保育士

主婦、保育士になる!


水面

結婚して主婦になり16年。子供ができて母になり14年。そして、保育士になり1年。

私が保育士になった理由はというと、「子どもが大好き!」「自分の子育てで経験したことを活かしたい!」「子ども達の未来のために役に立ちたい!」などという立派なものではない。

私の手に負えなくなった子供との距離をおくためと毎日家にやって来る義理父と会いたくないという理由から。

そんな不純な理由から仕事に出ることを決意。選んだ仕事は元々持っていた保育士。
私は40歳。今から新しいことを始めるのには気力がない。…というより、30代は自分探しと称し新しいことにばかり目がいき
やっては失敗し、やっては失敗しの連続だった。だから、もうそろそろ夢より現実を見るべきだと40歳になって悟ったのだった。

「ないものばかりを追い求めるのではなく、あるものに目を向けてみる」

私の中にあるもの?=保育士免許

正直、やりたくない仕事だった。けれど、子供や保育そのものは好きだった。子どもや保護者うけも良かった。
でも、朝が早い、夜が遅い、定時にはあがれない、体力が心配など、家庭を持つ主婦にとって保育を仕事にすることは
家庭を顧みないことに直結する。

でも、選んでしまった。保育の仕事を!

結果的には1年間やってこられた。決めたらなるようになるし、頑張ってたら助けてくれる人が自然と増えた。
子供との距離も程よく、子供も子供で私からの監視から逃れられ、毎日楽しくやっているし、義理父と毎日顔を合わせなくなり、久しぶりに会うと優しく接しられるようになり、関係は以前より良好になった。

仕事は大変極まりないけれど、自分のクラスの子供はカワイイ!自分のやったことで子どもが大笑いするとメチャクチャ嬉しい!
なんだかんだ言って、保育士合ってるんだと思う。

これからは、保育士サイコー!って堂々と胸を張って言おう!

潜在保育士が全国に約70万人いると言われているけれど、主婦でも40歳からでも保育士やれるよ~とつぶやこうと思います。

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-保育士