イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

妊婦 家族のおでかけ 家族のお金 家族の健康 転職

週休2日が羨ましいのは本当なのか?間違わない仕事の選び方!


dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

仕事を選ぶ時の条件は何ですか?

週休2日、仕事内容、安定性、将来性・・・。人それぞれ仕事を選ぶ時の基準は違うはずなのに、他人の仕事と自分の仕事を比べてしまい羨ましいと思うことがあります。

また、人からは羨ましいと思われる週休2日の仕事でも本人は満足していなかったりということも少なくありません。実はみんな自分の仕事選びの基準が良く分かっていないのです。

そこで今回は仕事を選ぶ時の基準の求め方をまとめてみました。

< Sponsor Link>

週休2日は羨ましい?週休2日制と完全週休2日制の違い

仕事を探す上でお休みがどれくらいとれるのかはとても重要です。なぜなら、働きづめでお休みが取れないようであれば、ココロとカラダが悲鳴をあげ、いつか壊れてしまうからです。そうなると仕事どころではなくなるでしょう。

募集要項のお休みについて書かれている欄に「週休2日制」と「完全週休2日制」という表記を見たことはありますか?

これは同じように見えますが、内容はまったく同じではないので要注意です!

週休2日制とは?

1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上あるという意味で、必ずしも毎週2日の休みがあるというわけではありません。週2日の休みが1か月の中で1回あれば残りの週の休みは週1日ということもあるので要チェックです。

完全週休2日制とは?

毎週、2日の休みがあるという意味です。しかし、募集要項に「土日休み」と明記されていなければカレンダー通りの土日が休みと言うわけはありません。シフトによって2日の休みの取り方が変わってきますのでここも要チェックし、面接などでお休みの取り方を確認しておきましょう。

週休2日で選ぶ?仕事内容で選ぶ?

イメージしてみて下さい。

あなたは2つの仕事で内定をもらいました。しかし、あなたは以下の点で悩んでいます。

  1. 完全週休2日制、土日祝日は休み。仕事内容は事務で「自分のやりたいこと」「好きなこと」というわけではなく、仕事に対してやりがいを感じられるのか心配。残業が多い。
  2. 土日は原則出勤。休みは水曜日と残り1日の休みはシフト制で取ることができる。土日が出勤だと家族や恋人と過ごす時間が減ってしまうのが心配。仕事内容は接客業。接客業のバイトをしていた為、仕事に対してのイメージがしやすい。

2つの仕事のうち、あなたはどちらか1つを選ばなければいけません。さて、あなたならどちらの仕事を選びますか?

完全週休2日、土日祝日休みを選ぶ

仕事の休みが土日祝日と決まっている場合はお出かけの予定も立てやすく、「あと〇日働いたら休みだぁ!」とモチベーションも保ちやすいようです。

社会に出て働くということは男女関係なく疲労やストレスが当然ながら溜まります。しかし、たとえ平日に残業が多くても、土日祝日に必ず休みがあるということは仕事を続けていく上で精神的な支えになります。

また、連続して休みがあると旅行に行くこともできたり、1日は家でゴロゴロして過ごして、1日はお出かけすることもできます。

連続して休みが取れると「頭から仕事が離れない」とか「休んだ気になれない」ということも少なくなるでしょう。

つまり、精神的な充実度が格段に違うようです。

仕事内容で選ぶ

土日が原則出勤でも仕事内容で選んだ場合、家族や恋人と過ごす時間が少なくなり、ツラく感じることがあるかもしれません。

しかし、仕事にやりがいを感じたりキャリアアップを目指すことができます。

土日休みの家族や恋人と一緒に過ごす時間は減るかもしれませんが、長い目で見れば人間関係もプライベートも変化するものです。もし、子供が巣立ったら?恋人と別れたら?新恋人が土日休みじゃなかったとしたら?

また、平日休みはどこに出かけても混んでいなくてラクという意見もあります。

仕事内容以外の理由で仕事を選んで、その理由が変化したとき「好きでない仕事」「やりがいが感じられない仕事」を続けていくモチベーションを保つのは相当な努力を必要とします。

ココロが「好きではない」と叫んでいるのに無視して行動をし続けるとココロの病気を招くこともあります。

仕事を選ぶ基準とは?

0e20000d42bb3a17c4c24b46d9a12a74_s

仕事を選ぶ基準とは自分探しの一つです。普段私たちは忙しかったり、めんどくさかったりで、自分のことを知ろうとはしません。

  • 自分の好きなことは何?→旅行‥読書‥料理‥
  • 自分の大切なものは何?→大切な人との時間‥お金‥
  • 失いたくないものは何?→家族‥キャリア‥お金‥

色々な質問を自分自身に投げかけてみましょう。一つずつ丁寧に答えていくとぼやけていたものがじわじわと線になって見えてくるかもしれません。

また、女性で結婚や出産を考えている場合には結婚や出産後に仕事が続けやすいかも重要です。出産後に職場復帰するにも子供を預ける保育園の確保ができずに苦しんでいるママ達は何万人もいるというのが日本の現状です。

企業内保育園や子連れ出勤など有能な人材の確保・流出防止という観点から企業が力を入れているところもありますから、仕事を選ぶ基準に加えてみてはいかがでしょうか?

週休3日制の導入案?

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、これから日本は色々なものが変化していくかもしれません。そのうちの一つに文部科学省が掲げている「夢ビジョン2020」というものがあります。

この「夢ビジョン2020」の中には週休3日制の導入が案として盛り込まれています。

しかし、現状では週に2日、お休みを取ることも難しい企業が多い日本でさらに週休3日制は実現可能なのか疑問視する声も‥。

しかし、すでにこの週休3日制を導入している企業がありました。

ユニクロをはじめとする「ファーストリテイリング」です。国内の全従業員の5分の1に当たる約1万人の正社員が対象で、本人が希望をすれば、週4日の勤務時間を8時間から10時間に延ばし、3日休むことが可能。しかも、給与は週休2日の場合と変わらないということです。

この背景には有能な人材の確保と人材の流出防止があるようです。

まとめ

「週休2日が羨ましいのは本当なのか?間違わない仕事の選び方!」というテーマで仕事を選ぶ時の基準についてまとめました。

仕事を選ぶ時の基準は人それぞれ違います。自分の求めているものは何なのか自問自答を繰り返していくうちに理想のアウトラインがうっすらと見えてくるかと思います。ぜひ試してみて下さい。

< Sponsor Link>