イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

やけど 子供 家族のお金 家族の健康

やけどの水ぶくれの処置、子供の場合はどうする?悪化させないために出来る事

2016/09/02


子供との生活の中に潜んでいる危険。その中の一つに「やけど」があります。

子供のやけどは突然起こり、やけどが深いと水ぶくれになることもあります。

やけどは適切な処置を行えば水ぶくれを悪化させず、跡も残さずに済みます。
今回は子供に多いやけどで水ぶくれの処置についてまとめました。

< Sponsor Link>

子供のやけどは悪化しやすい

子供の皮膚の厚さは大人の皮膚に比べて1/2ほどで水分量は80%です。
だからとってもデリケートなのです。

そして、体の表面積も小さいのでやけどをすると、ドンドン水分が失われて
脱水症状になりやすいのです。

また、やけどで血管が壊されることによって、血管内の水分が大量に出て
血液量が急激に少なくなり、血圧が急激に下がることもあります。

赤ちゃんや子供の場合、やけどをした所から細菌が入り込むと、細菌をやっつけるための抗体ができていないため、体内に回ってしまいます。
そのため、ショック症状を起こし、場合によっては命の危険もあるのです。

水ぶくれができる状態とは?

やけどをして水ぶくれになる状態は「Ⅱ度熱傷」以上です。
Ⅱ度熱傷はやけどの深さによって、2つに分けられます。

  • 浅達性
  • 深達性

浅達性

やけどによる損傷が真皮の浅い部分にとどまっている状態です。

赤みを帯びた水ぶくれと、強い痛みが特徴です。
適切な処置をすれば1~2週間ほどで、赤みも消えて完治します。

深達性

やけどによる損傷が真皮の深い部分にまで達している状態です。

赤みを帯びて、水ぶくれの下にある皮膚が白くなっています。

感覚神経が傷ついているため、痛みを感じることが少ないです。
適切な処置をすれば、1か月ほどで完治しますが、赤みが消えるまでには
時間がかかります。

水ぶくれに関わらず、まず流水で冷やす

c33a57bf3ad6092622b266fea8abb7e4_s

子供がやけどをしてしまったら、「とにかく流水で冷やす」が鉄則です。

1⃣ やけどを流水で冷やす時にはやけどをしている周りの部分に水が当たるように冷やしましょう。直接、やけどをしている部分に勢いよくかけるのはやめましょう。衣類が張り付いている場合には、無理に衣類を剥がしたり、脱がそうとせず、衣類の上から流水をかけて冷やしましょう。

2⃣ 冷やす時間の目安は20分くらいです。ただし、冷やし過ぎは子供の体温を下げ過ぎてしまうので、子供の様子を見ながら、体全体が冷えすぎていないか十分注意しましょう。

3⃣ 水ぶくれが出来た場合には潰さないように、清潔なガーゼなどをあてておきましょう。

水ぶくれを清潔なガーゼで覆う理由

やけどをした子供の皮膚は細菌に感染しやすくなっています。
細菌に感染してしまった場合、やけどの損傷が深くなり、
完治するまでの時間が長くなってしまいます。

また、やけどの跡やひきつれなどもひどくなります。

そうならないためにも、水ぶくれを潰さないようにすることは
大切なんです。

水ぶくれの正体は細菌などの感染から守ってくれるリンパ液なのです。

その大切なリンパ液は水ぶくれが破れてしまうと、流れ出てしまいます。
すると、やけどが治りにくくなってしまうのです。

ただし、水ぶくれは医師の判断で破かれることがあります。

なので、病院に行くまでは、水ぶくれを自己判断で破らないように
清潔なガーゼなどでカバーしておきましょう。
>>やけどは何科を受診?どこなのかを知っておくことがたいせつだよね!

また、やけどの治し方で水ぶくれを破かない湿潤療法というものがあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>>やけどでじんじんする痛みナシ!冷やす処置法と湿潤療法でバッリチ

やけどの処置で注意したい事

ce928dd5c8791ccae0dca51e5cc8957c_s

やけどをしたらまずは流水で冷やすことが鉄則ですが、注意したいことも
色々あります。

Q1、ガーゼで覆いきれない大きなやけどをしたらどうしたらいい?

このような大きなやけどをした場合は食品用ラップや清潔なシーツを使って
やけどの部分を覆うようにします。そして、ずぐに病院へ行くか場合によっては
救急車を呼びましょう。

Q2、塗り薬や消毒液は使ってもいいの?

塗り薬や消毒液は病院での診察がしにくくなることがあります。
また、場合によってはやけどの症状が悪化することもあります。
なので、塗り薬や消毒液などは付けずに、なるべく早く病院へ行きましょう。

Q3、カイロや湯たんぽなどのやけどはどうしたらいい?

冬場に使用することが多い、カイロや湯たんぽ。長時間ゆっくり、じわじわと
触れることにより、「低温やけど」を起こしやすいんです。

しかも、低温やけどは医師でもやけどの深さを判断するのが難しく、
治るのに時間もかかります。

失敗談

私の娘も今年の1月に湯たんぽで足をやってしまいました。
「あちゃ~、やっちゃった~、ど~しよ~」というのが
その時の私の心情です。
娘はめっちゃ、痛がっていました。

そこで、知識のない私は「オロナイン」を塗ってしまいました。
そして、そのまま1日を過ごしてしまったのです。

次の日、驚くくらい大きな水ぶくれを見た私は急いで娘を病院へ・・・。

そしてこの時できた、大きな水ぶくれは「皮膚の細胞が死んでいる」という理由で
病院で潰してもらいました。

その後1週間に1回病院に通い、
やけどの様子をみながら薬も3回ほど変わりました。

そして、2週間に1回の通院になり、完治したのは3か月後でした。

残念ながら、やけどの跡はいまだに大きく残っています。
ママに知識がないと、このようになります・・・と猛反省しています。

まとめ

「やけどの水ぶくれの処置、子供の場合はどうする?悪化させないために出来る事」というテーマでお伝えしました。

子供のやけどは1年を通して色々な場面で起こり得ますが、
その場面は本当に突然です。

やけどをしてしまったら、後は悪化させない事に意識を向けましょう。

私はやけどをしてしまったら、病院に行くのが一番だと思います。

その方が早く治るし、親子の精神的肉体的な負担も少なくて済みます。
乳幼児医療証があれば、病院代は無料ですが、私の娘はその年齢ではなかったので
医療費もかなりかかりました。

その様な理由から早めに病院で処置をしてもらった方が、
色々な負担が少なくて済みますよ。

フェイスブックでも発信しています

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-やけど, 子供, 家族のお金, 家族の健康