イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

ノロウイルス 中学受験 免疫を高める 子供 家族の健康

ラクトフェリンでノロウイルスを予防しよう!簡単に摂れる方法とは?


1d851796bb08108966b9c1eb11a70a82_s

これから寒くなっていくとノロウイルスが流行し始めますが、いまだに有効な予防薬がないのが現実なんです。

しかし、朗報です😊

最近の研究で母乳などに含まれるラクトフェリンがノロウイルスの予防に効果を発揮するということがわかってきました。

そこで、ノロウイルスを予防するためにラクトフェリンについて調べてみました😊

< Sponsor Link>

ラクトフェリンとは

d75e213a7f4d8616ea833382eb331a71_s

ラクトフェリンは母乳を始めとした乳成分に含まれているタンパク質の一種です。もちろん牛乳にも含まれていますが、含有量でいうと人間の母乳の方がはるかに多いようです。

母乳だけでなく、涙や唾液などに含まれるなど人間の体にとって重要な成分なんです。

と結びつきやすいという特徴を持っており、鉄分の吸収を調整するなどの役割があります。

他にも腸内のビフィズス菌を増やしたり、抗炎症作用、脂質代謝改善作用などの働きもあるんです。主に腸内でラクトフェリンは働き、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすことで、免疫力を高める効果が期待できます。

産まれたての赤ちゃんに初乳を飲ませると良いといいますが、これはラクトフェリンの働きによって赤ちゃんの免疫力がアップすることも無関係ではないんです。

このように、ラクトフェリンは健康な体を維持するために必要な成分だといえるでしょう。

ノロウイルス予防の効果

ノロウイルスは1度体内に入ってくると、どんどんその数を増やしていきます。
ノロウイルスは主に小腸や十二指腸で増えます。
その数を増やすと腸内の表面にある細胞に侵入して、腸内の水分や塩分を調節している機能を乱してしまうんです。
その結果、下痢や腹痛といった症状が引き起こされるというわけです。

そのため、ノロウイルスが悪さをするのを防ぐためには、腸内で侵入を防ぐ必要があります。ラクトフェリンはこのようなノロウイルスの活動を抑えることができるんです。

腸内に入ったラクトフェリンは表面の細胞にくっつき、ウイルスが細胞に侵入しようとするのを食い止めてくれます。

また、ラクトフェリンが胃の中で変化するラクトフェリシンという物質が直接ノロウイルスにくっつくことで、ノロウイルスが細胞に侵入することを防いでくれます。
さらに、ラクトフェリンは体の免疫力を向上させる作用もあります。

なので、ノロウイルスが引き起こす胃腸炎やその他の症状を緩和させる働きもあるとされています。

このように、発症した際はもちろん、ノロウイルスの発症リスクも軽減するというデータも出ているようです。ノロウイルス以外のウイルスにも効果的とされており、現在ではそれらの研究も進められてるんです。

ラクトフェリンの摂取方法は?

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

ラクトフェリンは牛乳などの乳製品に含まれてます。
しかし、加熱処理されていまうと死滅してしまうので注意が必要になります。

チーズからラクトフェリンを摂取しようと考えた際には、プロセスチーズなどの加熱されたものではなく、ゴーダチーズやカマンベールチーズなどのナチュラルチーズを選ぶようにしましょう。

しかし、チーズは塩分量も高く毎日食べるのは大変な食材です。

そこで、オススメなのがラクトフェリンヨーグルトという商品です。
森永乳業から発売されているこちらの商品は、ラクトフェリンを摂取するということに焦点を当てて作られたものなので、効率的にラクトフェリンを摂ることができます。
値段も手ごろなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ノロウイルスの予防は大変ですよね。
効果的なワクチンや薬ができていない以上、感染しないように予防に努めるしかありません。

日々の手洗い・うがいなどは大切ですが、それだけでは防ぎきれないときもあります。

そのようなときのために、体内からノロウイルスを予防することも重要なんです。
その場合に効果的なのがラクトフェリンです。

乳製品から摂取するのは大変なので、ラクトフェリンヨーグルトを購入してみてはいかがでしょうか。

これからウイルス性の感染症が流行する季節になります。
それに備えて、今のうちから体の内側の状態を健康に保っておくことも予防に際して大切なんです。

< Sponsor Link>