イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦 産後 運動

産後の入浴後に漏れる!膣にお湯が入る原因と対策方法はコレ!

2016/06/23


94d034991b2bf8fbe728886c2cef2ecd_s

出産を経験すると女性の体には様々な変化が起こり、今までには見られなかった変化に戸惑ってしまう人も多いようです。

その戸惑う変化の一つに産後にお風呂に入ると膣にお湯が入ってしまい、「漏れ」を感じるということがあります。

この様な場合、どの様にしたら良いのか産後の膣漏れについてまとめました😊

< Sponsor Link>

なぜ、入浴後に濡れてしまうのか

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

出産後に入浴すると、膣にお湯が入ってしまうという悩みを持っている人は意外と多くいます。

お風呂から上がるとお湯が出てきて、せっかく着替えたのに下着が濡れてしまうということもあります。このような経験をすると、「産後膣が以前より大きくなったのでは?」と考えてしまいますよね。

このようなことが起こ原因は何なんでしょうか?

原因は何?

出産する前の膣の内径は2-3cmといわれていますが、出産中は9-10cmまで大きくなります。

そのため、膣が以前より伸びたことが原因のように思えますが、違うんです。

また、会陰切開を経験した人はそれが原因ではないかと考えているかもしれませんが、そうでもないんです。

膣はもともと収縮しやすいですし、会陰切開をしたことも関係ありません。

💡実は、膣はまったく関係なく骨盤にその原因があったんです。

妊娠中は骨盤が広がります。そして出産後、3-4か月ほどの時間をかけて少しずつ縮んでいき、元の位置に戻っていきます。
しかし、妊娠前から骨盤に歪みがあった人や妊娠中に骨盤が歪んでしまった人は、骨盤が正常な位置へと戻らなくなってしまうんです。

この骨盤の歪みが膣漏れの原因です。

膣漏れの予防のためにも、妊娠前から日々の姿勢には気をつけるようにしましょう。猫背や足を組んで座る癖がついていると、骨盤が歪んでしまう原因になってしまいます。
また、日ごろから内股になっている人も注意が必要なんです。

骨盤を元の位置に治すためには

ebe9c014bbf90ee01be78ba00a6cc5ff_s

産後の骨盤矯正は、産後2-6か月までに行うのが効果的だといわれています。

しかし、産後すぐに無理をするのはよくありません。
産後6か月経つと骨盤が矯正しにくくなってしまうので、それまでに骨盤矯正を行うようにするといいでしょう。特に4か月の時点が1番矯正しやすい時期だとされているので、それまでに行いたいですね。

骨盤スクワット

骨盤矯正のひとつに骨盤スクワットがあります☝
やり方は簡単で1日1回、3分間でできるのでオススメですよ😊

  1. まずは足を肩幅まで開いて、つま先を開ける最大まで外側に向くように開きます。
  2. その後、45秒かけて腰を落とせるところまで落とします。
    このときに無理はしないようにしましょう。
  3. それから15秒かけて、元の位置まで腰を戻すようにします。
  4. 次は、つま先をできるだけ内側に向けます
  5. そこから45秒かけて、腰を落とせるところまで落すようにします。
  6. また15秒かけて、元の姿勢に戻します。
  7. つま先はそのままにして、上半身をできるだけ前に倒すような姿勢になり、約15秒間その姿勢を保つようにします。
  8. その後、ゆっくりと姿勢を戻します。

これが骨盤スクワットのやり方です。

骨盤底筋体操

別の体操で骨盤底筋体操というものもあります。

  1. あお向けに寝転んで、脚を肩幅に開いた状態で膝を立てます。
  2. そのまま身体の力を抜き、肛門と膣を締めた状態を5秒間ほどキープします。
  3. その後、ゆっくりと肛門と膣をゆるめます。

この動きを繰り返すようにすると骨盤の引き締める効果があるのでオススメですよ。

💡この体操のポイントは全身の力を抜いて行うことです。
慣れてきたら、寝ながらだけでなく座りながらや立ちながらでもできるようになるので、どこでもできるようになります😊

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

産後のトラブルのひとつに膣に関するものがあります。
入浴後にお湯が入るといった問題は膣が大きくなったためと考えられがちですが、その原因は骨盤の方にあったんです。

なので、膣漏れが気になる人は骨盤スクワットや骨盤底筋体操を行って骨盤の歪みを矯正すると入浴後の漏れが改善されます。

しかし、何もせずそのまま放置しておくと、子宮脱や内臓下垂にもつながってしまうことがあります。なので、放っておかずに「ちょっとでも、おかしいな?」と思ったら、ちゃんとセルフケアをすることが大切なんです😊

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-妊婦, 産後, 運動