イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 子供 家族の健康

プール熱って治癒証明は必要?それって、有料なの?無料なの?

2016/05/30


4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

子どもに多く発症するプール熱。
この病気は非常に感染力が高いため、学校感染症に指定されています。
そのため、この病気にかかった場合はちゃんと治ったことを証明する「治癒証明書」を学校や幼稚園に提出する必要があります。

でも、治癒証明証を病院で書いてもらう場合は有料、無料どっちなんでしょう?また、プール熱にかかった場合、どのように対処すれば良いのかもまとめました。

< Sponsor Link>

治癒証明書は有料?無料?

5a5a52a0153741e640034c958fd8739a_s

結論から言いますと、厚生労働省の指導により「医師の証明は有料」とされています。病院によっては治癒証明書を無料で書いてくれる所もあるようですが、これはその医師のご厚意によるもの。

治癒証明書に「医師のハンコを押さなければ無料です!」という病院があったり、有料の場合は300円だったり500円だったりと、料金もマチマチ。

しょっちゅう治癒証明を書いてもらっているわけではないので、親も混乱しますよね!

近所の病院でどこが無料の病院でどこが有料の病院なのか分かると、いざという時に、病院とモメなくていいな・・・と個人的に思ってしまいます^^

プール熱とは?

正式名称は咽頭結膜炎といいます。

潜伏期間は5‐7日程度で、発症すると突然の高熱と喉と目の炎症とがあらわれます。特に喉と目の痛みがひどく、多くの場合は3‐5日間痛み続けます。

また併発して頭痛、吐き気、腹痛、下痢などの症状が見られることもあります。
現在、効果的な治療法はなく、対処療法的に治癒するのを待つしかないようです。
感染経路は様々で鼻水やくしゃみによって感染することが多いですが、その他にもプールや便からの感染も起こりえます。

また治療後もウイルスが体から排出されます。喉からは1‐2週間、便からは1か月ほどウイルスが排出されるので油断は禁物です。

1度プール熱にかかったら、免疫ができますが、原因菌である「アデノウイルス」は約50種類存在することが確認されているため、何度かプール熱にかかってしまうことがあるようです。

そのため1度経験したから大丈夫と考えずに、気をつけるようにしましょう。

衝撃!プールの後は目を洗う!は逆効果だった

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

「プールの後はよく目を洗いましょう!」と私も教えてきたのでびっくりしました。最新の研究ではプールの後に水道水で目を洗うことで逆に目を痛めてしまい、細菌やウイルスに感染しやすくなるといいます。

今では多くの眼科医もこのように患者さんに伝えているそうですよ^^

子どもがプール熱にかかったら治癒証明が必要

お子さんがプール熱だと診断されたら、決められた基準を満たすまで登校することはできません。

なぜなら、プール熱は学校保健法で第二種伝染病と定めれているからです。

これはインフルエンザやおたふくかぜと同じ扱いになっています。もしも、完治しないまま登校すると、他の児童にまで病気を伝染させてしまう可能性があります。
そのためお子さんに兄弟、姉妹がいる場合にはプール熱がうつらないように配慮が必要ですね。

病気が治ってからも注意が必要です。

先にも書きましたが、プール熱は非常に感染力が強力で、なおかつ病気が治癒した後にもウイルスは排出されています。

そのため「主要な症状が消退した後2日間を経過するまで」出席停止が決められています。再登校するためには「治癒証明書」が必要になります。

この書式は学校や幼稚園でもらうことができ、それをかかりつけの医者に持っていきサインしてもらいます。また保護者がサインする場合もあるようですが、それは学校や幼稚園ごとに違うので1度確認しておいた方がいいでしょう。

医者が登校しても大丈夫と判断するまでは、学校など人ごみの中に行くことは避けた方がいいですね。

また喉の痛みがひどくなるため、食事を嫌がるようになる可能性があります。

十分な栄養を摂らなければ、余計に病気の期間が長引いてしまうため、食事にも気を使ってあげましょう。オススメなのは喉への刺激が少なく食べやすい、ヨーグルトやゼリーといった食品です。

また下痢の症状が併発している場合には、脱水症状にならないようにこまめに水分補給もさせてあげてください。

まとめ

お子さんが突然プール熱を発症すると、慣れない対応に追われ大変なことと思います。そのため保育園や幼稚園や学校からの情報には目を配り、プール熱などが流行していると分かれば手洗い、うがいを徹底するようにしましょう。

またプールの授業が始まっていれば、水泳前のシャワーと水泳後の手洗い、うがいをしっかりする必要があります。この際にプールから上がったときに目を洗うのは逆効果だということを覚えておきましょう。

手洗い、うがいだけでは不安な場合は、消毒用のエタノールや次亜塩素酸ナトリウムが有効であることがわかっているので、外出先から帰ってきたときなどに使うといいでしょう。

基本的には子どもがかかる病気ですが、まれに免疫のない大人でも発症することがあるので注意が必要ですね。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 子供, 家族の健康