを抜歯して術後が悪い人達が私の周りには多かったので、私は大学病院を選んだのですが、抜歯の痛みもなく、術後も痛みや腫れを伴うことなく無事に終えることができたので本当に抜歯をして良かったと思います。

なので、親知らずは早めに調べて、必要があれば抜歯して、親知らずがウズクあの痛みから解放された方がいいですよ😊

抜歯後に気をつけること

親知らずを抜歯したあとにいくつか気をつけるべきことがあります。

☑抜歯後はガーゼをしっかりと噛み、出血を抑えるようにしましょう。
親知らずがあった場所は血の蓋がふさいでくれます。
なので、この蓋がうがいなどではずれないように気をつけましょう。

☑手術当日は飲酒や運動、熱めのお風呂など血行が良くなりすぎることは避けるようにした方が無難です。

☑傷口に食べかすが入ってしまうことがありますが、このときに無理に取ろうとしないでください。傷が治るまでは、しばらくの辛抱です。

☑薬の服用は医師の指示にちゃんと従ってください。途中で止めたりすると弊害が出てしまうこともあるようです。

まとめ

親知らずが生えてくると、多くの場合は抜歯という選択肢が取られることが多いようです。また、親知らずの抜歯は若いうちが推奨されているので早めに歯科に行った方がいいでしょう。

自分では大丈夫と思っていてもレントゲンを撮ったら問題が見つかったというケースもあります。なので、自分で判断することは避けるようにした方がいいようです。

最近では、親知らずの抜歯は簡単な手術で終わります。なので、あまり心配せずに気軽に口腔外科を受診してみましょう😊

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-中学生, 妊婦, 子供, 家族の健康