イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

中学受験 免疫を高める 子供 家族の健康

帯状疱疹に中学生も小学生もなった!免疫低下する受験生がアブナイ

2015/07/26


4a3196a336561ffd40ba0503063c4ff0_s

帯状疱疹は50歳以上の方に多くみられますが小中学生でもなり得ます。水疱瘡にかかると完治後も水痘ウイルスが脊髄神経節の中に何十年も潜伏します。

免疫力が低下したときにこのウイルスが活性化し、皮膚に帯状疱疹を生じさせます。受験を控えている小中学生は免疫力も低下しがちなので、帯状疱疹を発症する可能性も考えられます。

今回は帯状疱疹とは、帯状疱疹の症状、予防方法、注意点についてご紹介します。

< Sponsor Link>

帯状疱疹とは

046e47e5905b6c32ccb1c7e3740fd8b3_s

帯状疱疹は子供のときに水疱瘡にかかったことのある人なら誰でも発症し得る病気です。

体内に潜伏していた水痘ウイルスが過労、ストレス、病気、術後、加齢、免疫力の低下などをきっかけに活性化し、帯状疱疹が出来ます。

初期はピリピリとした痛みが生じ、2~3日後には帯状に発疹や水ぶくれが現れます。胸、背中、お腹、顔、手足に症状が現れますが、神経の流れに沿って発疹が生じるため身体の左右の片方だけに症状が現れます

一度帯状疱疹にかかると免疫が出来るので再発することは稀ですが、免疫抑制薬などで免疫力が低下している場合は短期間に何度も繰り返します。

接触、体液、飛沫により感染するため水ぶくれが治るまでは水疱瘡にかかっていない赤ちゃん、子供、妊婦には接触しないようにしましょう

感染方法

  • 接触感染
  • 体液感染
  • 飛沫感染

妊娠中に帯状疱疹にかかると胎児に帯状疱疹が感染するため産婦人科を受診しましょう。また高齢者は強い神経痛が残ることがあるため異変に気づいた際は早めに医療機関を受診しましょう。

帯状疱疹の症状

知覚神経の走行に沿って帯状に発疹と水疱が現れます。

水疱が出現する1週間くらい前に違和感やピリピリとした痛みが皮膚に生じる場合が多いです。

脳神経のなかで最も大きな神経である三叉神経に帯状疱疹ができたときは膜炎や脳炎になる恐れがあるため特に注意が必要です。

髄膜炎についての詳しい記事はこちらをご覧ください。「髄膜炎がどのような病気なのか?」を正しく認識することで、心配事が1つ減りますよ。この記事は髄膜炎の特徴や原因・治療・予防法・後遺症についてまとめてあります。⇩⇩⇩

髄膜炎って大丈夫なの?首の後ろが硬い・曲げづらいが発症のサイン!

 

目、耳、顔面神経に帯状疱疹ができたときは下記の疾患に至る恐れがあるため注意が必要です。

目に帯状疱疹が現れた場合

  • 角膜炎
  • 結膜炎
  • 失明

耳の中に帯状疱疹が現れた場合

  • 耳鳴り
  • 眩暈

顔面神経に帯状疱疹が現れた場合

  • 顔面神経麻痺

皮膚の発疹が治ると痛みも消失しますが、皮膚や神経の炎症によって神経に強い損傷が生じた場合、ピリピリとした痛みが継続する場合もあります。

これを帯状疱疹後神経痛と言いますが、これは神経の損傷により生じている痛みのため専門的な治療が必要となります。中学生でも重度の皮膚発疹があった人、眠れないほどの痛みがあった人は帯状疱疹後神経痛になる可能性が高いです。

特に顔面神経麻痺などは発疹が消えた後も治癒しづらいので強い痛みやひどい発疹が出来たときは早期に皮膚科などの医療機関を訪れることをお勧めします。

帯状疱疹:小中学生の予防方法

438a88e2329c04106b298fb347796342_s

中学生生活はとても忙しいですのでストレス、免疫力の低下、過労が原因となり帯状疱疹を発症するため規則正しい生活、バランスのとれた食生活、ストレスの発散をしましょう。

また、幼少期に水疱瘡にかかっていなくて、尚且つ予防接種を受けていないのであれば、予防接種を受けることを検討してみてもいいかもしれません。そうすることで将来の帯状疱疹の発症リスクを下げることができます。

ちなみにアメリカでは60歳以上を対象に帯状疱疹ワクチンを接種することが勧められています。日本でも50歳以上を対象に任意で帯状疱疹ワクチンを接種することが可能です。60歳以上になると免疫力の低下が心配されるので、帯状疱疹後神経痛を避けるためワクチンの接種が推奨されています。

注意点

痛みがあると患部を冷やしたくなりますが、神経の疾患であるため冷やすのは逆効果です。

帯状疱疹にかかったら下記の点に注意しましょう。

  • 温湿布、カイロで温める
  • 水ぶくれを破らない
  • 水ぶくれが破れた状態で入浴しない

まとめ

帯状疱疹は50歳以上に見られる病気ですが、受験を控え免疫力が低下している小中学生でも発症する可能性があることに驚きました。

帯状疱疹が悪化すると帯状疱疹後神経痛になる可能性があります。異変に気づいたら早めに医療機関を受診しましょう。また患部を温めることで帯状疱疹後神経痛の予防に繋がりますが、乾燥肌の人は温めると痒みが現れるため患部を温めないようにしましょう。

受験生を持つ親御さんは子供の体調管理には気を使いますね。受験の日をベストコンディションで迎えられますように^^

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-中学受験, 免疫を高める, 子供, 家族の健康