保育士 未分類

主婦が保育士になって直面する問題!家庭との両立はどうする?


主婦が保育士になって直面する問題が家庭との両立。保育士の仕事は早番や遅番があります。早番は朝7時から子供が登園してくるので、それまでに開園できる準備をするために、出勤はもっと早くなります。遅番は夜8時までの勤務です。そうすると、夫や子供より早く家を出たり、遅く帰ってきたりの生活になります。正直、家庭との両立は難しいです。

< Sponsor Link>

夫の協力

我が家の場合、夫の協力があってナントカ家のことが回っています。

…というか、家事はほとんど夫任せなのです。

我が家の家事分担はこんな感じです。

3時半~4時に夫が起床。夫が朝食の準備。洗濯機を回す。

5時前に私が起床。夫、娘、私分のお弁当作り。

その間に夫は娘を起こし、その後娘と夫は朝食を食べる。

5時半頃私は朝食を食べる。その間夫は洗濯物を干し、お風呂掃除。

6時過ぎに夫は娘を駅まで送りそのまま出勤。

我が家の朝はこんな感じです。

そうなんです。私は家族のお弁当作り以外は夫にお任せなのです。

友だちに話すと、羨ましがられます。

でも、任せっきりの自分が嫌で受け入れられない事もあります。

だって、夫も同じように仕事をしている。私とは違い管理職でかなり忙しい。

一方、私は平の保育士で、収入だって夫のようにはない。それにもかかわらず家事もできない。

保育の仕事を始めてから、家庭との両立という問題に直面して自分の出来なささにも直面してしまった。

仕事もさほどできるわけでもなく、家事もできない私は自己嫌悪に陥ってイライラしっぱなし。

ハッキリ言って自分でも厄介な性格だな~っと思う。

そんな私に夫は言う。

「家事は分担じゃなくてできる人がやればいい」

「俺は好きでやってる」

夫の言葉がありがたい。そして、夫の優しさを素直に受け取れない自分が情けない。

仕事と家庭の両立って難しいね。そして難しくさせているのはその時々の自分の感情であって、

物事がうまくいっている時には素直に感謝できるんだけれど、仕事でミスったり、上手くいかないことがあったり

事務仕事が溜まっていたりすると、途端に感謝の気持ちが遠のいていく。

わがままな保育士。でも、今日は素直に「ありがとう!」って言おうっと。

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-保育士, 未分類