イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 子供 家族の健康 赤ちゃんの病気 1歳

卵アレルギーの予防接種!MRワクチンは接種できる?できない?


1歳誕生日を迎えたらなるべく早めに接種しましょう!
と言われている麻しん風疹混合(MR)の予防接種。

けれど、MRワクチンには「鶏卵」の成分が含まれているというので、
卵アレルギーのお子さんは予防接種をしても大丈夫なのかとても心配になります。そこで、卵アレルギーでもMRワクチンは接種できるのかまとめました。

< Sponsor Link>

MRワクチンに含まれている鶏卵の成分について

MRワクチンには「鶏卵の成分」であるオボアルブミンが含まれています。

このオボアルブミンという成分は卵アレルギーを持っている場合はどうなるんでしょうか?

強いアレルギーを引き起こすのは「卵白」

卵アレルギーを持っている場合、強いアレルギー反応を引き起こす原因は「卵白」であると言われています。

そして、MRワクチンに使われている「鶏卵の成分」であるオボアルブミン
というのは鶏肉に近い成分だと言われています。
そのため、アレルギー―が引き起こされる可能性は低いと考えられています。

MRワクチンに含まれているオボアルブミンは微量

今、日本で使われているMRワクチンは以前より精製度も上がり、含まれている
オボアルブミンは微量です。

卵アレルギーを持っている場合、アレルギー反応が出るされているオボアルブミンの量は600ナノグラム。

MRワクチンに含まれているオボアルブミンの量は1回で0.5ナノグラムです。

なので、卵アレルギーを持っているお子さんでもほとんどの場合、問題なく接種しているようです。

卵アレルギーを持っている場合は医師に伝える

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

卵アレルギーを持っている場合でも、MRワクチンの接種は問題なく行われていることが多いようです。

けれど、血液検査で卵アレルギーと診断されている場合でも一人一人のアレルギーの程度は違います。特に卵を食べて、全身にひどいじんましん等の症状が出たり、呼吸困難や血液の低下などの症状が出る場合は医師にその事を忘れずに伝えましょう。

MRワクチンの接種前には医師に「卵アレルギー」であることを伝えて予防接種ができるのか、相談をすることは大切です。

アナフィラキシーショックを起こす場合

重いアレルギー症状を持つお子さんの場合、MRワクチンに含まれている
オボアルブミン以外の何らかの成分に対して、アレルギー反応を起こす可能性が
アレルギーを持たないお子さんに比べて、高いと言われています。

以前は安定剤として使われていた「ゼラチン」に反応を示すことが
多かったようです。

しかし現在では、ゼラチンフリーの物が使われているので、
ゼラチンによる反応もないようです。

アレルギー反応が出る時間の目安は、接種後から30分~1時間以内とされています。なので、接種後は院内で様子を見るようにお話があると思います。
もし仮に、アレルギー反応が出ても、すぐに対応ができます。

卵アレルギーの場合のMRワクチンの接種方法

卵アレルギーの場合でも通常の接種が多く行われていますが、
アレルギーの程度によって医師がMRワクチン接種に難色を示すこともあります。

中には事前にMRワクチンの皮肉テストを行ったり、数回に分割して接種を
したり、場所によっては、重いアレルギー患者さん用の予防接種外来があったり
するそうです。

まとめ

「卵アレルギーの予防接種!MRワクチンは接種できる?できない?」という
テーマでお伝えしました。

1歳過ぎの子供に予防接種をして、子供がツラい目に遭うなんて絶対にイヤです。

だからこそ、分からないことや不安なことは自分の目で見て、自分の耳で聞くことが大切です。赤ちゃんにはそれができませんから。

不安を残したままにせずに、情報を得たり、相談してみてはいかがでしょうか?

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 子供, 家族の健康, 赤ちゃんの病気, 1歳